遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

観光列車「ろくもん」に乗り、戸倉上山田温泉を観に行く

前回の記事の続きで、

長野県東御市しなの鉄道、田中駅にやってきた。

今回の記事は、田中駅からスタートする。

 

f:id:nozomutoka:20200907151031j:image

 

田中駅からは、しなの鉄道の看板である、

観光列車「ろくもん」に乗車する。

デザインしたのは、JR九州の観光列車などを

手がけたことで有名な、水戸岡鋭治さん。

 

ろくもん号は、豪華な食事付きプランの方が

メジャーのようだが、

今回私は、田中駅から戸倉駅までの約30分間

しか乗車しないので、

座席指定のみを事前に予約した。

 

今回は、車内の写真は撮影しなかったが、

座席指定車の意匠も凝っており、

水戸岡さんらしく、木材をふんだんに使用し、

おしゃれなカフェのような車内だった。


f:id:nozomutoka:20200907151038j:image

 

そして、座席指定車にも車内販売はあり、

期間限定の、アイスのミカドコーヒーを注文

(税込400円)。

ミカドコーヒーは、前に私も行ったことのある、

軽井沢のコーヒー屋さんであり、

アイスコーヒーは初めて飲んだが、

すっきりとしていて、酸味が少し効いていて

美味しかった。


f:id:nozomutoka:20200907151034j:image

 

列車は少し走ると、上田駅に到着する。

到着前には、しなの鉄道の本社前を通過する。

写真には写っていないが、社員の方が、

本社前から、手を振ってくれていた。


f:id:nozomutoka:20200907151205j:image

 

上田駅に到着。

この駅では少々停車し、

ホームにて地産品の物販と

希望者は記念撮影をしてもらえる。

私もクルーの方に撮って頂いた。

良い記念になりました。

 

f:id:nozomutoka:20200907151057j:image

 

上田駅を発車後、10分くらいで、

目的地の戸倉駅に到着する。

到着前には、クルーの方から、

「ご乗車ありがとうございました」と

挨拶して頂いた。とても丁寧な印象を受けた。

いつかは、食事付きプランに乗るのも

良いかも知れない。


f:id:nozomutoka:20200907151009j:image
f:id:nozomutoka:20200907151018j:image

 

戸倉駅を出ると、いかにも温泉街らしい

ゲートが出迎えてくれる。

今回は時間の都合上、温泉街を散策する

ことは出来なかったが、

せっかくなので、徒歩で近くまで行ってみる。

 

f:id:nozomutoka:20200907151026j:image

 

戸倉駅から、15分ほど歩いて

信濃川に面する戸倉上山田温泉が見えてくる。

遠巻きに観ると、立派な温泉街に見える。

時間に余裕があれば、ここの温泉にも

入りたかったかも知れない。


f:id:nozomutoka:20200907151013j:image

 

付近から、信濃川を一枚。

こうして改めて観ると、本当に大きな河川である。


f:id:nozomutoka:20200907151022j:image

 

再び戸倉駅に戻り、上田方面へ戻る。

湘南色リバイバルカラーの列車が来た。

次の目的地は、また次回の記事にて。