遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

四谷三丁目の駐日韓国文化院で味わう旧正月

私の母が韓流ファンなのだが、韓国では、

日本で言うお正月(1月1日〜3日くらい)の時期より、

旧暦の正月

旧正月、1月21日〜2月20日間のいずれか、wikiより)、

の方を盛大にお祝いする、という話を聞いた。

 

それに伴い、駐日韓国大使館の施設である、

四谷三丁目に存在する韓国文化院にて、

旧正月を体験するイベントが開かれるという。

 

私自身、幼少期には新大久保の近くに

住んでいたこともあり、韓国には親しみを

感じていたので、当日、母と一緒に

四谷三丁目へ赴いた。

 

f:id:nozomutoka:20200714180239j:image
f:id:nozomutoka:20200714180210j:image
f:id:nozomutoka:20200714180227j:image

 

地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅から、

徒歩で10分くらいの場所に、韓国文化院はある。

ウィキペディアによると、

2009年に新築されたそうで、

なかなか現代的なデザインの立派な建物であった。

 

10時半開場に合わせて、10時頃到着したのだが、

既にセンターの前には、開場を待つ方々の

行列が出来ていた。

行列の中には、日本人は勿論、

韓国の家族の方々もおり、

様々な人達が並んでいた。

ただ、女性の方が多めだった気がする。

 

f:id:nozomutoka:20200714180224j:image

 

入場後、まず館内の飲み物自動販売機へ直行。

事前リサーチしておいたのだが、

ここでは、韓国の飲み物が

自動販売機で購入できる。

もちろん日本円で買えるのだが、

日本の飲み物よりも値段は安めである

(1本100円前後)。

上の写真は、早速購入した「ミルキス」。

乳酸系の炭酸飲料で美味しかった。


f:id:nozomutoka:20200714180243j:image

 

続いて、1階ホールにて、

韓国伝統様式にて記念撮影。

館内の係の方に撮って頂いたのだが、

少し恥ずかしかった。


f:id:nozomutoka:20200714180303j:image

 

記念撮影の次は、自動販売機2回目。

今度は、缶コーヒーの「Let's be coffee」。

微糖?のコーヒーという感じでこれも美味しかった。


f:id:nozomutoka:20200714180219j:image

 

1階ホールの入口には、

このような幕?が張られていた。

たとえ幕であっても、このように異国情緒を

味わえるのは楽しい。


f:id:nozomutoka:20200714180203j:image

 

ここで一旦、四谷三丁目の韓国文化院を後にする。

韓国文化院前から発着し、

韓国学校や新大久保コリアンタウンを経由し循環する、

「K-shuttle」というバスで移動する。

ちなみに運賃は、なんと無料である。

ただし、このバスの停留所にはバス停が無い。

なので、韓国文化院の係の方に、

どの辺りにバスが停車するか教えてもらい、乗車した。


f:id:nozomutoka:20200714180315j:image

 

韓流ファンの母に連れられ、

新大久保の韓国料理へジャンク屋さんに

やってきた。

へジャンクとは、何でも胃腸の調子を整え、

滋養強壮に効くスープのことらしい。

まずは、韓国料理定番の、

カクテキなど付け合わせから出てくる。


f:id:nozomutoka:20200714180259j:image

 

これがへジャンクである。

食べてみた感想としては、確かに辛いのだが、

チゲなどと違い、単純に辛いでけでなく、

確かに、体の体調を整えるような漢方?に近い

風味を感じられ、滋養強壮には確かに良さそうだった。

もちろん、美味しく頂きました。


f:id:nozomutoka:20200714180307j:image

 

このお店では、チヂミも注文した。

新大久保とは言え、やっぱり本場の方達がつくる、

韓国料理はやっぱり美味しい。


f:id:nozomutoka:20200714180207j:image

 

再び、四谷三丁目の韓国文化院に戻り、

自動販売機3回目。

今度は現地でも定番な「七星サイダー」。

すっきりと、そして甘いサイダーです。


f:id:nozomutoka:20200714180311j:image

 

時間が夕方に近づき、

再び1階ホールにて、韓国式お雑煮が

無料で振る舞われた。

日本の雑煮とは違い、餅が小振りで食べやすく、

味も薄めで、おかゆに近い味だった。

体に優しい味がした。


f:id:nozomutoka:20200714180254j:image
f:id:nozomutoka:20200714180234j:image

 

そして、お土産として、

韓国式の刺繍袋に入った、韓国式のお餅も、

これも雑煮と同じで無料で振る舞われた。

韓国式のお餅も美味しかったが、

何よりこの刺繍がとても綺麗でおしゃれだな、と感じた。


f:id:nozomutoka:20200714180249j:image

 

という訳で、行きと同じ丸ノ内線で、

四谷三丁目を後にした。

 

今、日本と韓国の間には、

難しい問題は色々とあるが、

こういった民間での交流の大切さも実感した。

 

韓国に限らず、

このような日本に居ながら、

異国情緒を味わえるイベントがあれば、

また積極的に参加したいと思う。