ミーハートラベラーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

今話題の「いきなり!ステーキ」へ行ってみる

かなり前から、報道やネットニュースなどで

「いきなりステーキ」が話題になっている

ことは知っていたのだが、

同じ系列の「ペッパーランチ」よりは

値段の割高感がありそうなことから、

今日まで、行かずに敬遠していた。

 

しかし最近になって、

いきなりステーキの大量閉店が報道されるようになり、

今まで食べに行ったことのない、

いきなりステーキに、ようやく興味を持った。

 

そこで早速、都心にある

いきなりステーキ店にて、少し豪華なランチを

堪能してきた。

 

f:id:nozomutoka:20191229201525j:image

 

とある都心にある、いきなりステーキのお店に入る。

このお店に行く前の、私の勝手なイメージだと、

いきなりステーキというお店は、

 

・立ち食い

・ステーキ肉は量り売り

 

というものだと思っていたが、

このお店は、全席に椅子があり、

注文も、メニューから選ぶ形になっていた。

現在でも、希望すれば量り売りは可能のようである。

 

f:id:nozomutoka:20191229201513j:image

 

という訳で、私は

300gのワイルドステーキを注文した。

注文を済ませると、すぐに付け合わせの

サラダとスープが出てくる。

 

f:id:nozomutoka:20191229201522j:image

 

前菜を食べ終わらない内に、

すぐメインのワイルドステーキが出てきた。


f:id:nozomutoka:20191229201517j:image

 

レア加減に焼き上げられた、

300gものワイルドステーキは、

口に含むと、いかにも「肉食ってるぞ!」と

実感できるような、しっかりとした

旨味と食べ応えを兼ね添えていた。

確かに、ペッパーランチで食べるような

ステーキとは格が違った。

 

あっという間にペロリと食べ終え、お会計へ。

このセットで、値段は1500円ほどだった。

確かに値段は少し高い方だが、

プチ贅沢気分を味わうには、ちょうど良いと感じた。

 

いきなりステーキの経営に関しては、

色々な批判があるようだが、

私は、また肉をがっつり食べたくなったら、

また行きたいな、と思った。