遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

観光列車「THE ROYAL EXPRESS」で行く豪華な下田への旅

先日、JR東海道線伊豆急行線の観光列車である、

JR東日本の「伊豆クレイル」に乗車したが、

東海道線伊豆急行線には、現在、

もう一つの観光列車が運行されている。

 

それが、伊豆急行の親会社である、

東急が催行する「THE ROYAL EXPRESS」である。

伊豆クレイルは片道食事付きプランで、

12000円ほどであったが、

このザロイヤルエクスプレスは、

 

・クルーズプラン ・・・ 約10万〜20万円

(片道食事付きプラン+宿泊食事付き+現地観光)

 

・プラチナクラス ・・・ 35000円

(コース料理の片道食事付きプラン)

 

・ゴールドクラス ・・・ 25000円

(お重形式の片道食事付きプラン)

 

と、高額な値段設定である。

しかし、この観光列車も前から乗ってみたい

電車の一つだったので、少し奮発して

ゴールドクラスに公式HPから申し込み、

当日、乗車してきた。

 

f:id:nozomutoka:20190921190659j:image
f:id:nozomutoka:20190921190554j:image

 

まずは、東急東横線横浜駅へ。

東急東横線横浜駅地下2階の、

「ザ・ロイヤルカフェ」にて受付とのことなので、

そちらへ向かう。


f:id:nozomutoka:20190921190641j:image

 

カフェ前で受付を済ますと、

クルーの方が、

カフェ内の指定の席に案内してくれる。

私が乗車する号車の担当の方から、

記念乗車券やパンフレットなど一式を頂き、

今日の行程の軽い説明を受ける。

その後、出発までの待機時間には、

カフェのドリンクのサービスが受けられるので、

コーヒーか紅茶の中から、私はコーヒーを注文した。

 

出発時間になり、

ザ・ロイヤルカフェを後にする。

カフェを出るとき、スタッフの方が

鐘をならしながら、送ってくれる。

少し優雅な気分にさせてくれる。


f:id:nozomutoka:20190921190630j:image

 

ザロイヤルエクスプレスが出発する、

JR横浜駅のホームには、既に列車が停まっていた。

軽く写真を撮り、私は早めに車内へ入る。


f:id:nozomutoka:20190921190801j:image

 

車内の指定された席に座ると、

既にランチのためのセッティングがされていた。

 

ザロイヤルエクスプレスは、

JR九州のクルーズトレイン「ななつ星」を

デザインしたことで知られる、

水戸岡鋭治さんが設計している。

なので、今回は車内の写真は余り撮らなかったが、

車内にはふんだんの木材が使われ、

ランチのための食器など一つ一つが

とてもこだわって作られていた。

 

出発の時間になり、

ザロイヤルエクスプレスが動き出す。

JR横浜駅ホームでは、なんと

東急電鉄の駅員さん達が送り出してくれた。


f:id:nozomutoka:20190921190712j:image

 

出発し、早速ウェルカムドリンクを頂く。

ウェルカムドリンクは、

スパークリングワインと、

ノンアルコールのスパークリングワインから

選ぶことができ、私はノンアルコールの方にした。

 

ウェルカムドリンクなんて、

生涯でそんなに飲んだことがないので、

早速、少し贅沢な気分である。


f:id:nozomutoka:20190921190653j:image

 

列車は、JR東海道線

比較的速いスピードで走行していく。


f:id:nozomutoka:20190921190715j:image

 

ウェルカムドリンクを飲み終わった後、

ランチが始まる。

まずは、ランチのドリンクを注文。

ランチを監修した山田チカラさんのご実家とされる、

山田農園の煎茶にした。

ちなみに、ザロイヤルエクスプレスでは、

ドリンクは、終点の伊豆急下田駅に到着するまで、

アルコールも含めて、全てフリードリンクである。


f:id:nozomutoka:20190921190732j:image
f:id:nozomutoka:20190921190823j:image
f:id:nozomutoka:20190921190826j:image

 

ゴールドクラスなので、ランチはお重形式。

おしながきから拝借すると、

 

〈上の段〉

タラモサラダ

なすボロネーゼ

きのこオムレツ

カリフラワーとイカのカレー風味

カマス一夜干し

セロリと人参のきんぴら

石川芋牛肉煮

素揚げ野菜

 

〈下の段〉

押し麦ごはん

わさび漬け・金山寺味噌

 

〈つけあわせ〉

大和芋と自然薯のとろろ

 

と、とてもこだわったものである。

料理は季節によって、変わるようだが、

今回のメニューは、和食とスペイン料理

融合を目指したものらしく、

食べていて、とてもユニークでかつ、

今までに食べたことのないような、

新しい美味しさだった。

ペロリと食べてしまった。


f:id:nozomutoka:20190921190738j:image
f:id:nozomutoka:20190921190547j:image

 

列車が相模湾沿いを走行した際に、

ドリンク2杯目の地ビール「伊豆エール」を注文。

三島に近い、函南醸造されたものらしく、

普段、ビールを飲まない私でも、

とても飲みやすいビールだった。

 

このように、

ザロイヤルエクスプレスのドリンクは、

全て、伊豆地域の地産のものが提供されており、

旅情を盛り上げてくれる。


f:id:nozomutoka:20190921190807j:image

 

美味しいビールを飲みながら、

一人旅情に浸っていたところ、

デザートが出てきた。

「さつま芋エスプーマとほうじ茶プリンアイス」。

なんでも、エスプーマとは、

特別な製法を用いたムースのことで、

初めて食べるような、きめ細かい泡が入った食感で、

これもすぐ完食してしまった。

 

f:id:nozomutoka:20190921190557j:image

 

食後の紅茶は、「河津桜の燻製紅茶」。

伊豆地域で有名な、河津桜のチップを

使用した、ユニークな紅茶で、

飲んでみると、確かにローストされた風味が

伝わって来て、美味しく不思議な味だった。


f:id:nozomutoka:20190921191000j:image

 

列車はあっという間に伊東駅に到着し、

ここから伊豆急行線に入る。

 

クルーの方に、車内で記念写真を撮って頂いた。

ちなみに、ザロイヤルエクスプレスに乗るに

当たって、事前の手紙には

「服装はスマートカジュアルをお勧め致します」

とあり、私はネクタイなしのスーツで行ったが、

少なくとも、ゴールドクラスでは、

ラフな服装で来ている人も多かった。


f:id:nozomutoka:20190921190811j:image

 

ドリンク4杯目は、「静岡いちごサイダー」。

いちごの甘みがじわっと伝わって、

これもまた美味しい。


f:id:nozomutoka:20190921190726j:image

 

列車は伊豆高原駅に到着。

この駅では30分近く停車し、車外に出られる。


f:id:nozomutoka:20190921190805j:image
f:id:nozomutoka:20190921190635j:image

 

ここでも、クルーの方に記念写真を撮って頂いた。

とても良い記念になった。


f:id:nozomutoka:20190921190656j:image
f:id:nozomutoka:20190921190720j:image

 

車外に出ると、伊豆高原駅

伊豆急おもしろ駅長」から、

地元の特産品である岩のりを頂く。

この他、駅ホームでは、

地元の名物などがブース形式で売られていた。

 

ちなみに、伊豆高原駅は、

伊豆急行本社の最寄駅であり、

発車時刻が近づくと、伊豆急行の社員、重役、

そしてなんと社長まで送り出してくれた。

 

f:id:nozomutoka:20190921190814j:image

 

伊豆高原駅を出発して、本日のドリンク5杯目は、

「手むきみかんジュース」。

おそらく100%のみかんジュースだが、

舌ざわりがとても濃く、本当に丸ごとみかんを

食べているようなジュースだった。


f:id:nozomutoka:20190921190608j:image
f:id:nozomutoka:20190921190551j:image

 

列車は東伊豆海岸線で一旦停車する。

ここで、ザロイヤルエクスプレスのテーマ曲を

作曲したバイオリニストである、大迫淳英さんの

生演奏を聴かせて頂くことになった。

 

列車でコーヒーを飲みながら、

伊豆の海岸線を走りながら、

そして、バイオリンの生演奏を聴きながら

過ごす時間は、何とも言えない優雅な時間だった。


f:id:nozomutoka:20190921190819j:image
f:id:nozomutoka:20190921190605j:image
f:id:nozomutoka:20190921190741j:image

 

横浜駅から約3時間、列車は

あっという間に終点の伊豆急下田駅に到着。

クルーの方達にお礼を言いながら、下車。

すると、ここでも地元の方から、

歓迎のお花を頂いた。


f:id:nozomutoka:20190921190729j:image

 

下田駅に着くと、

今回のザロイヤルエクスプレスの行程は、

全て終了となるが、せっかくなので、

下田駅近くの寝姿山にロープウェイで

登ってみることにする(往復1030円)。

 

f:id:nozomutoka:20190921190758j:image

 

最近、ロープウェイのゴンドラが、

ザロイヤルエクスプレスと同じデザイナーの

水戸岡鋭治さんによって、リニューアルされた。

同時に、寝姿山山頂には、

これも水戸岡さんデザインによる、

レストランである、「ザ・ロイヤルハウス」が

オープンした。

そこにも行ってみる。


f:id:nozomutoka:20190921190754j:image

 

レストランでは、

ニューヨークチーズケーキ(500円)を注文。

観光地にしては、良心的な価格設定だと思う。

味も大量生産感は無く、むしろ手作り感があり、

美味しく頂きました。

 

f:id:nozomutoka:20190921190747j:image
f:id:nozomutoka:20190921190611j:image

 

ザロイヤルハウスの後は、

少し歩いて、寝姿山の展望台へ。

曇っているのが残念だったが、

展望台からは、下田湾が一望でき、

綺麗な景色だった。


f:id:nozomutoka:20190921190649j:image

 

展望台から更に登ったところにある、

五島顕彰碑。

伊豆急行線は、

かつての東急グループ総帥である、

五島慶太さんの尽力によって作られたと

言われている。


f:id:nozomutoka:20190921190735j:image

 

ロープウェイに乗って、下田の街へ下りる。

ロープウェイからも、下田の街を一望できた。


f:id:nozomutoka:20190921190601j:image
f:id:nozomutoka:20190921190744j:image
f:id:nozomutoka:20190921190702j:image

 

行きに思いっきり贅沢してしまったので、

帰りはのんびりと鈍行で帰った。

 

帰宅後、私の心の中に

雷に打たれたようなカルチャーショックが

残った。

今まで、色々な観光列車に乗って来たが、

その中でも、ここまで手厚いサービスの

観光列車は、正直初めてだった。

もちろん、それだけ値段も高めな訳だが、

一番安いゴールドクラスでも、

ザロイヤルエクスプレスの世界を十分堪能出来る

と思う。

 

ニュース等でも話題になっているが、

今度は、北海道を走ることになった、

ザロイヤルエクスプレスの、

今後の発展に期待したいと思う。