遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

『孤独のグルメ』に出てきた下仁田すき焼きを食べに行く

かなり前だが、

有名なテレビ番組『孤独のグルメ』に

群馬県下仁田町の地元グルメである、

下仁田すき焼き」が登場した回があった。

 

下仁田すき焼き」とは、

たくさんの下仁田ねぎと、豚肉が使われている

のが特徴である。

 

前に、乗り鉄下仁田には行ったことは

あったのだが、そこで地元グルメを

味わったことは無かった。

 

孤独のグルメ』を見てから、

前から再び下仁田に行ってみたいと思っていたのだが、

今回ちょうど群馬に行く機会があり、

せっかくなので下仁田にも足を延ばすことにした。

 

f:id:nozomutoka:20190831225610j:image
f:id:nozomutoka:20190831225655j:image

 

まずは、東京都心から湘南新宿ラインで、

群馬県高崎駅へ。

都心から、1時間半ほどで到着する。


f:id:nozomutoka:20190831225702j:image

 

高崎駅からは、上信電鉄に乗り換える。

ちょうどやって来たのは、ぐんまちゃん列車。


f:id:nozomutoka:20190831225623j:image

 

ぐんまちゃん列車の車内には、

上信電鉄の制服を着たぐんまちゃんの

ぬいぐるみが飾られていた。

正直、かわいい。


f:id:nozomutoka:20190831225602j:image
f:id:nozomutoka:20190831225638j:image

 

高崎駅から1時間ほどで、

終点の下仁田駅に到着する。

ここから、10分ほど歩いて、

孤独のグルメ』に出てきた、すき焼き屋さんを

目指す。


f:id:nozomutoka:20190831225635j:image

 

下仁田中央通りを進んでいく。

平日の昼間だけあり、閑散としていたが、

この通りは、『孤独のグルメ』に出てきていた

ような気がして、一人で世界観に浸っていた。

 

f:id:nozomutoka:20190831225642j:image

 

すき焼き屋さん「コロムビア」に到着。

食べログによると、ランチ営業は

12:00〜14:00とのことである。

 

店内に入り、

すき焼きを注文する際、豚肉か牛肉かを尋ねられた。

私はもちろん、豚肉を注文した。

少しすると、具材が運ばれてきた。


f:id:nozomutoka:20190831225619j:image
f:id:nozomutoka:20190831225605j:image

 

具材は、豚肉数枚、たくさんの下仁田ねぎ、春菊、えのきなどの野菜であった。

更にご飯も付いている。

これだけのボリュームで、税込1300円である。

牛肉になると少し高くなるようであるが、

それにしても、安い。


f:id:nozomutoka:20190831225615j:image

 

店員さんから、まずはねぎを焼いてから、

食べるよう、勧めて頂いた。

せっかくなので、そのようにしてみる。

焼き色が付いた下仁田ねぎを食べてみると、

まず口の中に、香ばしい甘みが広がった。

このようなねぎは、初めて食べたかもしれない。

これだけでも、美味い。


f:id:nozomutoka:20190831225716j:image
f:id:nozomutoka:20190831225631j:image

 

続いて、肉を焼き、

他の野菜も入れ、割り下を入れて、

具材を煮込んで、食べる。

初めて豚肉のすき焼きを食べたが、

甘辛い割り下に煮込まれた豚肉を

卵に絡ませて食べると、とてもご飯が進んだ。

 

f:id:nozomutoka:20190831225648j:image

 

最後に、〆の豆腐を煮込んで、食べ終える。

食べ始めてから、すぐに完食してしまった。

とても、美味しかった。

店員さんも気さくな方で、支払いの際、

「またいらしてね」と声をかけて頂いた。

今度、牛肉のすき焼きを食べてみたいなぁ。


f:id:nozomutoka:20190831225645j:image

 

帰りも上信電鉄に乗って帰る。

上信電鉄は車両の種類が多い私鉄だが、

やってきたのは、昔西武鉄道

主に昭和期に活躍していたレトロな車両だった。

このタイプの車両は、上信電鉄だけでなく、

他の地方私鉄にも譲渡されたが、

そこでも引退している車両が多いと聞く。

このレトロな車両に乗るのは、

最初で最後になるかもしれないな、と思った。


f:id:nozomutoka:20190831225651j:image

 

高崎駅からは、JR高崎線に乗りかえて、

東京都心まで帰る。


f:id:nozomutoka:20190831225711j:image

 

高崎駅の土産屋で、

「だるまサイダー」を購入した。

高崎はだるまが有名であり、

それに惹かれて購入したのだが、

製造者は、静岡県の会社だった。

少し残念だが、高崎市内?の神社で、

必勝祈願をしたものだそうなので、

有難く頂く。

味は、オーソドックスなソーダだったが、

美味しかった。

 

今回、初めて、

孤独のグルメ』の追っかけをやってみたが、

テレビで紹介されているだけあって、

そのお店の味は確かに美味しかった。

孤独のグルメ』では、ときどき地域ネタを

やるようなので、機会があったら、

また追っかけをやってみたいと思う。