遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

「清水もつカレー」を食べに、清水まで行ってみたが・・・

今回、少し用事があり、静岡県清水市

行くことになったのだが、

前回、清水に行った際に食べることが出来なかった、

ご当地グルメ「もつカレー」を今度こそ

食べようと思い、実際に出かけて来た。

 

f:id:nozomutoka:20200413221737j:image

 

まずは、東海道線に乗り、熱海まで行く。


f:id:nozomutoka:20200413221728j:image
f:id:nozomutoka:20200413221724j:image

 

途中の大船駅で、駅弁である

穴子押寿し」(750円)を購入した。

東海道線の車内では少し混雑して

食べづらかったので、グリーン車で食べた。

穴子の寿司で、この値段はコスパ良いな、と思った。


f:id:nozomutoka:20200413221649j:image
f:id:nozomutoka:20200413221741j:image

 

熱海駅に到着。

この駅で、JR東日本東海道線から、

JR東海東海道線へと乗り換える。


f:id:nozomutoka:20200413221808j:image
f:id:nozomutoka:20200413221641j:image

 

熱海駅から普通列車にて、約1時間で

清水駅に到着。すっかり暗くなってしまった。

早速、清水駅近くで、もつカレーが

食べられる有名なお店へ向かう。

 

ところが、このとき夕方の17時半頃だったのだが、

既にお店は満席で、予約無しだと入れない状態だった。

これは予想外であった。

どうしようと思い、ひとまず今宵の宿に向かうため、

静岡鉄道の新清水駅へ行く。


f:id:nozomutoka:20200413221655j:image

 

徒歩10分ほどで到着する。

仕方ないから、コンビニで何か買うか、と思い、

近くのコンビニに入ったら、

なんと、もつカレーの缶詰が、

缶詰コーナーに置いてあった。

これは清水でなくても買えるようだが、

せっかくなので、これで妥協することにした。

 

f:id:nozomutoka:20200413221716j:image

 

缶詰のもつカレーを買って、静岡鉄道に乗る。

ちょうど、新型車両がやってきた。

乗ってみて、ドアチャイムなど、

東京の東急電鉄の車両に似てるな、と思った。

静岡鉄道の大株主は、東急のようなので、

納得である。


f:id:nozomutoka:20200413221755j:image
f:id:nozomutoka:20200413221732j:image

 

静岡鉄道に乗り、宿に到着し、

早速、もつカレーの缶詰で一人乾杯。

カレーの風味と、柔らかく煮たもつとの相性は、

缶詰でも、良く合うなと思った。

ただ、一缶だと足りないし、味気なかった。


f:id:nozomutoka:20200413221720j:image

 

翌日、再び静岡鉄道に乗り、都心へ戻る。

今度は、ちびまる子ちゃん列車がやって来た。

何とこの電車、車内アナウンスも、

あのちびまる子ちゃんであった。

静岡鉄道も、なかなかユニークなことするな、

と思った。


f:id:nozomutoka:20200413221701j:image
f:id:nozomutoka:20200413221750j:image
f:id:nozomutoka:20200413221745j:image

 

草薙駅で、JR東海道線に乗り換え、

ひたすら、東へ向かう。

途中の車窓で、綺麗な富士山が臨めた。

車内から一枚、撮る。

いつ見ても、富士山は雄大である。


f:id:nozomutoka:20200413222007j:image

 

熱海駅で再び乗り換え、無事に都心に帰った。

今回、またしても、本場のもつカレーを

食べ損ねてしまったが、今度こそ、今度こそ、

ちゃんとお店に予約してから、食べに行きたいと思う。