遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

『天気の子』を観てから、代々木周辺の聖地巡礼をする

(この記事には少しだけ、『天気の子』のネタバレを含みます)

 

以前、新海誠監督の『君の名は』を観た際、

そのストーリーや音楽、世界観に圧倒された。

なので今回、次作にあたる『天気の子』を

観るのも楽しみにしていた。

 

既に映画館で観た、私の友人の助言によると、

「梅雨が明ける前に観た方が良いかも」

とのことだったので、早速映画館で観てきた。

 

f:id:nozomutoka:20190924101554j:image

 

私は、涙腺は緩い方で、

実際観てみて、映画館でボロ泣きしてしまった。

『君の名は』と同じくらい、面白かったと思う。

 

ちなみに今回は、

新宿のTOHOシネマズで鑑賞したのだが、

作中でいくつか見知った風景がいくつか

出てきたので、そのまま聖地巡礼に直行する

ことにした。

 

f:id:nozomutoka:20190924101611j:image

 

新宿のTOHOシネマズにも近い、

作中で帆高と陽菜が初めて出会った、

マクドナルドである。

西武新宿駅の目の前にある。


f:id:nozomutoka:20190924101548j:image

 

続いて、帆高が陽菜を助けるために、

代々木の廃ビルに向かって走っていった、

新宿大ガードである。

これも、西武新宿駅のすぐ近くにある。

 

f:id:nozomutoka:20190924101608j:image
f:id:nozomutoka:20190924101545j:image

 

続いて、近くの新宿西口駅から、

都営大江戸線に乗り、都庁前駅経由で

代々木駅に向かう。

作中で、一番重要な聖地と言っても良い、

代々木の廃ビルに行くためである。


f:id:nozomutoka:20190924101539j:image
f:id:nozomutoka:20190924101614j:image
f:id:nozomutoka:20190924101557j:image
f:id:nozomutoka:20190924101718j:image
f:id:nozomutoka:20190924101551j:image

 

代々木駅に到着した。

駅のすぐ傍には、これも劇中に登場した、

NTTドコモ代々木ビルがある。

曇天の中、そびえ立つドコモビルは、

何となく、作中の雰囲気にマッチしている

気がした。


f:id:nozomutoka:20190924101542j:image

 

そして、JR代々木駅舎のすぐ傍には、

あの代々木の廃ビルがある。

正しくは代々木会館と言うらしく、

作中に出てきたビルそのまんまである。

ネットニュースによると、

既に取り壊しが決まっており、

中には入ることは出来なかった。

しかし、私と同じように、

この廃ビルを撮影している人も何人かいた。


f:id:nozomutoka:20190924101532j:image

 

作中の雰囲気に合わせて、

曇天の中そびえ立つ、廃ビルとドコモビルを

撮ってみた。

手前みそだが、この写真は結構気に入っている。

梅雨明け前に来て良かった〜。


f:id:nozomutoka:20190924101536j:image

 

代々木周辺の散策が終わった後、

都営大江戸線に乗り、帰路についた。

 

『天気の子』では、都内の描写が多かったが、

前作『君の名は』では、岐阜県の飛騨地方も

舞台となったり、アニメの聖地巡礼には、

一過性かもしれないが、まちおこしのきっかけに

なり得る可能性を秘めていると思う。

実際、今回の代々木散策も、

『天気の子』の世界観に浸っているようで、

とても楽しかった。

 

今後もこういった聖地巡礼を続けていきたいし、

実際の風景を舞台にした、アニメなどが

増えていけばいいな、と思う。