遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

「綱島源泉 湯けむりの庄」へ行く

神奈川県横浜市綱島が、

昭和の高度経済成長期まで

「東京の奥座敷」と呼ばれる大きな温泉街だった

ことは知っていたのだが、

近年、新たに日帰り入浴施設がオープン

していたことを最近知った。

 

私が以前、数年前に綱島温泉を訪れた際には、

古くから残る日帰り健康ランド

わずかに残る温泉街の遺構などを

観て廻ったが、

そんな綱島温泉の新たな日帰り温浴施設は

どんなところだろうと興味を持ち、

再び現地に赴いた。

 

f:id:nozomutoka:20201007141313j:image
f:id:nozomutoka:20201007141302j:image
f:id:nozomutoka:20201007141516j:image

 

まずは、東急東横線綱島駅へ。

以前来たときもそうだったが、

駅前は雑居ビルや住宅地となっており、

温泉街らしい雰囲気は全く残っていない。

 

新しい温浴施設である、

綱島源泉 湯けむりの庄」へは

ここから無料シャトルバスに乗るのだが、

その前に少し寄り道する。


f:id:nozomutoka:20201007141519j:image

 

ここが、前に綱島に来た際に訪れた、

古くからの健康ランド「東京園」の跡である。

現在は、東急新横浜線の建設に伴い、

無期限休業中とのことである。

無期限の休業は残念だが、

個人的にはまた再開して欲しい。


f:id:nozomutoka:20201007141318j:image
f:id:nozomutoka:20201007141507j:image

 

気を取り直して、

駅前からシャトルバスに乗り、

湯けむりの庄へ。

先ほどの東京園や、

かつての綱島温泉街とは大分、

離れたところに位置していた。

 

新型コロナウイルス感染防止対策として、

シャトルバスの乗車人数制限や、

車内のアルコール消毒液設置が行われていた。

 

入館すると、靴を下駄箱に預け、

検温し、問題が無かったらフロントへ。

料金プランを選び、リストバンドを受け取り、

後払い方式である。

 

そして、温泉に直行。

さすがに温泉内の写真は撮れないが、

綱島温泉の特徴である、

黒湯があったのは嬉しかった。

湯加減も適温で、良いお湯でした。


f:id:nozomutoka:20201007141522j:image

 

湯上がりに、せっかく横浜まで来たので、

地サイダーの「横浜サイダー」を一杯。

甘すぎず、スッキリした味のサイダーでした。


f:id:nozomutoka:20201007141258j:image

 

ちょうどお昼時だったので、

館内のレストランで昼食。

せいろそばを注文。

市販の乾麺とは違い、噛めば弾力を感じる、

美味しいお蕎麦でした。


f:id:nozomutoka:20201007141510j:image
f:id:nozomutoka:20201007141309j:image

 

そしてこのレストランでは、

豆腐にこだわりがあることを事前サーチしていたので、

少し奮発して、デザートの「豆冨アイス」を注文。

ほのかな甘みで後味スッキリのアイスに、

ねっとりとした黒蜜との相性が抜群で、

美味しかったです。ごちそうさまでした。


f:id:nozomutoka:20201007141306j:image

 

食事も終わり、館内で少し休憩。

私はロビーのようなところで休んでいたが、

館内には、リクライニングチェアがずらりと並んだ

お休み処もあり、施設は充実していた。

 

充分リフレッシュして、支払いを済ませる。

温泉に入り、これだけ飲み食いして、

約3000円であった。


f:id:nozomutoka:20201007141323j:image

 

という訳で、東急東横線で帰路についた。

 

今回の湯けむりの庄の全体的な感想としては、

かつての東京園のような、昭和の雰囲気は全くなかったが、

現代のニーズに合い、充分リフレッシュさせてくれる、

新しい綱島温泉の顔になり得るのではないか、

と感じた。

 

東急新横浜線が、相鉄線と繋がれば、

また綱島へのアクセスが変わることになるので、

これからの綱島にも期待したいと思う。