遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

三大八幡宮の一つ、筥崎宮へ行く

前回の記事では、

太宰府に行き、坂本八幡宮と太宰府天満宮

行ったことを書いた。

 

太宰府天満宮を後にした際、

帰りの飛行機まで時間が十分にあり、

せっかくなので、前から少し気になっていた

福岡市の筥崎宮(筥崎八幡宮)へ

行ってみることにした。

 

f:id:nozomutoka:20200517094201j:image

 

前回の記事で、西鉄特急に乗り、

天神へ戻って来た後、地下鉄空港線に乗り換える。

 

f:id:nozomutoka:20200517094213j:image
f:id:nozomutoka:20200517094237j:image

 

天神駅から数駅先の中洲川端駅にて、

今度は地下鉄箱崎線に乗り換える。


f:id:nozomutoka:20200517094209j:image

 

中洲川端駅から、約5分で、

筥崎宮の最寄り駅、箱崎宮前駅に到着。

 

駅出入口を出ると、

筥崎宮ニ之鳥居の前、楼門が近いのだが、

せっかくなので、周辺を少し歩く。


f:id:nozomutoka:20200517094251j:image

 

筥崎宮の参道をまっすぐ行った先に存在する、

お潮井浜である。

浜の手前に門が掛かっており、

これ以上は入れなかったので、門の隙間から撮影。

ウィキペディアによると、

この浜は、清めの真砂を受け取れるよう、

砂地が整備されているそうである。


f:id:nozomutoka:20200517094233j:image
f:id:nozomutoka:20200517094221j:image

 

一之鳥居、ニ之鳥居とくぐる。

東京都心に存在する神社と、鳥居の形が微妙に違い、

この神社の伝統を感じた。


f:id:nozomutoka:20200517094217j:image

 

筥崎宮楼門である。

これ以上、先には進めないようになっている。

楼門に掲げられている扁額には、

「敵国降伏」と書かれており、

最初はすごいことが書かれてるな、

と思ったが、後でウィキペディアによると、

これは、元寇の際に掲げられたもののようで、

納得した。

 

お参りを済ませ、筥崎宮を後にする。

太宰府天満宮は、いかにも観光地だったが、

筥崎宮は、地元の方にに親しまれている神社、

という印象を受けた。

 

f:id:nozomutoka:20200517094255j:image

 

このまま、空港に戻っても良かったのだが、

まだ少し時間が余っていたので、

少しだけ遠回りして戻ることにした。


f:id:nozomutoka:20200517094245j:image
f:id:nozomutoka:20200517094230j:image

 

貝塚駅まで行き、そこから西鉄貝塚線に乗る。

電車が発車した途端、懐かしい車内メロディが流れた。

以前は、天神大牟田線系統にも流れていたのだが、

つい先程、乗車した際には、

自動放送が更新され、

メロディは流れなくなっていた。

なので、貝塚線にはメロディが残っていて、

少し懐かしい気分になった。


f:id:nozomutoka:20200517094312j:image
f:id:nozomutoka:20200517094259j:image

 

西鉄千早駅で下車し、

隣接しているJR千早駅からは、

鹿児島本線の快速電車に乗る。

本当に久しぶりの813系である。


f:id:nozomutoka:20200517094240j:image
f:id:nozomutoka:20200517094318j:image
f:id:nozomutoka:20200517094225j:image

 

博多駅で下車し、再び地下鉄空港線に乗る。


f:id:nozomutoka:20200517094205j:image

 

福岡空港に戻って来た。

帰りの飛行機まで時間があったので、

未だ食べていなかった昼食を、

空港内で食べることにする。


f:id:nozomutoka:20200517094305j:image

 

空港内のフードコートにある、

「博多カレー研究所」にて、

とんこつカツカレーを食べる。

以前観た、YouTube食レポ動画で、

紹介されていて、チェックしていた。

味は、普通のカレーと違い、

豚骨と思われる出汁が効いたカレーのコクが、

普通のカレーとは全然違った。

とても美味しく頂きました。

ごちそうさまでした。


f:id:nozomutoka:20200517094308j:image

 

そして、帰りもジェットスター

GK516便に乗り、無事に帰京した。

 

今回久しぶりに、日帰り弾丸福岡旅をやってみて、

約10年前の福岡とは、変わった部分もあったが、

変わらない部分もあり、どこか懐かしく、

そして新鮮な気持ちで、福岡を巡ることが出来た。

 

また次の機会に、今度は

食いだおれをメインにした福岡旅をしたい、

と思う。