遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

特急ラビューで西武秩父駅前温泉 祭の湯フードコートへ。帰りは急行秩父路号

私の職場は、西武線沿線にあるのだが、

西武池袋線系統の特急列車がラビューに

統一され、通勤中にラビューを見かける度に

「あれに乗って、また秩父に行きたいな...」

と、最近思うようになっていた。

 

そういえば、ラビューに乗って

秩父に行ったことは、未だ無いことに気づいて

(ラビューで秩父から帰ってきたことはあるが)、

休日に、久しぶりの秩父へ行くことにした。

 

f:id:nozomutoka:20200911161244j:image

 

当然、ラビューに乗るところから始まる。

レッドアローも乗車して快適な方だったと思うが、

ラビューに乗って、更に快適になった気がする。

なんと言っても、車両の窓が大きい。

ちなみに車内は、乗車したときは

なかなか混雑していたが、約半数が、

途中の飯能駅で下車した印象だった。


f:id:nozomutoka:20200911161327j:image
f:id:nozomutoka:20200911161253j:image

 

西武秩父駅に到着。

前に来たとき(コロナが流行る前)と比べて、

観光客数は、若干少なめかな?

と、駅前を見て感じた。


f:id:nozomutoka:20200911161322j:image

 

ところが、西武秩父駅に隣接している、

駅前温泉「祭の湯」のフードコートに入ると、

前に訪れたときと、同じくらい混雑していた。

大体14時くらいだったが、

全てのテーブルがほぼ埋まるくらいだった。


f:id:nozomutoka:20200911161249j:image

 

それでも、1人分の座席は確保でき、

食券を購入する。

この祭の湯フードコートには、既に何度も

訪れているが、せっかくなので、

今まで食べたことの無いものを食べようと思い、

炙りサーモン丼(税込1020円)を注文。


f:id:nozomutoka:20200911161333j:image

 

軽く炙られたサーモンを口に入れると、

中でトロトロに柔らかく溶けて、

あっという間に完食してしまった。

少し高かったが、注文して良かった。


f:id:nozomutoka:20200911161303j:image

 

せっかくなので、

食後のおやつも食べようと思い、

売店で色々購入した。


f:id:nozomutoka:20200911161330j:image

 

1つ目は、メープルソーダ アップル味

(税込324円)。

飲んでみると、最初にアップルの味が

感じられ、後からメープルの風味が

じわじわと感じられる面白いソーダだった。


f:id:nozomutoka:20200911161307j:image

 

続いて、秩父産のブルーベリーを使用した

ジェラート(税込400円)。

ブルーベリーに限らず、秩父産の材料を

使用している様々なジェラートがあり、

店の前には、行列が出来ていた。

味は、クリーミーかつまろやかで、

当然、美味しかった。


f:id:nozomutoka:20200911161256j:image

 

最後に、鉄板ね秩父グルメである、

みそポテト(税込230円)。

何度食べても、これは美味い。


f:id:nozomutoka:20200911161310j:image
f:id:nozomutoka:20200911161337j:image

 

食後、少し休憩して、

祭の湯フードコートを後にし、

徒歩5分ほどのところにある、

秩父鉄道御花畑駅へ移動する。

それは、乗ってみたい列車があるからである。


f:id:nozomutoka:20200911161343j:image

 

秩父鉄道の急行列車、秩父路号である。

近年では珍しい、急行券(一律210円)が必要な

有料急行列車である。

秩父路号は、一日の本数が少なめで、

このご時世で、更に減便されている中、

狙って乗車した。

ちなみに、窓口で乗車券と急行券を購入した際、

どちらも、昔ながらの硬券で少し驚いた。


f:id:nozomutoka:20200911161259j:image

 

御花畑駅から、約1時間乗車して

熊谷駅に到着、下車する。

実はこの後、ここから更に用事があるのだが、

それについては、また次回の記事にて。