遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

スカイツリートレインで行く忘年会列車2018

近年、日本各地の鉄道会社で、

観光列車を走らせることがブームみたいだが、

東武鉄道でも、スカイツリーの完成と

ほぼ同時に「スカイツリートレイン」という

観光列車を、かつては定期運用で走らせていた。

 

現在では、定期運用はなくなり、

多客期や団体などの臨時運用のみに

なってしまったが、

鉄道マニアの自分としては、

前々から乗ってみたいな、と思っていた。

 

そんな中、ネット経由で、

そのスカイツリートレインを使用した、

団体扱いの忘年会列車が運転されることを知り、

早速、東武鉄道系列の旅行会社である、

東武トップツアーズにて申し込んだ。

 

出発日が近づいてくると、

旅行会社からの具体的な案内が郵送で届いた。

 

f:id:nozomutoka:20190417133401j:image

f:id:nozomutoka:20190417133348j:image

 

東武スカイツリーライン北千住駅改札前に、

16:30頃集合とあったので、

まずは北千住駅へ。

自分はせっかちなので、16:00頃には

北千住駅に着いてしまったが、

集合場所に行ってみると、既に受付開始していた。

 

受付を済ませ、スタッフの方から、

ワッペンや乗車する席の案内、そして

ビールとチューハイ1本ずつ、

おつまみ弁当(いずれもツアー代金込み)

を受け取る。

 

案内によると、

17:00頃に列車は出発するらしい。

 

時間が近づき、

北千住駅の特急ホームに移動し、

電車に乗り込む。


f:id:nozomutoka:20190417133337j:image

 

乗り込んだら、すぐに発車し、

スタッフの方のアナウンスで乾杯。

ちなみに自分は、お酒弱いので、

今回もらったお酒は全て飲まずに

持ち帰った。


f:id:nozomutoka:20190417133410j:image

 

車窓からは、綺麗な日の入りの車窓を

観ることが出来た。

新越谷付近だったか、

「富士山が観える」とアナウンスがあった。

実際、遠巻きに富士山のシルエットが見えたが、

写真は撮り損ねてしまった。残念。


f:id:nozomutoka:20190417133301j:image
f:id:nozomutoka:20190417133332j:image

 

出発前に配られた、おつまみ弁当。

中身は、オーソドックスなもので、

一般的な市販のお弁当といった感じであった。


f:id:nozomutoka:20190417133406j:image

 

約30分ほどで、東武伊勢崎線加須駅に到着。

この駅では1時間ほど停車。

せっかくなので、今まで乗ってみたかった、

スカイツリートレインを一枚。

JR九州のような観光列車と比べてしまうと、

少し見劣りしてしまうかもしれないが、

車内では空が見えるよう展望窓が設けられ、

窓に面して据えられた座席もある。

 

なお、スカイツリートレインの記念乗車証を

車内であちこち置かれているかと思い、

探してみたが、見つからなかった。

この団体列車では配布はないようである。


f:id:nozomutoka:20190417133416j:image

 

加須駅のコンコースでは、

地元の名産品が販売されていると

アナウンスがあったので行ってみる。


f:id:nozomutoka:20190417133353j:image

 

まずは、甘酒のサービス(無料)。

温まりました。


f:id:nozomutoka:20190417133308j:image

 

加須の名産品である、加須うどん。

私は幸いに購入することが出来たが、

見ていたところ、どんどん売れ、

完売になるのが早かった。


f:id:nozomutoka:20190417133342j:image

 

続いて、加須市に店を構える唐揚げ屋である、

「鶏笑」の鶏皮揚げを購入。

サクサクで美味かったが、量が少し多く、

鶏皮揚げだけを1人で食べていたら、

少し重いかもしれない。

おつまみ向けである

(お酒を飲む忘年会列車だから当たり前か)。

この他にも、鶏もも唐揚げも販売していた。

 

f:id:nozomutoka:20190417133305j:image

 

最後に、加須市の地酒である、

「加須の鯉のぼり」。

この他にも、数種類の地酒を販売していた。


f:id:nozomutoka:20190417133619j:image

 

物販も終わり、

加須駅を再び北千住方面に向けて出発すると、帰りの分のビールとチューハイが1本ずつ、

配布された。これもツアー代金込みである。

 

ちなみに、今回のツアーでは、

予めお酒やおつまみ持ち込み可であった。


f:id:nozomutoka:20190417133322j:image

 

帰路では、加須市からのサービスということで

小魚の佃煮「彩のうろこ」をもらった。

食べてみたら、味に深みがあり、

これはなかなか美味しかった。


f:id:nozomutoka:20190417133614j:image

 

北千住駅を出発して2時間ほどで、

往復して戻ってきて、下車後解散となった。

東武線に乗って、帰宅する。


f:id:nozomutoka:20190417133325j:image

 

帰宅後、戦利品を並べてみる。

今回のツアーの参加者は、

ほとんど満席であり、若い人は少なめで、

中高年の方が多めであった。

また、私のような鉄道ファンも散見された。


f:id:nozomutoka:20190417133357j:image

 

そして、お土産の加須うどんを茹でて、

食べてみた。加須うどんは、

コシが強めなことで有名なようだが、

実際に強く、食べ応えのあるうどんだった。

 

2時間くらいの短時間ツアーであったが、

これだけお酒やおつまみが出て、

大人1人5400円であった。

これが高いか安いかは、人によって

別れると思うが、私としては、

念願のスカイツリートレインに乗れ、

加須の名産品も買えて、十分満足な旅であった。