遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

リニューアルした、大宮の鉄道博物館に行ってきた

私は今まで、大宮の鉄道博物館には

何度か行ったことがあるのだが、

近年、リニューアルオープンしてからは

1回も行ってなかった。

それで、せっかくなので行ってみようと思い、

リニューアル後の鉄道博物館に行ってきた。

 

f:id:nozomutoka:20190906074045j:image
f:id:nozomutoka:20190906074010j:image

 

まずは、JR埼京線で大宮駅へ向かう。

改札を出て、少し歩いて

ニューシャトルに乗り換える。


f:id:nozomutoka:20190906073950j:image
f:id:nozomutoka:20190906074025j:image

 

ニューシャトルに乗り、

大宮駅の次が鉄道博物館駅で、すぐ着く。

昔来たとき(約7年前)と違い、

駅名標が変わっている気がして、

その下の「The Railway Museum」の

銘板も前は無かったと思う。


f:id:nozomutoka:20190906073958j:image

 

鉄道博物館駅に到着。

この少しユニークな駅舎は、

JR東日本系の建築設計事務所

手がけたそうである。

 

この日は平日で、

開館のおよそ30分前に到着したが、

夏休み真っ盛りということもあり、

主に家族連れの人達が既に並び始めていた。

 

私は予約制の、SL運転シミュレータと、

リニューアルに伴って新たに登場した、

新幹線E5系シミュレータをやってみたかったので、

両方の予約が取れるのか、少し不安になった。

 

時間が経つにつれ、行列も増えていき、

開館時間になると、

ダッシュして入口に向かっていた。

 

まずは、1階にあるSLシミュレータ前で、

時間を予約する。こっちは余裕で取れた。

 

次はE5系シミュレータの予約である。

このシミュレータの予約には、

入口から少し離れた新館へ行かなければならない。

新館に着いたときには、開館直後にも関わらず、

E5系シミュレータ目当ての人達で、

行列が出来ていた。

私は並んだが、

順番が来たとき(開館30分後程度と思われる)

既に閉館近くの時間帯しか残っておらず、

私はこの日、午後に用事があったため、

やむなく、E5系シミュレータは断念した。

E5系シミュレータの人気、恐るべしである。

 

f:id:nozomutoka:20190906074459j:image

 

SLシミュレータまで時間があったので、

館内の車両ステーションを散策してみる。


f:id:nozomutoka:20190906074114j:image

 

1号機関車(重要文化財)。

日本で最初の鉄道が開業した際、

運用された機関車である。

子供向けのお話である「きかんしゃやえもん」

のモデルになったと聞いたことがある。


f:id:nozomutoka:20190906074434j:image

 

国鉄40系電車。

日本国有鉄道の前身である鉄道省が、

初めて導入した全長20m級の鋼製車両である。


f:id:nozomutoka:20190906074001j:image

 

 C57形蒸気機関車

「貴婦人」の愛称で知られる。

かつて、全国の優等列車の牽引に使用された。


f:id:nozomutoka:20190906074416j:image

 

EF55形電気機関車

ムーミン」の愛称で知られる。

最近まで稼働していた電気機関車で、

私もイベント運用時に写真を撮りに行った

ことがある。


f:id:nozomutoka:20190906074110j:image

 

EF58形電気機関車

鉄道ファンからは「ゴハチ」の愛称で知られる。


f:id:nozomutoka:20190906074042j:image

 

20系客車。

「走るホテル」とも評された寝台特急客車。


f:id:nozomutoka:20190906074431j:image

 

181系電車。

ルーツを辿れば、東海道新幹線開業前の

国鉄黄金時代を象徴する特急型電車。

「こだま形」とも呼ばれる。


f:id:nozomutoka:20190906074611j:image

 

455系電車。

都市部の直流区間と、地方の交流区間

直通して運行できるようにした急行型電車。


f:id:nozomutoka:20190906074107j:image

 

481系電車。

全国の特急網が地方へと拡大する中で、

交流電化区間への対応のため、新造された

特急型電車。


f:id:nozomutoka:20190906074030j:image

 

ED75電気機関車

特急列車から貨物列車まで

幅広く運用された電気機関車


f:id:nozomutoka:20190906074118j:image

 

EF66電気機関車

当初は、東海道山陽線高速貨物列車

として開発された電気機関車

後に寝台特急も牽引した。


f:id:nozomutoka:20190906074014j:image

 

200系新幹線電車。

東北上越新幹線開業用に新造された新幹線電車。

私が幼少期の頃は、よくこの新幹線に乗っていた。


f:id:nozomutoka:20190906074413j:image

 

101系電車。

いわゆる「新性能電車」は、この車両から

始まったと言われる電車。


f:id:nozomutoka:20190906074607j:image

 

 C51形蒸気機関車

戦前の主要区間の主力機関車として運用された。


f:id:nozomutoka:20190906074038j:image

 

0系新幹線電車。

言わずと知れた、最初の新幹線車両。

東海道山陽新幹線にて運用された。


f:id:nozomutoka:20190906074456j:image

 

E1系新幹線電車。

世界初のオール2階建て新幹線。

東北上越新幹線にて運用された。


f:id:nozomutoka:20190906074005j:image

 

183ランチトレイン。

かつて特急型電車として運用された183系の

車内を、休憩用として開放している。


f:id:nozomutoka:20190906074410j:image

 

400系新幹線電車。

在来線に乗り入れられる初めての新幹線車両。

東北山形新幹線にて運用された。


f:id:nozomutoka:20190906074438j:image

 

オハ31系客車。

日本初の鋼製客車。


f:id:nozomutoka:20190906074022j:image

 

455ランチトレイン。

この車両も休憩用に車内を開放されている。

 

車両ステーションを一通り見た後、

館内にあるレストランの、

ちょうど営業開始時間になったため、

2階にある「トレインレストラン日本食堂」

へ移動する。

日本食堂とは、現在新幹線や特急列車で

車内販売などを行っているNREの前身会社で、

当時は、食堂車の営業なども行っていた。

そのトレインレストラン日本食堂で、

いかにも食堂車らしいメニューを頂くことにする。


f:id:nozomutoka:20190906074423j:image
f:id:nozomutoka:20190906074035j:image
f:id:nozomutoka:20190906074503j:image

 

オーダーを済ませ、最初に前菜が出て来て、

食べ終えた頃にメインが出てくる。

今回注文したのが、「和牛すねハンバーグ」。

セットで税込2230円。

店内の雰囲気も、もちろん肝心の味も、

普段感じないような、少し高級な雰囲気が漂い、

十分満足であった。


f:id:nozomutoka:20190906074614j:image

 

セットで、食後にはアイスコーヒーを注文した。

食後の優雅なひとときを味わう。

 

f:id:nozomutoka:20190906074452j:image

 

レストランで会計を済ませた後、

SLシミュレータまで、まだ時間があったので、

再度、車両ステーションを見学。

写真は、1号御料車

皇室車両で重要文化財である。


f:id:nozomutoka:20190906074506j:image

 

続いて、2号御料車

これも皇室車両で重要文化財である。

 

時間になり、SLシミュレータに向かう。


f:id:nozomutoka:20190906074018j:image
f:id:nozomutoka:20190906074427j:image

 

約7年前に来た際も、

SLシミュレータを体験したが、

操作方法などすっかり忘れていたので、

今回も初級を選択した。

スタッフの方に、機器の操作方法を

丁寧に説明して頂き、勘を取り戻していった。

しかし、最後の駅で50mくらい、

オーバーランしてしまった。

SLの運転は、やっぱり難しい。

終了後、スタッフの方に記念写真を頼んで

撮って頂いた。


f:id:nozomutoka:20190906074103j:image

 

SLシミュレータの後、博物館を出る。

ちなみに博物館の前にも、展示されている

車両がある。

写真は、167系電車のレプリカ。

かつての修学旅行用列車「なかよし」である。


f:id:nozomutoka:20190906074420j:image
f:id:nozomutoka:20190906073954j:image

 

そして再び、ニューシャトル埼京線

乗り継いで、都心に帰ってきた。

 

今回、久しぶりに大宮の鉄道博物館に行ってみたが、

改めて行ってみると、施設の充実ぶりに圧倒された。

鉄道ファンはもとより、

かつての食堂車レストランで食事を楽しんだり、

運転シミュレータで鉄道の仕事を体験したり、

鉄道ファンでない人でも楽しめる、

鉄道のテーマパークであるように感じた。

 

今度は、E5系シミュレータにリベンジするためにも

また鉄道博物館に足を運びたいと思う。

 

※展示車両の説明には、一部ウィキペディアを参考にしました。