ミーハートラベラーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

太宰府へ行き、坂本八幡宮と太宰府天満宮を訪れる

前回の記事では、

朝早い飛行機に乗るために、

成田空港駅近の温泉施設に泊まったことを書いた。

 

今回の記事では、その翌日、

LCCの飛行機にて福岡に行き、

そこから太宰府を巡ったことを書こうと思う。

 

f:id:nozomutoka:20200509204010j:image

 

朝8時台発のジェットスター

GK505便で成田を発つ。

機内は、混んでいてほとんど満席であった。

ちなみに今回の航空券は、

アプリのSkyscannerにて数ヶ月前に予約し、

往復24500円であった。


f:id:nozomutoka:20200509204029j:image
f:id:nozomutoka:20200509203943j:image

 

約2時間半で、福岡空港に到着。

福岡空港駅から、地下鉄空港線に乗る。

福岡の地下鉄に乗るのは、およそ10年ぶり。


f:id:nozomutoka:20200509204045j:image

 

福岡空港駅から数駅、およそ15分で天神駅に到着。

この駅で更に乗り換える。

 

f:id:nozomutoka:20200509204049j:image

 

地下から地上に出て、

西鉄電車西鉄福岡(天神)駅へ。

この駅に来るのも本当に久し振りで、

前来たときと変わらず、賑わっていた。


f:id:nozomutoka:20200509203947j:image
f:id:nozomutoka:20200509203939j:image
f:id:nozomutoka:20200509203923j:image

 

まずは、令和ゆかりの地である、

太宰府市の坂本八幡宮へ向かう。

途中の大橋駅まで急行電車に乗り、

そこから、各駅停車に乗り換える。


f:id:nozomutoka:20200509204005j:image
f:id:nozomutoka:20200509204037j:image

 

都府楼前駅にて下車。

この駅には各駅停車のみ停車する。

太宰府政庁跡と、坂本八幡宮の最寄り駅である。

この駅から、徒歩で向かう。


f:id:nozomutoka:20200509204025j:image

 

都府楼前駅から15〜20分ほど歩いて、

まずは、太宰府政庁跡へ。

本八幡宮への道中にある。

広大な敷地の中には、建物は何も残ってないのだが、

ここがかつての、九州の中枢だったと思うと、

少し考え深かった。


f:id:nozomutoka:20200509204033j:image
f:id:nozomutoka:20200509203932j:image

 

太宰府政庁跡の見学を終えた後は、

本日のハイライトその1である、坂本八幡宮へ。

太宰府政庁跡から、徒歩10分ほどである。

この日は、土曜日で、

もっと多くの人で賑わっていたかと思ったが、

観光客の数は、それほどでも無かった。


f:id:nozomutoka:20200509204111j:image
f:id:nozomutoka:20200509203956j:image

 

令和の額縁と、石碑である。

自分は、このとき一人だったので、

恥ずかしくて出来なかったが、

額縁を持ったり、石碑の前で記念撮影している

観光客も多くいた。


f:id:nozomutoka:20200509203927j:image

 

「令和」が生まれるきっかけとなった、

梅の木と思われる写真も撮った。

まだ梅の花は咲いていないが、

これから咲いてくると、

もっと観光客が混んで来るのかな、と思った。


f:id:nozomutoka:20200509204000j:image

 

本八幡宮の参拝が終わった後は、

都府楼前駅へ戻り、再び西鉄電車に乗る。

今度は、ハイライト2である太宰府天満宮へ。


f:id:nozomutoka:20200509204014j:image
f:id:nozomutoka:20200509204056j:image

 

10年近く前に来たときより、

駅舎が、より太宰府天満宮の玄関口らしく、

リニューアルされていて、

駅構内は、観光客でごった返していた。


f:id:nozomutoka:20200509204104j:image

 

太宰府天満宮の参道を進む。

雨にも関わらず、参道の飲食店や土産物屋は、

インバウンドも含めて、多くの観光客で

賑わっていた。


f:id:nozomutoka:20200509203935j:image
f:id:nozomutoka:20200509204108j:image
f:id:nozomutoka:20200509204021j:image
f:id:nozomutoka:20200509204017j:image

 

太宰府天満宮への境内に入り、

太鼓橋を渡り、楼門をくぐって参拝する。

ちなみに、ここに来るのは3回目なのだが、

ほぼ毎回、この場所は人気の観光地なんだな、

と実感する。


f:id:nozomutoka:20200509203951j:image

 

参拝を済ませた後は、

名物の梅ヶ枝餅をテイクアウトで購入(130円)。

何度食べても、やっぱり本場の梅ヶ枝餅は美味い。

アツアツで、美味しかった。


f:id:nozomutoka:20200509204041j:image

 

太宰府天満宮の参拝の後は、

再び西鉄電車に乗る。


f:id:nozomutoka:20200509204059j:image
f:id:nozomutoka:20200509204052j:image

 

西鉄二日市駅で、特急電車に乗り換えて、

福岡(天神)へ戻った。

 

今回、久しぶりに太宰府を観光し、

本八幡宮が意外とそんなに人が少なかったが、

太宰府天満宮の方は、多くの観光客で混んでおり、

やはり世界から観ても人気の観光地であることを

大きく実感した。

 

箱崎編に続く)