遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

しなの鉄道「軽井沢リゾート号」に乗り、ゆうふるtanakaへ行く

少し前から、ネットニュースで、

長野県を走るしなの鉄道にて、

新たな観光快速列車が運行を開始したことを

知った。

 

しなの鉄道の観光列車といえば、

主にJR九州を走る列車をデザインした、

水戸岡鋭治さんプロデュースによる

「ろくもん」が有名である。

 

そして今回、新たに土休日に運転される

ことになったのが、「軽井沢リゾート号」。

なんと新型車両を使用して、

軽井沢〜長野〜妙高高原駅間を突っ走る。

更に、予約時に希望すれば、

軽食付きという、なかなか面白そうな列車である。

 

久しく、しなの鉄道に乗っていなかったので、

思い至ったが吉日で、早速、

ネットにて軽井沢リゾート号の軽食プランを

申し込み、2週間後に現地に赴いた。

 

f:id:nozomutoka:20200901191542j:image
f:id:nozomutoka:20200901191616j:image
f:id:nozomutoka:20200901191554j:image

 

当日、北陸新幹線にて、まず軽井沢へ。

大宮駅から1時間もしないで着いてしまった。

本当に、新幹線は偉大である。


f:id:nozomutoka:20200901191605j:image

 

以前に訪れたときは、

資料館となっていた旧軽井沢駅舎は、

最近になり、しなの鉄道軽井沢駅舎としての

役割を有するようになっていた。

こちらから入り、窓口で乗車券を購入し、

改札を経て、入場する。


f:id:nozomutoka:20200901191609j:image

 

発車の約15分前には、

軽井沢リゾート号はホームに停車していた。

車内に入り、予め指定された座席に座る。

座席の前のテーブルには、

綺麗な柄のランチョンマットが敷かれ、

その上に軽食セットが既に用意されていた。

1つ1つ見ていく。


f:id:nozomutoka:20200901191623j:image

 

まずは、飲み物。

「秋映」という銘柄の林檎を使用した、

100%ジュース。


f:id:nozomutoka:20200901191550j:image
f:id:nozomutoka:20200901191539j:image

 

そして、メインの軽食セットである。

「KT'sBakery&Cafe」という、

しなの鉄道線沿線にあるベーカリー屋さんの

メニューだそうである。

 

詳しいおしながきは失念してしまったが、

サンドウィッチと、

スコーンと、

フルーツを使用した甘いベーカリー、

といったもので、やはり、

その地域で地産地消のものを食べる、

というのが、旅の醍醐味である。

特に、フルーツの甘いベーカリーは美味しかった。


f:id:nozomutoka:20200901191628j:image

 

そして最後に、ドライフルーツの林檎。

これは帰宅後に食べたが、

噛めば噛むほど、林檎の風味が感じられた。

 

これら、軽食を食べながら、

列車は走っていく。

新型車両だったので、乗り心地は快適であった。


f:id:nozomutoka:20200901191620j:image
f:id:nozomutoka:20200901191602j:image

 

軽井沢駅を出発して、およそ30分後、

私は途中の田中駅で下車した。

快適な列車に揺られながら、

終点の妙高高原駅まで行くのも良かったのだが、

この駅で下車したのは、個人的な理由があった。


f:id:nozomutoka:20200901191546j:image

 

田中駅に隣接されている、

温浴施設「ゆうふるtanaka」。

実は、この場所は私が高校生時代に、

一人旅で訪れたところなのである。

およそ10年振りに来た。

 

入浴料510円を支払い、

久しぶりに温泉に浸かった。

千曲川温泉」という、ちゃんとした

温泉のようで、露天風呂もある。

館内は、地元の方と思われる人達に

利用されているようであった。

勿論、良いお湯でした。

 

f:id:nozomutoka:20200901191559j:image

 

入浴後は、

「青りんご+コラーゲンジュース」を

100円で飲んでみる。

どのあたりがコラーゲンなのかは、

正直、分からなかったが、

黒酢?の風味が感じられ、健康に良さそうだった。

 

本当は、田中駅から徒歩約20分のところに

ある、宿場町「海野宿」にも行ってみたかったのだが、

時間の都合で、割愛。

田中駅に戻る。


f:id:nozomutoka:20200901191613j:image

 

田中駅からは、

せっかく、しなの鉄道に乗りに来たので、

前述の観光列車「ろくもん」に乗車する。

その後の記録は、また次回の記事にて。