ミーハートラベラーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

大分駅前のSPAてんくうに入り、別府海浜砂湯にも行く

私の従兄弟が、大分県に住んでおり、

現地に会いに行くことになった。

 

最初は、またスカイスキャナーで

格安航空券を購入することを考えたが、

このアプリ経由で購入すると、

キャンセル不可の場合があるため、

万が一の急な予定変更の場合は

少し厄介なことになるため、

少し割高になるが、今回は陸路で

東京から大分まで行くことにした。

 

f:id:nozomutoka:20191221143948j:image

 

という訳で、品川駅午前9時頃発の

新幹線のぞみ号に乗る。

大分までの長旅の始まりである。

ちなみに自由席に座ったが、

品川駅からは、座席が全て埋まるくらい

混雑していた。


f:id:nozomutoka:20191221143901j:image

 

名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、広島と過ぎ、

約4時間半後、福岡県北九州市小倉駅に到着。

自由席は、東海道新幹線を越えて

山陽新幹線内に入ると、次第に空いてきていた。


f:id:nozomutoka:20191221144105j:image

 

小倉駅からは、JR九州の特急ソニック号に乗り、

大分駅に向かう。小倉駅から約1時間半で着く。


f:id:nozomutoka:20191221143908j:image
f:id:nozomutoka:20191221143932j:image

 

小倉駅では駅弁を購入した。

福岡県でよく食べられる、

かしわめしの駅弁(770円)。

東京駅などで売られている駅弁と比べたら、

ずいぶん安いな、と思ったが、

甘辛く味付けられたかしわめしは

ボリュームがあり、食べ応えのある駅弁だった。


f:id:nozomutoka:20191221144005j:image
f:id:nozomutoka:20191221144118j:image

 

東京の品川駅から、約6時間半、

やっと大分駅に到着した。

駅舎や駅前は、7年前に来たときより

すっかり整備されて、大きく変わっていた。


f:id:nozomutoka:20191221143920j:image

 

大分駅前で従兄弟と落ち合う。

そして、従兄弟おすすめの天然温泉、

「CITY SPAてんくう」へ。

大分駅の府内中央口(北口)に直結し、

写真のビルの最上階に温泉がある。

良いお湯だったのはもちろん、

屋上は露天風呂になっており、

大分市内を一望出来た。

実際に行ったことは未だ無いのだが、

シンガポールのマリーナベイサンズみたいだな、

と思った。


f:id:nozomutoka:20191221143959j:image

 

湯上りの後は、

施設に併設されているレストランへ。

まずは、大分名物から揚げを食べる。

味は、都心で食べるものとそんなに変わらない

気がしたが、名物は現地で食べることに意味がある。


f:id:nozomutoka:20191221143852j:image
f:id:nozomutoka:20191221143928j:image

 

そして、次に頼んだのが「りゅうきゅう丼」。

初めて知ったのだが、これも大分名物で、

醤油や生姜に漬けたアジやサバが載った丼もので、

これはとても美味しく、即完食してしまった。


f:id:nozomutoka:20191221143938j:image

 

デザートは、かぼすジュース。

オレンジでもみかんでもない、かぼす独特の

風味が効いていて、とてもスッキリした味だった。

 

これだけ食べて、

なんと従兄弟にご馳走になってしまった。

ご馳走さまでした。次は自分がご馳走します。

という訳で、従兄弟と別れて私は宿へ向かった。


f:id:nozomutoka:20191221143904j:image

 

翌日、この日は帰京する日なのだが、

その前に行きたいところがあったので、

朝、日豊本線普通列車に乗る。


f:id:nozomutoka:20191221144043j:image
f:id:nozomutoka:20191221144032j:image

 

数駅先の、別府市にある別府大学で下車。

ここから、数分歩く。


f:id:nozomutoka:20191221143943j:image

 

お目当てはここ。別府海浜砂湯である。

別府市公営の、天然温泉を使用した砂風呂で、

トリップアドバイザーのエクセレンス認証に

選ばれた場所でもある。

私自身も、この場所を口コミで知った。


f:id:nozomutoka:20191221144039j:image

 

温泉が開く時間は、8:30からなのだが、

早く着き過ぎて、なんと7:00頃にはこの場所にいた。

開く時間まで、この近辺の上人ヶ浜を

ぼんやり眺める。

近くを通りかかったおばあさんが、

晴れていたら、ここから観る朝日は綺麗だと

教えてくれた。

8:30が近づくにつれ、入浴客が続々と集まってきた。


f:id:nozomutoka:20191221143855j:image
f:id:nozomutoka:20191221143858j:image

 

早く待っていたこともあり、私はすぐに入れた。

砂湯内の個人撮影は禁止で、入浴中の写真は

係の人が無料で撮ってくれる。

砂風呂初体験だったが、感想としては、

顔以外、サウナ状態なイメージで、

サウナが得意ではない自分にとって、

入浴していた10分が長く感じた。

しかし、上がった後の爽快感は格別であった。

デトックスというのは、こういうことを

言うのだろうな、と思った。

しばらく、砂風呂にハマりそう。


f:id:nozomutoka:20191221143924j:image
f:id:nozomutoka:20191221144059j:image
f:id:nozomutoka:20191221144222j:image
f:id:nozomutoka:20191221144011j:image
f:id:nozomutoka:20191221143952j:image

 

砂湯を後にして、再び普通列車に乗り、別府駅へ。

ここでは、駅構内の売店でお土産を買うだけにして、

午前10時台の特急ソニック号で、帰路につく。

 

f:id:nozomutoka:20191221144110j:image

 

家族へのお土産には、かぼすハイボールを購入。

私は飲まなかったが、

帰宅後、飲んだ家族の感想は、

甘くなくスッキリしていて、美味しいとのことだった。


f:id:nozomutoka:20191221143848j:image

 

福岡県北九州市小倉駅に戻ってきた。

駅ホームの立ち食いうどん屋で、

かしわうどんを食べる。

これも東京都心では食べられない、

ご当地メニューである。美味しく頂きました。


f:id:nozomutoka:20191221144021j:image

 

小倉駅から新大阪駅までは、

鹿児島中央駅からやってきた、さくら号に乗る。

さりげなく、九州新幹線の車両に初乗車である。

今回は自由席に乗ったが、次回は、

少し座席がリッチな指定席車両に乗ってみたい。


f:id:nozomutoka:20191221143917j:image
f:id:nozomutoka:20191221143912j:image

 

新大阪駅に着き、この駅始発の、

のぞみ号に乗って無事に帰京した。

 

今回陸路で、東京から大分まで往復してみて、

やっぱり時間がかなりかかるな、と思った。

それだけ、体力的負担も増すような気がするので、

次回、従兄弟に会いに行くときは

スカイスキャナーで予約した飛行機で行こう、

と思った。