遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

千葉県富里の東京湯楽城で、そこの演出に圧倒される

最近、ネットニュースで、

成田空港近くにあった、

デルタ航空機内食工場を改装し、

新たな温浴施設が開業した、というニュースを目にした。

 

デルタ航空の成田発着便撤退に際して、

華僑の方が、お台場にある「大江戸温泉物語」を模した

温浴施設を作ったという。

 

まず、機内食工場を温浴施設に

どう改装したのか興味を惹かれ、

更にそのネットニュースによると、

なかなか凝った演出が施されているようなので、

実際に足を運んでみた。

 

f:id:nozomutoka:20200610192121j:image
f:id:nozomutoka:20200610192129j:image

 

まずは、京成本線経由で空港第2ビル駅へ。

何故、まず成田空港に行ったかというと、

成田空港のバスターミナルから、

目的地の「東京湯楽城」まで

無料のシャトルバスが出ているからである。

 

湯楽城は、成田空港からシャトルバスで

約30分ほどの千葉県富里市に位置しており、

自動車の運転免許を持ってない限り、

公共交通機関でのアクセスは

正直なところ、あまり良くない。

 

成田空港第2ターミナルから、

湯楽城に隣接するホテル「ラディゾン成田」行きの

シャトルバスに乗る。

念のため、運転手さんに

ホテルには宿泊せずに、日帰り湯楽城の利用でも

バスに乗車可能か尋ねてみたが、

快く、大丈夫との回答を頂いた。

ちなみにバスは、成田空港第1ターミナルも

経由するので、どちらのターミナルからも

乗車可能である。

 

f:id:nozomutoka:20200610192149j:image

 

東京湯楽城に到着する。

写真では分かりづらいが、

ここがかつて、機内食工場だったとは

なかなか思えない。

この後、私は更にそのことを実感することになる。

 

f:id:nozomutoka:20200610192034j:image

 

入口の前には、七色に光る噴水が彩る。

正直、この時点ですごい。


f:id:nozomutoka:20200610192331j:image

 

靴をロッカーに預け、館内に入る。

途端に、高級ホテルを思わせる豪華なロビーが。

フロントにて、ロッカーキーを預け、

リストバンドを受け取る。

ちなみに応対して頂いたスタッフの方は、

外国の人であった。

かなり、インバウンドを意識している姿勢が

窺える。

 

受付を済ませた後、

自分のサイズに合った浴衣を受け取り、

更衣室で着替える。

という訳で、湯楽城ワールドへ出発である。


f:id:nozomutoka:20200610192049j:image
f:id:nozomutoka:20200610192054j:image

 

更衣室からは、まず、

温泉?が流れる坂道を歩いていく。

正直、この演出は何のためなのか、

良く分からなかったが、

個人的には、ユニークでなかなか面白いな、

と思った。


f:id:nozomutoka:20200610192042j:image

 

お湯が流れる坂道を登り、

いくつもの鳥居を模したオブジェを過ぎると、


f:id:nozomutoka:20200610192153j:image

 

そこには、いかにも「日本らしさ」を

ありったけに模した、煌びやかな空間が広がっていた。

天井は、なんと桜のプロジェクションマッピングである。

 

f:id:nozomutoka:20200610192057j:image

 

根木名駅、という名の休憩所。

根木名とは、この辺りの地名である。


f:id:nozomutoka:20200610192112j:image

 

甘味処。

その名の通り、主にデザートを販売する。


f:id:nozomutoka:20200610192145j:image

 

葉山商店。

という名の、子ども向けの遊び場。


f:id:nozomutoka:20200610192141j:image

 

「御神酒」とあったので、

おそらくバーのようなもの。


f:id:nozomutoka:20200610192039j:image

 

「江戸町」とあった。

何らかのショーステージなのかもしれない。


f:id:nozomutoka:20200610192200j:image

 

トミサト酒場。

居酒屋のようなお店かな?


f:id:nozomutoka:20200610192157j:image

 

熊野神社

本物かどうか分からないが、

内部には、立派な神棚が再現してあった。


f:id:nozomutoka:20200610192205j:image

 

密庵席。

時間制別料金の個室のようであった。

家族連れなど、少し落ち着いて

ゆっくりしたいときには良いかも知れない。


f:id:nozomutoka:20200610192117j:image

 

富里家。

主に和食を提供するお店。


f:id:nozomutoka:20200610192125j:image

 

七栄屋。

主に中華料理を提供するお店。

今回は入らなかったが、ここの温泉施設を

経営されているのが、華僑の方なので、

本格中華料理を味わえるそうである。

 

このように、メインの館内の演出もすごい。

インバウンドから見た「日本」が華やかに

演出されている感じがした。

インバウンドでない日本人である私が、

館内の写真を撮ることに熱中してしまった。

 

この後、肝心の温泉に入った。

浴場内の写真は撮れないが、

色々な種類の温泉が充実しており、

一般的なスーパー銭湯のレベルは、

満たしているように感じた。

良いお湯でした。


f:id:nozomutoka:20200610192210j:image

 

途中の富里家で、夕食。

一番安めの、ざるそば(500円)を注文。

メニューは豊富にあったが、

いかにも日本らしい、天ぷらや寿司になると、

値段が高くなっていく感じであった。

ざるそばは、正直市販のもの感が否めなかったが、

決して、不味くはなかった。


f:id:nozomutoka:20200610192046j:image

 

続いて、甘味処でデザートを食べてみる。

抹茶ソフト白玉あずき(500円)。

取り分けてクオリティが高い訳では無いが、

湯上がりに合う、ちょうど良いデザートであった。

ごちそうさまでした。


f:id:nozomutoka:20200610192138j:image

 

料金を払い、湯楽城を後にする。

ホテルのラディゾン成田から、再びシャトルバスに乗る。

ちなみに、このホテルラディゾン成田は、

引き続きデルタ航空の経営となっており、

湯楽城は、ラディゾン成田の附属施設、

という扱いのようである。


f:id:nozomutoka:20200610192134j:image

 

シャトルバスで成田空港に戻り、

そこから京成線に乗り、帰路についた。

 

今回、東京湯楽城に行ってみて、

成田空港から、若干離れているのは難点だが、

そこの華やかな演出は確かで、

一度行ってみて、損はなく、

インバウンドにはもちろん、

日本人にも楽しめる施設だと思った。

 

これから成田空港は、

羽田との競争に晒されると思うので、

お互いに切磋琢磨することによって、

このような楽しめる施設が増えることを

純粋に期待したいと思う。