ミーハートラベラーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

福島県いわき市の道の駅よつくら港で、ボリュームたっぷり天丼を食べる

年が明けて2020年となり、

新年早々、親戚に会うことになった。

その際、前から行ってみたいと思っていた、

福島県いわき市にある、「道の駅よつくら港」に

寄ることにした。

 

f:id:nozomutoka:20200103105618j:image

 

まずは、品川駅から特急ひたち号に乗る。

年始ということもあり、

列車が上野駅を過ぎた頃には、ほとんど満席だったが、

水戸駅を通り過ぎると、次第に席が空いていた。


f:id:nozomutoka:20200103105629j:image
f:id:nozomutoka:20200103105604j:image

 

品川駅から約2時間半で、終点のいわき駅に到着。

ここから、引き続き常磐線普通列車に乗り換える。

道の駅よつくら港の最寄駅、四ツ倉駅

ここから2駅である。


f:id:nozomutoka:20200103105600j:image
f:id:nozomutoka:20200103105549j:image

 

10分ほどで四ツ倉駅に到着。

ここから、道の駅よつくら港までは

徒歩20分ほどの距離である。


f:id:nozomutoka:20200103105644j:image

 

道の駅よつくら港の目の前には、

新しく建設されたと思われる防潮堤が建ち、

その上から、四倉海岸を臨めるようになっている。

夕暮れの四倉海岸を一枚。

風情のある写真が撮れた。


f:id:nozomutoka:20200103105639j:image

 

道の駅よつくら港は、

1階が地元の名産品売り場、

2階がフードコートになっている。

年始だからか、到着したのは夕刻になっていたが、

多くのお客さんが訪れていた。

お腹も空いていたので、

2階のフードコートに直行する。


f:id:nozomutoka:20200103105636j:image

 

後で知ったのだが、ここの道の駅では

海鮮丼が有名だという。

私もそれを頼もうか迷ったが、

天丼の方が、注文から比較的すぐ出てくる

ようだったので、天丼(950円)を注文した。


f:id:nozomutoka:20200103105607j:image

 

海老2本や多くの野菜が載って出てきた天丼は、

正直すごい迫力だった。

アツアツサクサクに揚げられた天ぷらは、

食べ応え十分であり、とても美味しかった。

ご馳走さまでした。


f:id:nozomutoka:20200103105632j:image

 

道の駅の外にも、アイスクリームなど軽食類などを

販売する売店があり、ブレンドコーヒーを注文した。

実際、どのようなブレンドなのかは

分からなかったが、美味しいコーヒーだった。


f:id:nozomutoka:20200103105648j:image

 

道の駅を後にし、親戚と合流する。

親戚と一緒に、いわき市内にあるお店

「食の蔵」にて、夕食を食べる。

私は、まぐろかま焼定食を注文した。


f:id:nozomutoka:20200103105554j:image

 

前から思っていたことだが、

いわきは海鮮が美味しい。

そして、親戚から教えてもらったことだが、

いわきの飯はボリュームが多いことも特徴で、

このかま焼も、写真では伝わりづらいが、

スケールが大きく、すごいボリュームだった。

そして、脂が乗って美味しかった。

ご馳走さまでした。


f:id:nozomutoka:20200103105612j:image

 

今宵の宿に行き、今日の道の駅で購入した、

「フラムーネ」(税込128円)

という梨味のラムネで一服。

福島県立平商業高校がプロデュースした商品で、

梨の風味がし、爽やかなラムネだった。

 

f:id:nozomutoka:20200103105713j:image

 

そして翌日、午前中のひたち号で帰京した。

Uターンラッシュが始まっていたのか、

列車は、途中の勝田駅から満席になった。

 

今回、久しぶりに首都圏から出た気がしたが、

やっぱり自分にとって、旅は

自分の心の中を整理する時間で、

たまには少し遠方に出かけてみるのもありかな、

と感じた。

 

近年よく訪れている、いわきも良い街なので、

また近々、行きたいと思う。