遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

東武ファンフェスタ2019に行き、記念臨時列車ツアーに参加する

今年で、東武日光線は開通90周年になるという。

それに伴い、現在日光線系統で使用されている

東武6050系の1編成が、かつて日光線の快速などで

使用されていた東武6000系の塗色に

リバイバルされる、というニュースを最近知った。

 

そして今年度、東武鉄道南栗橋車両管区で

開かれるイベント、東武ファンフェスタ2019に伴い、

そのリバイバルカラーの車両を使用した

団体臨時列車ツアーが行われることを知り、

これは行きたいと思い、

東武トップツアーズHPにて申し込んだ。

 

f:id:nozomutoka:20191217125726j:image
f:id:nozomutoka:20191217125626j:image

 

そして当日、南栗橋車両管区の最寄り駅である、

東武日光線南栗橋駅に赴く。

その団体列車は、なんと南栗橋車両管区の

車庫内から出発する。


f:id:nozomutoka:20191217125637j:image

 

南栗橋駅から車両管区までは、

東武ファンフェスタが行われる日限定で、

駅前から車両管区までの無料シャトルバスが

出ていた。

駅前はシャトルバスを利用する客で行列が

出来ていたが、回転が早く、比較的すぐ

車両管区に到着した。


f:id:nozomutoka:20191217125658j:image

 

車両管区内に入り、会場を進んでいくと、

東武博物館所有の有名な8111Fが、

休憩用車両として展示されていた。

前から撮影したいと思っていた車両なので、

この機会に撮影できて良かった。


f:id:nozomutoka:20191217125704j:image

 

続いて、このイベントメインの車両展示であるが、

かなり人が多く、確か15分毎の入れ替え制に

なっていたので、遠巻きから撮影して済ませた。

 

f:id:nozomutoka:20191217125617j:image

 

写真のように、ファンフェスタ会場内は、

なかなか上手く歩けないほどのすごい人であった。

鉄道会社のグッズ販売のブースや、

東武グループや沿線のグルメを求める人で

ごった返していた。


f:id:nozomutoka:20191217125651j:image

 

先ほどの車両展示とは別に、

東急8500系伊豆のなつ号と、東武6050系

留置されていた。

これは個人的な感想であるが、

伊豆を宣伝する車両と、

日光方面で運用されている車両が並んでいる光景は

何だか、興味深かった。


f:id:nozomutoka:20191217125654j:image

 

せっかくなので、会場内でお昼を食べる。

写真は、露店で売られていた、

宇都宮東武ホテルグランデのステーキ。

肉柔らかく、旨味がジューシーであったが、

ステーキが少々小ぶりで、これで1000円は

少し高いな、と思ってしまった。


f:id:nozomutoka:20191217125709j:image

 

続いて、じゃがいもが入った、

栃木のB級グルメ「栃木やきそば」。

並盛り500円で、少し弾力のある麺は

食べ応えがあり、これはコスパからしても

美味しかった。

 

昼食後、会場内で

東武トップツアーズのスタッフの方と受付をし、

団体列車に乗り込む。座席は指定で、

私は、最初からリバイバル車両に乗車すること

が出来た。

車内に入って驚いたことだが、

座席のモケットまで、6000系仕様の

ベージュ色のものに交換されていたことである。

写真は無いが、東武の気合いの入れように

少しびっくりした。

 

団体列車は、ゆっくりと南栗橋車両管区を発車し、

一旦、南栗橋駅に入り、スイッチバックして、

鬼怒川方面へと向かう。


f:id:nozomutoka:20191217125623j:image

 

途中の板倉東洋大前駅で停車し、

少々の撮影タイムとなる。

 

f:id:nozomutoka:20191217125619j:image

 

私は、先代の6000系車両を生で見たことは無いが、

こうして見ると、中々かっこ良い。

そして、「たびじ」幕が尚良い。


f:id:nozomutoka:20191217125640j:image
f:id:nozomutoka:20191217125716j:image

 

新鹿沼駅でも停車し、この駅で

リバイバル車両の前に増結されていた

標準色の車両と、車内の乗客を入れ替える。

新鹿沼駅発車後、この標準色車両の車内では

スタッフによる、

景品を目指すじゃんけん大会が開かれ、

乗客が退屈しないよう工夫がされていた。

ちなみに私は、じゃんけん大会全敗であった。


f:id:nozomutoka:20191217125648j:image

 

団体列車は、鬼怒川温泉駅に到着。

しかしツアーはここで終わりではなく、

鬼怒川温泉駅発のSL大樹に乗り、

下今市駅に到着するまで続く。


f:id:nozomutoka:20191217125633j:image

 

SL大樹が発車するまでの間、

鬼怒川温泉駅構内のカフェで少し時間を潰す。

ブラックソフトクリーム(500円)を購入。

味はチョコレート味で、普通に美味しかった。

(ちなみに、このブラックソフトを食べて、

    口の周りにチョコが付きまくって、

    カールおじさんみたいになっていたことに

    ツアーが終了して、帰りのスペーシア

    乗るまで気づかなかったのは内緒。

    恥ずかしい。)


f:id:nozomutoka:20191217125612j:image
f:id:nozomutoka:20191217125713j:image
f:id:nozomutoka:20191217125645j:image

 

時間になり、SL大樹に乗り込む。

私がSL大樹に乗るのは、これで3度目であるが、

やっぱり、SLの旅というのは

何度乗っても良いものである。


f:id:nozomutoka:20191217125701j:image

 

下今市駅に到着し、改札を出て、

今回のツアーは終了となった。


f:id:nozomutoka:20191217125606j:image
f:id:nozomutoka:20191217125719j:image
f:id:nozomutoka:20191217125722j:image

 

下今市駅から、特急スペーシアけごん、

東武スカイツリーラインと乗り換え、

無事に帰路についた。

 

今回のツアーに参加し、

リバイバル車両に乗車してみて、

東武鉄道の本気度に触れることが出来た。

またこのリバイバル車両を使用した、

何らかの臨時列車が運行される際には

また乗車を検討したいと思う。