遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

蒲田の温泉に入り、羽根つき餃子ととんかつを食べに行く

(この記事は、2019年6月5日に行った際の出来事をまとめたものです)

 

最近、テレビ東京の有名なテレビ番組である、

アド街ック天国で東京都大田区蒲田が

紹介されたとき、現在蒲田にて

「羽根つき餃子」が熱いことを知った。

 

羽根つき餃子とは、要するに

羽根のように焼く際に、

皮がついた餃子のことみたいだが、

この番組を見て、少々蒲田のことが気になりだした。

 

前から、蒲田には天然温泉が古くから

出ており、温泉銭湯が点在していることは

知っており、

また、私の幼なじみの友人お墨付きの

とんかつ屋も蒲田にあることを知っていた。

 

なので、今回は「蒲田満喫の旅」をテーマとして、

温泉に入り、羽根つき餃子ととんかつを

食べて楽しむことにした。


f:id:nozomutoka:20190629013845j:image

f:id:nozomutoka:20190629013855j:image

 

まずは、東急池上線蒲田駅へ。

蒲田駅には池上線の他、東急多摩川線や、

JR京浜東北線も接続している。


f:id:nozomutoka:20190629013909j:image

 

蒲田駅から、京急線京急蒲田駅方面に歩き、

まずは羽根つき餃子を食べるため、

羽根つき餃子発祥と言われる、

「你好本店」へ向かう。

 

15分ほど歩いて、你好本店に到着。

羽根つき餃子5個とライスを注文する。


f:id:nozomutoka:20190629013848j:image

 

写真が注文した羽根つき餃子である。

羽根の部分はパリパリで、

肝心の餃子は皮が厚めでモチモチとしており、

具はジューシーで美味しかった。

ただ、具が少しだけ味が薄い気がしたので、

濃いめに醤油に付ければ丁度良くなると思う。

ごちそうさまでした!

 

続いて、温泉に入るために、街中を歩く。

 

f:id:nozomutoka:20190629013913j:image
f:id:nozomutoka:20190629013906j:image 

 

先ほどの你好本店から約20ほど歩いて、

蒲田温泉に到着。

 

館内の券売機で、日帰り入浴セット(750円)

を購入したが、風呂場にシャンプーとリンスは

据え付けられていた。

 

温泉は首都圏の温泉特有なのか、黒湯で、

ぬるめ湯(45℃)と、熱め湯(47℃)があった。

とても気持ち良かったが、ぬるめ湯でも45℃

だったので、長湯はしづらかった。

けど、良いお湯でした〜


f:id:nozomutoka:20190629013921j:image

 

蒲田温泉を後にし、蒲田駅まで戻る。

この駅で友人と待ち合わせになっているので、

その時間まで、スタバでひとやすみ。

 

その後、友人と合流して、とんかつ屋「丸一」へ。


f:id:nozomutoka:20190629013859j:image

 

店自体は、17時から営業しているが、

18時頃行ったら、既に行列が出来ていた。

しかし、この日は回転が早かったようで、

30分くらいで席に座ることが出来た。


f:id:nozomutoka:20190629013917j:image

 

席に着いてから、20分ほどで料理が到着。

上ロースかつ定食(18時の時点でラスト2つ)

を注文した。

 

f:id:nozomutoka:20190629021849j:image

 

写真では伝わらないが、

ここのとんかつは普通のとんかつではない。

まず、肉がとても柔らかく、

噛めば噛むほど、今まで食べたことのないような

旨味が口の中に溢れてくる。

また脂身も同様で、旨味がしっかりしている。

後でこのお店常連の友人に聞いたところ、

無菌豚を使用しているらしい。

 

上ロースかつ定食、2400円。

ごちそうさまでした!


f:id:nozomutoka:20190629013852j:image
f:id:nozomutoka:20190629013902j:image

 

帰りは、京急蒲田駅から京急線経由で帰った。

 

今回、初めて蒲田の街を散策してみたが、

街の魅力を再発見、といった感じで、

なかなか面白かった。

これからも、こういう旅を続けていきたいと思う。