遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

坂城駅前の169系保存車を観に行く

前回の記事では、

観光列車「ろくもん」に乗って、

戸倉上山田温泉を観に行ったところで終わった。

 

今回の記事は、

戸倉駅に戻ってきたところからスタートする。

 

f:id:nozomutoka:20200908182913j:image

 

戸倉駅から、再びしなの鉄道線に乗車。

再び、上田方面に戻る。

 

f:id:nozomutoka:20200907171832j:image
f:id:nozomutoka:20200907171828j:image

 

隣の坂城駅で下車する。

立派な駅舎だったが、駅員はおらず

無人駅であった。

駅を出てすぐのところに、

この駅で降りた目的地がある。


f:id:nozomutoka:20200907171818j:image

 

駅のそばには、かつて

国鉄JR東日本しなの鉄道、で使用された

169系急行型電車が静態保存されている。

169系は、碓氷峠を越えられるよう、

有名な横軽対策を施した車両で、

写真は、クハ169-27(169系のラストナンバー)。


f:id:nozomutoka:20200907171825j:image

 

3両編成で保存されており、反対側からも一枚。

写真は、クモハ169-1(169系のトップナンバー)。

 

トップナンバーとラストナンバーの車両が、

保存されているだけでも感慨深いが、

付近の案内板によると、実際に国鉄時代に

急行「志賀」などで信越本線を、

駆け巡っていた車両だそうである。

現在は、坂城町に譲渡され、

このように保存されているそうだが、

実際に急行列車で坂城駅に停車していたようで、

ゆかりの地に保存されていることは、

純粋に良いことだと思う。

残念ながら、車内には入れなかったが、

この車両が、末長くこの地に保存され続けることを

願う。

 

f:id:nozomutoka:20200907171821j:image

 

坂城駅を後にして、今度は上田駅へ向かう。

そのときの記録は、また次回の記事にて。