遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

奥武蔵の名山、伊豆ヶ岳に登る

(この記事は2019年5月23日に行ったときのことをまとめたものです)

 

先日、山梨県三つ峠山にハイキングに行き、

登山の面白さに気づいたこともあって、

再度、手頃な距離にある山にハイキングに

行きたくなった。

 

そこで、西武秩父線沿線の奥武蔵地域にある、

「伊豆ヶ岳」が思いついた。

埼玉県にある山なのに、何故「伊豆」なのか、

前から気になっていた山なのだが、

調べてみると、快晴の日に山頂から

静岡県伊豆半島まで見渡せる、という

一説があるらしい。

 

ネット上でハイキングコースを調べてみると、

「上級者向け」という記事があり、

多少の不安はあったが、手頃な距離感ということで、

チャレンジしてみることにした

(この安易な発想が後で後悔を生むことになる)。

 

f:id:nozomutoka:20190705142308j:image

f:id:nozomutoka:20190705142255j:image

 

まずは、毎度お馴染みの西武池袋線で、

終点の飯能駅へ。


f:id:nozomutoka:20190705142235j:image

 

この駅で、西武秩父線に乗り換える。

途中の正丸駅まで向かう。


f:id:nozomutoka:20190705142330j:image
f:id:nozomutoka:20190705142342j:image

 

飯能駅から約40分くらいで正丸駅に到着。

今回は、「正丸駅〜正丸峠〜小高山〜伊豆ヶ岳

〜天目指峠〜子ノ権現〜吾野駅」という

ルートを選んだ。

所要予定時間は6時間という長丁場である。


f:id:nozomutoka:20190705142353j:image

 

正丸駅裏手の道から、

しばらく集落の間にある舗装された道を通り、

山の中に入っていく。

最初の方は、それほど勾配をキツくない。

しかし、正丸峠近くになると、

かなり勾配がキツくなり、

普段運動不足のせいもあるが、

正丸峠で引き返すことを考えてしまった。


f:id:nozomutoka:20190705142250j:image

 

正丸駅から1時間半ほどで、正丸峠に到着。

ここにあったベンチで少し休憩。


f:id:nozomutoka:20190705142334j:image

 

正丸峠からの景色が綺麗だったので、記念に一枚。

少し悩んだが、せっかくここまで来たので

伊豆ヶ岳に登りたくなり、先に進むことにする。


f:id:nozomutoka:20190705142357j:image
f:id:nozomutoka:20190705142245j:image

 

その後も、比較的急なアップダウンを繰り返し、

小高山頂に到着。ここでも休憩。

勾配はキツかったが、山頂からの風景は綺麗だった。

 

f:id:nozomutoka:20190705142239j:image
f:id:nozomutoka:20190705142229j:image

 

正丸峠から1時間くらいか、

やっと伊豆ヶ岳の山頂に到着する。

静岡の伊豆半島まで見渡せるかは分からなかったが、

山頂からの景色は、とても綺麗だった。

 

少し休憩して、次の経由地である、

天目指峠を目指す。

このとき、少し危ない目に遭った。

天目指峠までの道の途中で、

どっちがハイキングコースなのか

分からない地点があった。

こっちかな、と思い進んでみると、

どうも明らかに道ではなく、

ハイキングコースを逸れてしまったことに気づいた。

少し進むと、たまたま元のハイキングコースに

合流することができ、事なきを得たが、

危うく遭難するところであった。


f:id:nozomutoka:20190705142222j:image

 

伊豆ヶ岳山頂から1時間くらいで、

やっと天目指峠に到着。

ここでも少し休憩。


f:id:nozomutoka:20190705142338j:image

 

休憩の後、今度は子ノ権現を目指す。

相変わらず、アップダウンは急であったが、

途中からの垣間見える景色は、どれも綺麗だった。


f:id:nozomutoka:20190705142345j:image
f:id:nozomutoka:20190705142321j:image
f:id:nozomutoka:20190705142317j:image

 

天目指峠から1時間ほど歩いて、

子ノ権現天龍寺に到着する。

足腰守護のお寺として有名なようで、

漫画「ヤマノススメ」にも登場したらしい。

せっかくなので、お参りする。


f:id:nozomutoka:20190705142349j:image

 

子ノ権現近くのベンチには自販機があり、

ペプシコーラを買ってひとやすみ。

ちなみに1本200円だった。

 

少し休んだら、

西武秩父線吾野駅に向けて、

下山を始める。

子ノ権現を過ぎると、それほど急な勾配道は無く、

途中から吾野駅まで舗装された道だった。


f:id:nozomutoka:20190705142259j:image

 

子ノ権現から1時間くらいで、

今回のハイキングの終点である吾野駅に到着。

疲れた〜

 

f:id:nozomutoka:20190705142304j:image
f:id:nozomutoka:20190705142311j:image
f:id:nozomutoka:20190705142326j:image

 

吾野駅から、西武秩父線西武池袋線

乗り継いで、無事帰宅した。

 

今回のハイキングの教訓は、

初心者が安易な気持ちで上級者向けの山に

挑戦しないことである。

この登山で、私が1回道を逸れてしまったように、

登山には危険も付きまとう。  

 

今度からは、また初心者コースから

少しずつ慣らしていき、またいつか、

登山に挑戦しようと思ったのだった。