遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

久しぶりに高崎パスタを食べに行き、地元のタピオカ屋さんに寄る

数年前から、YouTubeで初めて知り、

個人的に応援している、

群馬出身のシンガーソングライターの方がいて、

久しぶりに高崎にてライブを行うことになり、

申し込みをした。

 

せっかく高崎に行くならば、

名物の高崎パスタを、今度は違うメニューで

食べようと思い、当日高崎に赴いた。

 

f:id:nozomutoka:20200922092128j:image
f:id:nozomutoka:20200922092155j:image

 

高崎線に乗り、高崎に到着。

都心から高崎まで、在来線だと1時間半くらい

かかるが、この距離感の移動も大分慣れてきた。

ちなみに、新幹線を使えば、

都心から高崎まで、列車によっては

1時間もしないで着く。

本当に新幹線は、偉大である

(お金は在来線経由の倍近くかかるけれども)。


f:id:nozomutoka:20200922092147j:image

 

今回は、前回行ったお店の違うメニューを

食べに行ってみる。

目的のお店は、高崎駅西口の駅ビル

モントレー 」の5階にある「はらっぱ」。

 

前回来たときも、行列していたが、

今回来た際も、やはり多少並んでいた。

しかし回転も早いので、並んで、

30分もしないで入ることが出来た。


f:id:nozomutoka:20200922092151j:image

 

前回このお店を訪れたときには、

クラシックボロネーゼを食べたが、

今回は、このお店の看板メニューに挑戦。

「赤唐辛子とにんにくのトマトソース」

(普通盛り・乾麺で税込1134円)。

その名の通り、スライスされたにんにくが

大量に入っており、ガツンと辛目のソースである。

そこに大量にふりかけられた粉チーズが絡んで、

味がまろやかになり、食欲をそそる味だった。

さすが看板メニューだけのことはあるな、

と思った。ごちそうさまでした。


f:id:nozomutoka:20200922092158j:image

 

駅からライブ会場まで行く間に、

少し気になるタピオカ屋さんを見つけ、

未だ開場まで少し時間があったので、

少しお茶する。

「bibury」という群馬県内に多く

店舗を展開しているタピオカ屋さんで、

「プレミアムアッサムタピオカミルクティー

(税込550円)を注文。

普段タピオカなんて飲まないので、

飲んでみて新鮮に感じられ、美味しかった。

 

お茶の後は、ライブ会場へ直行する。


f:id:nozomutoka:20200922092131j:image

 

ライブの後は、高崎線に乗って、

のんびり帰路へ。

 

元々、お出かけは好きなのだが、

好きな歌手の方が群馬出身で

県内でライブをされる機会が増えたので、

群馬に来る楽しみも増えた気がする。

 

また違う高崎パスタや、地元グルメも楽しみに

また群馬を訪れたいと思う。