令和から夜汽車にハマった人のひとりごと

令和に入ってから夜行列車など夜汽車が好きになりました。ブルートレインの乗車経験は少なめですが、これからの時代を走る色々な夜行列車を追っていきたいと思います。いいなと思って頂けたら嬉しいです。

まるで寝台急行 銀河? サンライズ出雲91号に乗ってきた

毎年の多客期に、

サンライズの予備編成を使用して、

サンライズ出雲91号」が運転されいること

は知っていたが、

停車駅に定期列車との差異があることは

知らなかった。

 

臨時のサンライズ出雲91号は、

下り定期列車が停車する静岡県内の駅、

熱海、沼津、富士、静岡、浜松の各駅を

通過し、代わりに大阪、三ノ宮の両駅に

停車する。

 

定期列車は、特に大阪駅には停車しないので、

この臨時サンライズ号に乗車すれば、

東京駅から大阪駅まで寝台特急で移動できる

ことになる。

 

f:id:nozomutoka:20210513172417j:image

 

寝台急行 銀河号は2008年に廃止され、

乗車したことは無かったが、

品川駅にて撮影したことはあった

(2004年撮影)。

 

勝手な解釈だが、まるでこの銀河号を

彷彿させるみたいで興味を持ち、

このサンライズ出雲91号の切符を取り、

当日、東京駅に赴いた。

 

f:id:nozomutoka:20210513170832j:image

 

21:30頃に東京駅に着くと、

定期列車のサンライズ瀬戸・出雲号が

ホームに入線済みだった。

21:50頃に定期列車は先に出発し、

それを見送る。


f:id:nozomutoka:20210513170816j:image

 

サンライズ出雲91号は、

東京駅22:21発で、その20分くらい前に

ホームに入線して来る。

ホーム上は、私も含めて

たくさんの撮り鉄で集まっていた。

 

今宵の宿は、5号車「ノビノビ座席」で、

早速車内に入り、列車は定刻通り、

22:21に東京駅を出発する。


f:id:nozomutoka:20210513170837j:image
f:id:nozomutoka:20210513170823j:image

 

途中、多摩川を渡り、

横浜駅に22:43に到着。

東京駅を出発した時点で、

ノビノビ座席には空席が目立ち、

横浜を出発しても、

それは余り変わらなかった。

 

横浜駅を出発すると、

次は大阪駅までドアは開かない。


f:id:nozomutoka:20210513170912j:image

 

23:55頃、熱海駅運転停車

この駅からJR東海管内に入る。


f:id:nozomutoka:20210513170844j:image

 

日付が変わって0:30頃、

沼津駅運転停車


f:id:nozomutoka:20210513170848j:image

 

少し分かりづらいが、

0:46頃には、富士駅を通過。

この駅には、運転停車しなかった。


f:id:nozomutoka:20210513170841j:image

 

1:13頃、静岡駅運転停車


f:id:nozomutoka:20210513170851j:image

 

静岡駅発車から、約1時間後、

2:24頃、浜松駅運転停車

 

静岡県内の

定期サンライズ号が停車する駅は、

富士駅のみ通過し、他の駅は

みな運転停車をしていた。


f:id:nozomutoka:20210513170820j:image

 

そして、3:46頃に名古屋駅を通過。

結構なスピードを出していた気がする。


f:id:nozomutoka:20210513170857j:image
f:id:nozomutoka:20210513170906j:image

 

東海道本線大垣駅米原駅にて

徐々に夜が明けてきた。


f:id:nozomutoka:20210513170909j:image

 

4:46頃、米原駅運転停車

この駅から、JR西日本管内に入る。


f:id:nozomutoka:20210513170828j:image

 

滋賀県内を走行しているとき、

車窓の奥の方に、うっすらと琵琶湖が見えた。

朝靄の琵琶湖は、正直綺麗だった。


f:id:nozomutoka:20210513171144j:image

 

5:46頃、京都駅を通過。

ゆっくりとしたスピードで通過する。

大阪駅までラストスパートである。


f:id:nozomutoka:20210513170902j:image
f:id:nozomutoka:20210513170854j:image

 

淀川を渡り、無事に

朝6時頃、大阪駅に到着した。

大阪駅の大屋根とサンライズ号との共演は

少しレアかも知れないので、

先頭車に移動し、写真を撮る。

写真を撮るとすぐに、

サンライズ出雲91号は、

出雲市駅方面へ出発していった。

 

今回、乗車してみて、

急行銀河号には乗車したことが

無かったので、その気分を味わえたかどうかは

分からないが、

運賃と料金込みで、片道12600円で、

正直新幹線より安く、かつ

夜行列車で旅情を味わえながら

移動できるので、色々な意味で

とてもお得な列車だと感じた。

 

年に数回しか運転されない臨時列車だが、

いつまで運行し続けるか分からない世の中なので、

もし興味がある方は、一度乗車されることを

おすすめしたいと思う。