遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

長崎で思案橋の海鮮居酒屋と、新地中華街の長崎ちゃんぽんを食べる

今回、所用で長崎に行く機会を得た。

しかし、朝早くに羽田を出発する飛行機を

予約してしまったために、

前日に京急電鉄平和島駅近くにある、

温浴施設で前泊することにした。

 

f:id:nozomutoka:20190416085250j:image
f:id:nozomutoka:20190416085522j:image

 

平和島駅から徒歩で15分くらいの所にある、

京急グループ温浴施設「天然温泉 平和島

である。

健康ランドのような施設だが、

深夜料金を払えば、泊まることもできる。

 

館内は、落ち着いた雰囲気で、

リクライニングチェアが並んだ部屋で休んだ。

一部はテレビも付いたチェアもあった。

私は寝付きが悪い方で、残念ながら、

一睡も出来なかったが、他の客は、

リラックスしながら寝ている客が多く、

手軽に利用するにはおすすめではないかと思う。


f:id:nozomutoka:20190416085445j:image
f:id:nozomutoka:20190416085433j:image

 

翌日、始発の京急線羽田空港に向かう。

車内は、飛行機に乗ると思われる客で、

混んでいた。


f:id:nozomutoka:20190416085255j:image

 

羽田空港第1ターミナルから、

今回はJALの便で、長崎まで翔ぶ。

機内はほぼ全ての座席が埋まっていた。


f:id:nozomutoka:20190416085335j:image

 

幸いにも、窓際の席に座ることが出来た。

いつ見ても、飛行機からの景色は絶景である。


f:id:nozomutoka:20190416090245j:image

 

機内のドリンクサービスでは、

せっかくなので、JALオリジナルの

キウイジュースにした。

味は正直普通だったが、

サービスの飲みものを飲みながら、

空の旅というのも、優雅で楽しい。


f:id:nozomutoka:20190416085245j:image

 

羽田から約1時間半で長崎空港に到着。

空港リムジンバスに乗り換える。


f:id:nozomutoka:20190416085545j:image

 

長崎空港から約45分ほどで、長崎駅に到着。

まずは、用事を済ませに行く。


f:id:nozomutoka:20190416085556j:image

 

用事の途中で、地元おすすめの、

長崎ちゃんぽんを食べる。

長崎で有名な眼鏡橋近くにある、

「共楽園」というお店である。

ラードのコクがすごく、

かつ後味はあっさりで、

東京のチェーン店で食べる長崎ちゃんぽんとは

全然違い、美味しかった。


f:id:nozomutoka:20190416090031j:image

 

食後、付近の眼鏡橋を記念に一枚。

ここに来て、写真を撮るのは2度目である。


f:id:nozomutoka:20190416085339j:image

 

夕刻になり、用事が終わった後、

せっかくなので、前回長崎に来たときには

行けなかった稲佐山の夜景を

見に行くことにした。

路面電車に乗り、宝町停留所まで行く。


f:id:nozomutoka:20190416085528j:image

f:id:nozomutoka:20190416085539j:image 

 

宝町停留所から15分くらい歩き、

稲佐山の麓にある、

ロープウェイ乗り場まで行く。

ところが、山頂まで行くロープウェイが、

整備で運休だった。

稲佐山の山頂までは、

他にバスで行くという手もあったが、

寝不足で疲れていたので、

夜景は断念して、宿に一旦戻ることにした。


f:id:nozomutoka:20190416090251j:image

 

その前に、せっかく来たので、

麓の神社でお参りをする。

「淵神社」と言うらしい。


f:id:nozomutoka:20190416085325j:image

 

ホテルでひとやすみした後、

所用の同行者と夕食を食べに行くために、

再び路面電車に乗る。

行き先は、長崎市の繁華街と言われる、

思案橋


f:id:nozomutoka:20190416085551j:image

 

大通りから逸れて、思案橋横丁に入る。

ここには、飲み屋がたくさんあり、

古き良き時代の雰囲気を感じた。


f:id:nozomutoka:20190416085239j:image

 

お店の名前は忘れてしまったが、

海鮮系の居酒屋に入り、

まずはイカ刺しを注文。

ものすごく新鮮で、東京の安い居酒屋や、

回転寿司で食べるイカの刺身とは全然違った。


f:id:nozomutoka:20190416085451j:image

 

続いて、どんどん注文する。

写真は、刺身盛り合わせ。


f:id:nozomutoka:20190416090240j:image

 

さつま揚げ。


f:id:nozomutoka:20190416085429j:image

 

店員さんオススメの麻婆豆腐。


f:id:nozomutoka:20190416085502j:image

 

これも、店員さんオススメのさんま塩焼き。


f:id:nozomutoka:20190416085507j:image

 

最後に、先程のイカ刺しのゲソを、

天ぷらにしてもらった。

どの料理も本当に美味しく、

やはり鮮度が違った。

特にイカ刺しは、また食べたいかもしれない。


f:id:nozomutoka:20190416085517j:image

 

翌日、夕方発の東京に戻る飛行機まで

時間があったので、少し長崎市内を観光する。

長崎新地中華街にやって来た。

ちなみに、ここに来るのも2度目だが、

前回来たときは夜だった。

今回は、朝10時前にやってきた。

未だ開店前の店が多いにも関わらず、

中国系の団体客の方達が多く、

記念撮影している様子が印象的だった。


f:id:nozomutoka:20190416085440j:image

 

新地中華街でも

長崎ちゃんぽんを食べるために、

「春夏秋冬」というお店に入る。

このお店の長崎ちゃんぽんは、

全体的にこってり目で、

前日に食べた共楽園のちゃんぽんとは、

違った味だった。

こってり味が好きな自分としては、

こっちの方が好みかも。


f:id:nozomutoka:20190416085534j:image

 

その後、適当に時間をつぶし、

路面電車長崎駅まで戻る。


f:id:nozomutoka:20190416085234j:image

 

リムジンバスに乗り空港へ。


f:id:nozomutoka:20190416085510j:image

 

お土産を買って、チェックインを済ませ、

搭乗口前の売店で、これも名物の

長崎角煮まんを食べる。

豚の角煮が肉厚で、かつホロホロと柔らかく、

とても美味しかった。


f:id:nozomutoka:20190416085455j:image

 

そして、飛行機に乗る。

帰りもJALである。


f:id:nozomutoka:20190416085330j:image

 

お土産は、九州限定と言われる、

レモンサワーにした。

 

今回長崎に行く際には、

出発する数ヶ月前にオリオンツアーの、

往復飛行機と宿代がセットになった、

フリープランのツアーを利用した。

これで、30000円しなかった。

宿も特に訳ありそうなところではなく、

非常にお得なプランだったと思う。

 

やはり、遠方に行く際には、

かなり前からツアーを予約する方がお得だなと

改めて実感した旅だった。