遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

福島県浪江町にB級グルメ「なみえ焼そば」を食べに行く

近年、全域避難指示が解除された、

福島県浪江町には、前から興味を持っていた。

浪江町役場前には仮設商店街がつくられ、

そこのお店で、B級グルメのなみえ焼そばを

食べてみたい、と前から思っていた。

 

今回、いわき市に住んでいる親戚の家に

行く機会があり、せっかくなので、

いわきから足を伸ばして浪江まで

行ってみることにした。

 

f:id:nozomutoka:20190610142716j:image

 

今回は、東京駅から高速バス「いわき号」で

いわき駅まで向かう。

片道3450円で所要時間は約3時間である。

電車の特急ひたち号だと所要時間は同じだが、

運賃が倍近くかかるので、

単純に考えると、バスの方がお得である。

 

いわき駅到着後、親戚の人に車で迎えてもらい、

家の近くの定食屋で夕食をとる。

 

f:id:nozomutoka:20190610142641j:image
f:id:nozomutoka:20190610142709j:image
f:id:nozomutoka:20190610142656j:image

 

前から思っていたことだが、

いわきで食べる海鮮は鮮度が良く、

本当に美味い。

 

この日は、親戚の家に泊めてもらう。


f:id:nozomutoka:20190610142737j:image

f:id:nozomutoka:20190610142739j:image

 

翌日、いわき駅から浪江に向けて出発する。

2019年現在、常磐線の富岡駅〜浪江駅間は、

代行バスによる運行となっているので、

まずは電車で富岡駅まで向かう。


f:id:nozomutoka:20190610142650j:image

 

いわき駅10時27分発の普通列車に乗る。

車両は昔、特急スーパーひたち号に

使われていたもので、これに乗ってみたかった。


f:id:nozomutoka:20190610142632j:image
f:id:nozomutoka:20190610142731j:image

 

30分ほどで富岡駅に到着。

駅前は、海に近く、少し肌寒かった。


f:id:nozomutoka:20190610142635j:image

 

富岡駅から常磐線代行バスに乗り、

浪江駅まで向かう。


f:id:nozomutoka:20190610142719j:image

 

30分ほどで浪江駅に到着。


f:id:nozomutoka:20190610142646j:image

 

ここからは、徒歩で仮設商店街まで行く。

街中の様子としては、写真では伝わりづらいが、

人がいる気配がまるで無かった。

 

浪江町では、全域避難指示は解除されたが、

町の大部分は帰宅困難区域に指定されている

ようで、町に戻ってきている人は少ないと、

聞いた。


f:id:nozomutoka:20190610142653j:image
f:id:nozomutoka:20190610142743j:image

 

駅から15分ほど歩いて、浪江町役場に到着。

役場の隣に仮設商店街「まち・なみ・まるしぇ」が、

ある。

 

f:id:nozomutoka:20190610142817j:image

 

この日は何か催し物が開かれていたみたいで、

商店街はとても賑わっていた。

早速、なみえ焼そばのお店に入る。


f:id:nozomutoka:20190610142700j:image

 

なみえ焼そば(大盛・750円)。

麺がうどん並みに太く、豚バラ肉も、

分厚く切られ、食べ応えがあり、とても美味しかった。

来た甲斐があった。

 

f:id:nozomutoka:20190610142734j:image

 

食べ終わった後、再び浪江駅まで戻る。

 

浪江駅前に、少し小洒落たカフェが

営業しているのを見つけた。

時間があったので、入ってみることにした。


f:id:nozomutoka:20190610142726j:image
f:id:nozomutoka:20190610142723j:image
f:id:nozomutoka:20190610142713j:image

 

アイスコーヒーと本日のケーキセットを注文。

2つで税込648円だった。

コーヒーはコクがあり、少しこだわっている

のかもしれない、と思った。

ケーキは少し小さかったが、美味しいケーキだった。


f:id:nozomutoka:20190610142704j:image

 

帰りはいわき駅まで戻り、

再び高速バスいわき号に乗って、都心まで帰った。

 

震災から8年が経ち、

今まで色々な被災地に行って来たが、

今回、浪江町に行ってみて、

復興というものは時間がかかるものということを、

改めて実感した。

 

また再び、東北の方にも足を運んでみたいと思う。