遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

日本旅行・秩父鉄道の夜行急行 三峰51号に乗る

f:id:nozomutoka:20200921215617j:image

 

前回の記事では、急行秩父路号に乗って

秩父鉄道の熊谷駅に着いたところで終わった。

 

実はこの後、熊谷駅から

日本旅行秩父鉄道の共同企画である、

団体臨時列車である「夜行急行 三峰51号」

に乗車することになっている。

 

年に一度ほど運転される団臨列車で、

今年も運転することがネット上で発表されてから、

すぐに申し込みをして、今日を楽しみにしていた。


f:id:nozomutoka:20200921215514j:image

 

20時頃、秩父鉄道の熊谷駅改札前にて

受付を済ませ、改札近くのスタバで時間を潰す。


f:id:nozomutoka:20200921215524j:image

 

列車は22時頃、熊谷駅ホームに入線する。

撮り鉄の同業者の人達が多く、時間も発車まで

少なかったため、列車の写真は後回しにする。

そして、車内にて自撮りを一枚。

列車は、22:09に熊谷駅を発車した。


f:id:nozomutoka:20200921215415j:image

 

途中、行田市駅武州荒木駅新郷駅にて

運転停車を行い、23:15頃に羽生駅に到着。

この駅では、列車の停止位置を信号関係の

理由で変更するため、全員一旦下車する。


f:id:nozomutoka:20200921215405j:image
f:id:nozomutoka:20200921215507j:image

 

時間があったので、

先頭車と最後尾を一枚ずつ撮影する。

余談だが、羽生駅では

秩父鉄道のホームより、対向の

東武伊勢崎線ホームの方が、

撮り鉄の数が凄まじかった。


f:id:nozomutoka:20200921215444j:image
f:id:nozomutoka:20200921215518j:image

 

気を取り直して、列車は羽生駅を23:39頃に

出発し、三峰口駅方面へ向かう。

車内で、少々晩酌

(お酒は飲んでいないけど)。

秩父鉄道熊谷駅ホームの自動販売機で

購入した、沿線の「寄居蜜柑バームクーヘン」

は、なかなか美味しかった。


f:id:nozomutoka:20200921215428j:image
f:id:nozomutoka:20200921215510j:image

 

列車はゆっくりと秩父鉄道線を進み、

寄居駅に1:11着。

この駅では約5分停車し、ホームに少し下車出来る。

ちゃっかり記念撮影。


f:id:nozomutoka:20200921215419j:image
f:id:nozomutoka:20200921215455j:image

 

続いて秩父駅に2:10着。

この駅でも約5分停車し、記念撮影。


f:id:nozomutoka:20200921215423j:image

 

そして列車は、無事に折り返し地点である

三峰口駅に2:43着。


f:id:nozomutoka:20200921215528j:image

 

この駅では1時間近く停車し、撮影会が行われた。

私も、記念に一枚。

 

撮影会の後、機関車の入換が行われ、

3:38頃に熊谷駅方面へ発車した。

熊谷駅に到着するのは、約2時間後の予定。


f:id:nozomutoka:20200921215440j:image

 

途中で夜が明けてくる。

この夜明けの車窓も、夜行列車の醍醐味である。


f:id:nozomutoka:20200921215503j:image

 

5:33頃、熊谷駅に到着。

再び機関車の入換が行われ、

希望者は、ここから石原駅まで乗車できる。

私もせっかくなので、引き続き乗車した。


f:id:nozomutoka:20200921215409j:image

 

5:55頃、終点の石原駅に到着。

お疲れさまでした。


f:id:nozomutoka:20200921215451j:image

 

石原駅で改札を出ても、帰宅出来ないため、

普通列車に乗って、再度熊谷駅に戻る。

毎度思っていることだが、

私が秩父鉄道普通列車に乗るときは、

よく5000系(都営三田線で走っていた車両)に

遭遇する。


f:id:nozomutoka:20200921215459j:image

 

熊谷駅から高崎線に乗り、帰路についた。

夜行列車では、ずっと起きていたため、

帰りの高崎線内では爆睡した。

 

前から乗ってみたい団臨に乗れて、

近年少なくなっている夜行列車で、

とても満足であった。

 

また、この列車の乗車記録を動画にまとめ、

YouTubeに投稿した。

「遠出アルバマー 夜行列車」と検索すれば

出てくると思うので、興味がある方は

観て頂けたら幸いである。