遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

観光列車「伊豆クレイル」で行く、東伊豆ブランチ旅

数年前にJR東日本横浜支社が、

「伊豆に観光列車を走らせる」と、

発表したときから、乗るのを楽しみにしていた

電車だった。

それが、「伊豆クレイル」である。

 

実際に、3年前から運行を開始していたのだが、

なかなか乗車する機会が無かった。

それは、伊豆クレイルのランチ付きコースが、

2名から申込可だったからである。

しかし今回、私と同じ鉄道好きの兄弟を誘うことが出来、

念願の伊豆クレイルに乗車して来た。

 

f:id:nozomutoka:20190820233159j:plain

f:id:nozomutoka:20190820233216j:plain

 

伊豆クレイルの運行区間は、

小田原駅伊豆急下田駅間なので、

まずは、小田急ロマンスカー小田原駅へ。

初めて、EXEαに乗った。

 

小田原駅到着後は、JR線改札内に入り、

伊豆クレイル乗客用のラウンジに行く。

ラウンジの写真は無いが、

ラウンジと言っても、「待合室」という

表現の方が正しい気がする。

4人掛けのボックスシートが2つと、

後は、ベンチが置かれている簡素なものだった。

ちなみに、ラウンジ内には

ウォーターサーバーが置かれている。

 

f:id:nozomutoka:20190820233229j:plain

 

時間になり、ラウンジを出て、

ホームに下りる。

少しすると伊豆クレイルが入線して来た。

私のように、多くの人が写真を撮っていた。

撮り終わった後は、切符をアテンダントさんに見せて

車内に入る。

 

f:id:nozomutoka:20190820233241j:plain

 

車内には既に、お重のランチと、

ミネラルウォーター(観音温泉の温泉水)が

置かれていた。

 

f:id:nozomutoka:20190820233257j:plain

 

発車後、アテンダントさんが、

飲み物の注文に来る。

飲み物は伊豆クラフトビール又は、

伊豆ニューサマーオレンジサイダー

の2種類が選べる。

私と兄弟は、お酒が飲めないので、

サイダーを注文。

 

ちなみに飲み物は、

先ほどの温泉水と、

このサイダーと、

食後のコーヒー以外は、

別の号車にあるバーカウンターで

購入する必要があり、

飲み放題では無いので注意が必要である。

 

f:id:nozomutoka:20190820233332j:plain

 

おしながきは、

箱根山麓豚のハーブロースト

グレイビーソース

玉ねぎののロースト添え

南伊豆の伊勢海老と

伊豆ワサビのマリネ

豆乳のフラン仕立て

金太郎マスのエスカベッシュ

駿河湾釜揚げしらす

枝豆とポテトのサラダ

アメーラトマト、モッツァレラ、

生ハムのカプレーゼ風

バジルの香り

駿河湾カツオとパプリカのサラダ

カボチャとベーコンのオムレツ

夏野菜のラタトゥイユ

ツイストマカロニ

 

となっていたが、

正直お腹が空いていたためか、

おしながきを見ないで、

パクパク食べてしまった。

この暑い時期だから仕方ないが、

料理は冷えていたが、

全体的に美味しく、

ぺろりと食べてしまった。

 

f:id:nozomutoka:20190820233345j:plain

 

発車して数分後、根府川駅で十数分停車した後、

根府川駅早川駅間の橋梁で、相模湾の車窓を楽しむ

(ちなみに全区間の約3時間の行程だが、

 このとき既に私は料理は食べ終えており、

 兄弟から早すぎると言われた)。

 

f:id:nozomutoka:20190820233358j:plain

 

ランチを食べて、しばらくした後、

今度はデザートが運ばれてくる。

 

 

f:id:nozomutoka:20190820233411j:plain

 

イカとキウイと白ワインのジュレ

伊豆産ニューサマーオレンジ

しっとりパウンドケーキ

と、おしながきには書いてあった。

ジュレなんて、普段食べる機会は無かったが、

ケーキも美味しく、速攻で完食した。

 

f:id:nozomutoka:20190820233422j:plain

 

そして私にとってのお楽しみは、

食後のコーヒーである。

 

コーヒーを飲み、

海岸沿いを走る列車の車窓を見ながら、

列車に揺られるこのときの時間は、

私にとって、最も優雅な時間だった。

 

f:id:nozomutoka:20190820233437j:plain

 

列車はJR線から伊豆急行線に入り、

途中の東伊豆海岸線で一時停車した。

海の色が綺麗で、晴れて良かった。

運が良ければ、海の先の伊豆大島や利島などが

見えるそうである。

 

f:id:nozomutoka:20190820233450j:plain

 

あっという間に時間が過ぎ、

終点の伊豆急下田駅に到着。

正直、もっと乗っていたかった。

観光列車の旅は、やっぱり楽しい。

 

f:id:nozomutoka:20190820233505j:plain

f:id:nozomutoka:20190820233517j:plain

 

帰りの電車まで、

2時間ほど時間があったので、

少し寄り道する。

 

f:id:nozomutoka:20190820233529j:plain

f:id:nozomutoka:20190820233540j:plain

 

路線バスに乗って、白浜海岸へ。

途中、道が海水浴客で渋滞し、

到着が予定より、約5分遅れた。

 

見る限り、すごい人である。

正直、海水浴ブームはもう過ぎたものだと

勝手に思っていたが、

全然そんなことは無かった。

 

f:id:nozomutoka:20190820233552j:plain

 

再び路線バスで伊豆急下田駅に戻り、

帰りは特急列車のスーパービュー踊り子号。

この列車は近々、引退が噂されている。

写真では分かりづらいが、

列車の側面の塗装が剥がれていたり、

車体の痛みが確かに激しいようだった。

 

f:id:nozomutoka:20190820233603j:plain

 

伊豆急下田駅の土産物屋で買った、

やまももドリンク(130円)を

飲みながら、帰路についた。

 

今回、伊豆に行ってみて思ったことは、

行ったのがお盆休みということもあるが、

伊豆クレイルは満席で、

海水浴場は大混雑で、

伊豆もまだまだ観光地として、

舐めてはいけないな、と思った。

 

伊豆にはもう一つ、

「ザ・ロイヤルエクスプレス」という

東急電鉄が走らせている観光列車があり、

更に近々、JR東日本が、

伊豆方面に新たな観光列車である、

サフィール踊り子」を走らせる予定が

あったり、

西武グループは、

都心から下田プリンスホテルまで、

宿泊客のヘリ輸送を試験的に始めたりと、

今、伊豆が熱くなりつつあるように感じる。

 

これから伊豆が

どのように発展していくのか、

楽しみにしたいと思う。