遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

日帰りで新緑の山寺を歩きに行く

(この記事は2019年5月18日に行ったときのことをまとめたものです)

 

私のスマホのメモ帳には、

国内外の「行きたいところリスト」を

長年リストアップしてあるのだが、

そのリストに長い間メモされ、

なかなか行く機会が無く、流れていたところの

一つが、山形県にある有名な山寺であった。

 

そんな中、偶然機会があり、

東京〜福島間の新幹線回数券を1枚だけ手に入れた。

福島周辺の温泉地に行くことも考えたのだが、

せっかくなら、長年行きたかったところに

足を伸ばして行ってみようと思い、

(やっと)山寺に行くことにした。

 

f:id:nozomutoka:20190709160409j:image

 

当日、午前中の東北新幹線やまびこ号自由席に

東京駅から乗る。

今回、乗車したのは土曜日だったが、

GWも過ぎていたこともあり、

始発の東京駅からなら、余裕で自由席に座れた。


f:id:nozomutoka:20190709160340j:image

 

約1時間半ほどで福島駅に到着。

使用した回数券が福島駅までなので、

この駅で新幹線から在来線に乗り換える。


f:id:nozomutoka:20190709160330j:image

 

福島駅から東北本線、仙台駅経由、仙山線

と乗り換えて、山寺駅まで向かう。

ちなみに、福島駅から山寺駅へは、

山形線に乗り山形駅経由で行くルートもあるが、

福島駅〜米沢駅間の普通列車の本数が

極端に少なかったため、やめた。

 

写真は、乗車した快速仙台シティラビット号。

福島〜仙台間を約1時間15分で結ぶ快速電車である。


f:id:nozomutoka:20190709160426j:image
f:id:nozomutoka:20190709160438j:image

 

仙台駅に到着後、仙山線に乗り換える。

車内は、ほぼ全ての席が埋まるくらい

混雑していたが、列車が仙台近郊を過ぎていくと、

次第に空いていった。

 

f:id:nozomutoka:20190709160419j:image
f:id:nozomutoka:20190709160401j:image
f:id:nozomutoka:20190709160323j:image

 

仙台駅から普通列車で約1時間後、

山形県山形市にある、山寺駅に到着する。

駅のすぐ目の前には、山寺のある山がそびえ立つ。

意外と大きい山で、

これからあの山に登れるのかと少し不安になる。

ちなみに、私は利用しなかったが、

山寺駅舎には、山寺を見渡す見晴らし台が

設けられている。


f:id:nozomutoka:20190709160505j:image

 

山寺駅から15分ほど歩いて、山寺の根本中堂に到着。

山寺は、正しくは宝珠山立石寺と称し、

860年創建と伝わる。


f:id:nozomutoka:20190709160442j:image

 

山寺はまた、松尾芭蕉の俳句である

「閑さや 巖にしみ入る 蝉の音」でも有名で、

境内には、松尾芭蕉銅像があった。


f:id:nozomutoka:20190709160357j:image

 

それでは、入山料300円を支払い、登り始める。


f:id:nozomutoka:20190709160447j:image

 

山寺の登り道は、全て階段で、

登山とは違い、全体的に登りやすい。

しかし、私は最近の山梨三つ峠ハイキングで

体が慣れていたようで、

比較的スイスイと登ってしまったが、

周りを見ると、普段あまり運動してない人が多いのか、

息切れしながら登っている人が多かった。


f:id:nozomutoka:20190709160327j:image

 

登っている途中で撮影した「せみ塚」。

松尾芭蕉は、この場所で先ほどの句を詠んだらしい。


f:id:nozomutoka:20190709160422j:image

 

かなりハイペースで登り、

登り始めてから約30分で仁王門到着。

ここまで来ると、奥之院は近い。


f:id:nozomutoka:20190709160347j:image

 

仁王門そばにあった、最上義光公御霊屋。

戦国時代から江戸時代初期の大名で、

この周辺であった出羽山形藩の初代藩主だった

人である。

 

f:id:nozomutoka:20190709160455j:image

 

仁王門から更に少し登って、奥之院到着。

引き返して、今度は開山堂に向かう。


f:id:nozomutoka:20190709160415j:image

 

奥之院〜開山堂の途中の道にあった、山寺記念殿。

これは、大正天皇の皇太子時代に訪れ、

休憩された場所を、当時のまま保存してあるという。

その場の説明書きによると、

皇太子時代の大正天皇が訪れたことがきっかけで、

山寺が行楽地として知られるようになったという。

 

f:id:nozomutoka:20190709160350j:image

 

有名な、山寺らしい景色が見えてきた。

記念に一枚。


f:id:nozomutoka:20190709160429j:image

 

開山堂に到着。

左の建物が開山堂で、右が五大堂である。


f:id:nozomutoka:20190709160451j:image

 

開山堂付近から、山寺駅周辺を俯瞰する。

ここからの景色は、とても綺麗だったので、

撮らない訳にはいかない。

 

この写真を撮った後、また少しペース早めで

30分くらいで下山。

ちなみに、普通のペースで下から奥之院までの

往復には、2時間くらいみておいた方が

良いみたい。


f:id:nozomutoka:20190709160434j:image

 

下山後、周辺の茶店で、

さくらんぼソフトクリームを食べる。

テレビ番組の「マツコの知らない世界」で

紹介されていたもので、

ここに来て食べたかったものである。

さくらんぼの酸味がスッキリとした味わいで

美味しかった。


f:id:nozomutoka:20190709160405j:image
f:id:nozomutoka:20190709160458j:image

 

山寺駅に戻る。

仙山線は、それほど本数が多い路線ではないので、

山寺駅に戻ってから、電車に乗るまで

約1時間待った。


f:id:nozomutoka:20190709160344j:image

 

仙台駅に戻り、

行きと同じ新幹線やまびこ号に乗って、東京に帰る。

はやぶさ号の方が早いが、はやぶさ号は

全車指定席で、少しでも節約の意味を込めて、

やまびこ号の自由席で帰宅。


f:id:nozomutoka:20190709160353j:image
f:id:nozomutoka:20190709160501j:image

 

節約と言っても、

やっぱりその地の名物は食べたい。

せっかく仙台を経由したので、

網焼き牛たん弁当(税込1050円)を購入。

牛たんの薄さが少し気になってしまったが、

味は炭火でちゃんと焼かれたのか、香ばしく、

ご飯が次々と進む一品であった。

 

今回、山寺に登って、

帰宅後の筋肉痛が少し気になったが、

それほどでもなかった。

もし、山寺を楽に登ってみたいなら、

日頃の運動が意外と大事なのかもしれない。