遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

日帰り普通列車で塩原御用邸天皇の間へ行く

私は最近、友人の影響で、

皇室関連の施設を巡ることが多くなってきた。

昔から日本史には興味があり、

日本史とは切り離せない、

長く続く皇室の足跡を辿っていくのは、

なかなか面白いと思っていた。

 

今回、栃木県の那須塩原市塩原温泉

かつて大正天皇の皇太子時代に利用された、

塩原御用邸の一部が

天皇の間記念公園」として移築保存されて

いることを知り、見学に行って来た。

 

f:id:nozomutoka:20190707190654j:image
f:id:nozomutoka:20190707190749j:image

 

今回の目的は、塩原御用邸にある、

天皇の間記念公園へ行くのが第一で、

温泉に入ることは考えていなかったため、

新幹線や特急は使わず、普通列車オンリーで

塩原温泉まで向かう。

まずは、湘南新宿ライン宇都宮駅へ。


f:id:nozomutoka:20190707190736j:image

 

宇都宮駅で黒磯行きに乗り換える。

昔、ディズニーランドなど舞浜を通る、

京葉線で使用されていた車両がやってきた。


f:id:nozomutoka:20190707190701j:image
f:id:nozomutoka:20190707190733j:image

 

40分ほどで西那須野駅に到着。

ここからバスに乗り換えて、塩原温泉に向かう。

ちなみに、新幹線も停車する、

お隣の那須塩原駅からも、塩原温泉行きの

バスが出ている。


f:id:nozomutoka:20190707190759j:image
f:id:nozomutoka:20190707190646j:image
f:id:nozomutoka:20190707190811j:image

 

1時間ほどで、塩原温泉バスターミナルに

到着する。

湘南新宿ラインに乗車した池袋駅から、

普通列車オンリーで、約3時間かかった。

次のバスまで、20分ほど時間があり、

せっかくなので、少し温泉街を散策する。

 

f:id:nozomutoka:20190707190807j:image

 

温泉街には、たくさんの温泉宿や

土産物店が連なっていた。

今回、土曜日に行ったが、

人通りが少なめだったのが少し残念だった。


f:id:nozomutoka:20190707190728j:image
f:id:nozomutoka:20190707190711j:image

 

箒川を渡る橋から、塩原渓谷を臨む。

自然が豊かで、いかにも温泉街らしい

雰囲気を醸し出して、いいなと思った。


f:id:nozomutoka:20190707190715j:image

 

あっという間に20分が過ぎ、

塩原温泉バスターミナルに戻り、

再びバスに乗車する。

今度は、塩原福渡バス停で下車する。


f:id:nozomutoka:20190707190704j:image

 

バス停から天皇の間記念公園へ10分ほど歩く。

途中から見える渓谷の景色も綺麗だった。


f:id:nozomutoka:20190707190802j:image

 

天皇の間記念公園に到着する。

入園料を支払い、中に入る。

実際に御用邸の中に入ることができ、

中には、実際の大正天皇御座所が公開されていた。

特に、内部の写真撮影NGという注意書きは

無かったので、御座所の写真も撮る。

ただ、念のため、ブログに載せるのは

控えます。


f:id:nozomutoka:20190707190708j:image

 

塩原福渡バス停に戻り、帰路につく。

今度は塩原温泉巡回バス「ゆ〜バス」に乗る。

せっかくなので、行きとは別ルートで

帰ってみたいと思う。


f:id:nozomutoka:20190707190754j:image
f:id:nozomutoka:20190707190741j:image

 

野岩鉄道上三依塩原温泉口駅に着く。

行きはJR線で来たので、

帰りは、野岩線と直通している東武線経由で

帰ることにする。

もちろん普通列車オンリーで。

 

ちなみに、この上三依塩原温泉口駅

塩原温泉へのアクセス口の一つなのだが

(ここからバスで20分くらいで塩原温泉)、

辺りは閑散としていて、この日

17時20分発の電車にこの駅から乗った乗客は

私一人であった。


f:id:nozomutoka:20190707190640j:image
f:id:nozomutoka:20190707190658j:image
f:id:nozomutoka:20190707190649j:image
f:id:nozomutoka:20190707190721j:image
f:id:nozomutoka:20190707190725j:image
f:id:nozomutoka:20190707190718j:image
f:id:nozomutoka:20190707190746j:image

 

上三依塩原温泉口駅から、

電車3本乗り継ぎ、3時間半くらいかけて、

やっと都心の浅草駅に到着した。

 

今回、日帰り普通列車オンリーで、

都心から塩原温泉まで往復したが、

同じ関東圏だから、余裕で行って帰って来れる

だろうと思っていた。

正直、舐めていた。

塩原温泉は、栃木県の北の方に位置し、

福島県に近く、都心からは結構遠い。

私は、目的が天皇の間記念公園だったので、

良かったが、現地でゆっくりするならば、

やっぱり新幹線や特急を使うのがおすすめである。

 

ちなみに運賃に限れば、

 

・JR線ルート 東京都区内〜西那須野 2590円

東武野岩線ルート 浅草〜上三依塩原温泉口

    2380円

 

と、所要時間は東武の方がかかるが、

運賃は安いことが分かった。

 

次回、塩原温泉に行くときは、

特急を使って、もっと時間に余裕をもって

行きたいと思う。