遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

越後湯沢駅ナカ「ぽんしゅ館」でほろ酔い気分

最近、友人達と飲む機会があり、

「皆でパーっと旅行に行きたい」

という話になった。

 

今ちょうど青春18きっぷのシーズンであり、

都心から手軽に行けて、

更にお酒も楽しめる場所を考えると、

越後湯沢駅ナカのぽんしゅ館が思いついた。

最近、YouTube等で有名になっている施設であるが、

皆に話すと、乗り気になってくれたので、

トントン拍子で越後湯沢旅行が確定した。

 

f:id:nozomutoka:20190831141411j:image
f:id:nozomutoka:20190831141639j:image

 

青春18きっぷでの移動なので、

新幹線や特急列車は乗れず、

普通列車や快速列車のみで、

都心から越後湯沢駅まで移動することになる。

なので、まずは快速アーバンで、高崎駅へ。

 

f:id:nozomutoka:20190831141635j:image
f:id:nozomutoka:20190831141709j:image

 

高崎駅からは上越線に乗り換え、

水上駅まで移動する。

水上駅では、次の乗り換え列車まで、

20分近くあったので、一緒の友人は、

水上駅前すぐの土産物屋で、

おやつのおやきを買っていた。


f:id:nozomutoka:20190831141419j:image

 

水上駅から引き続き、上越線に乗る。

都心から在来線のみで新潟方面へ行くときの

注意点だが、水上駅越後湯沢駅間は

列車の本数が本当に少なく、

平日土日とも、一日6本しかない。

なので、もしこのルートで行くならば、

計画的にプランを立てざるを得ないと思う。


f:id:nozomutoka:20190831141831j:image

 

そんなこんなで、無事越後湯沢に到着。

大宮駅から普通列車オンリーで、約3時間かかった。

新幹線を使えば、都心から約1時間で着けるが、

在来線だけでも、3時間で着くことができるので、

越後湯沢は、都心にとって、とても身近な

新潟であるように思う。


f:id:nozomutoka:20190831141434j:image

 

改札を出て、越後湯沢駅駅ナカ商業施設である、

CoCoLo湯沢」にて、昼食を取る。

丼物屋や、へぎそば屋、寿司屋など、

色々なお店があったが、私達は

つけ麺屋の「越後つけ麺維新」に入った。

写真は、私が注文した「魚介鶏とんつけ麺」である。

何でも、麺に米粉を使用しているようで、

モチモチとした弾力のある麺で美味しかった。

ごちそうさまでした!


f:id:nozomutoka:20190831141742j:image

 

食後、本日のメインイベントである、

利き酒を楽しむために、同じ駅ナカ施設にある

ぽんしゅ館に移動する。

ここでは、新潟県内で醸造された日本酒の

なんと150種類の利き酒を楽しめる。


f:id:nozomutoka:20190831141705j:image

 

まず、受付にて、利き酒料金として、

500円を払い、メダルを5枚渡される。

メダル1枚を機械に投入すると、

利き酒おちょこ1杯分が楽しめる仕組みである。

中には、メダル2〜4枚で1杯を楽しめるような

高級な日本酒もある。


f:id:nozomutoka:20190831141426j:image

 

150種類もあると、どれを選んだら良いか

分からなかったので、

ぽんしゅ館内に掲示されていた、おすすめを

基に選んで飲んだ。

写真は、「越の白鳥」。


f:id:nozomutoka:20190831141721j:image

 

ぽんしゅ館内には、利き酒利用者用に、

塩の味見や、つまみとしてきゅうりを

販売していた。


f:id:nozomutoka:20190831141714j:image

 

2杯目の「米百俵」。

自分はお酒が弱いので、このあたりで

大分酔っ払っていた。


f:id:nozomutoka:20190831141700j:image

 

3杯目は「越乃景虎 梅酒」。

梅酒もあった。

この時点で、大分幸せになっていた。


f:id:nozomutoka:20190831141437j:image

 

4杯目だが、せっかくなので、

皆でメダルを出し合って、高級な酒を飲もう、

という話になり、なんとメダル4枚で1杯の

「山間」というお酒を飲んだ。

この日本酒は、普段お酒を、特に日本酒は

飲まない自分にとっても、とても飲みやすく、

とろけるような美味しさだった。

日本酒って、本当に奥が深い。


f:id:nozomutoka:20190831141750j:image

 

ぽんしゅ館を後にし、

少し酔いを覚ます意味合いもあって、

デザートを同じ駅ナカ施設で購入。

糀ソフトクリームにした。

意外と甘みが深く、少し酔いながら、

即完食してしまった。

 

そんなこんなで、

この日は越後湯沢駅を後にし、宿に移動。

明け方まで、皆と語り合った。

 

f:id:nozomutoka:20190831141729j:image

 

翌日、宿から再び越後湯沢駅に戻り、

お土産などを買う。

私は、おやつ感覚で、駅ナカのお店で

「長岡ポークの豚串焼き」を購入。

塩で味付けられた串焼きの豚は、

旨味がしっかりとして、食べ応えがあり、

とても美味しかった。


f:id:nozomutoka:20190831141736j:image

 

という訳で、帰りも行きと同じように、

普通列車で都心まで帰る。


f:id:nozomutoka:20190831141651j:image
f:id:nozomutoka:20190831141646j:image

 

車内で、昼食。

越後湯沢駅で購入した駅弁である、

「牛〜っとコシヒカリ」。

味付けられた牛肉も、もちろん美味かったが、

何より、米が美味かった。

やっぱり新潟は米どころである。


f:id:nozomutoka:20190831141430j:image
f:id:nozomutoka:20190831141642j:image

 

引き続き、電車を乗り継いで、

無事に都心まで帰り、友人達とは解散となった。

 

今回の旅行で得られたことは、

お酒の美味しさを知ったことである。

普段はお酒は飲まない方だったが、

お酒、特に地酒や地ビールなどは

旅情を盛り上げることを学んだ。

これからは、可能ならば、

旅先でお酒を取り入れ、

旅を更に盛り上げたいと思う。