遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

スカイツリーで浅草まで歩いて、神谷バーでデンキブランを飲む

前回の三軒茶屋に引き続き、

所用で、スカイツリー~浅草までを、

歩いてみる機会を得た。

今回は、その記録である。

 

 

 

まずは、半蔵門線押上駅へ。

ここから、浅草まで歩き始める。

 

 

押上駅を出て、スカイツリーを眺める。

さすがに、でかい。

 

 

押上駅からは、

スカイツリータウンの側を流れる、

北十間川」に沿って歩く。

スカイツリータウンの近くは

綺麗に整備されているが、

少し離れると、

写真のような少し下町のような雰囲気が漂う。

 

 

 

途中、隅田公園に寄り、

牛嶋神社」でお参りをする。

由緒によると、本所の総鎮守らしい。

 

 

そして、牛嶋神社の「撫牛」。

この撫牛の、

どこか自身の体の悪い部分を撫でると

快癒するといわれているらしい。

ちなみに自分は、頭の部分を撫でた。

 

 

隅田公園を出て、隅田川の近くへ。

水面がキラキラと反射して綺麗だった。

 

 

隅田川沿いには勝海舟銅像があった。

写真に収めたが、

何故この場所に勝海舟銅像が建てられているのか、

銘板には書かれていなかった。

 

 

吾妻橋を渡って、浅草側へ。

 

 

吾妻橋から、スカイツリーを眺める。

この近辺には、多数の人が写真を撮っており、

海外の方も多かった。

 

 

東武鉄道浅草駅。

アールデコ調の建物が良い感じだが、

最近つくられたのか、

建物上部の、LED広告板が、

雰囲気を少し壊している気がしなくもない。

 

 

浅草寺雷門。

ここは土日になると、本当に人が多い。

 

 

仲見世へと進む。

相変わらず人が多い。

なかなか、前に進めなかった。

 

 

浅草寺宝蔵門。

この辺りになってくると、

人も混み混みではなくなってくる。

 

 

 

ちなみに同行者は、

おみくじを引いて、「凶」を当てていた。

 

自分も数年前、

浅草寺のおみくじで「凶」を当てたことがあり、

そのときは、

腹が立っておみくじをトイレに流した。

そうしたら、

その後、その年は嫌なことがたくさんあった。

当たり前だが、

おみくじをトイレに流すことはやめた方が良い。

 

 

周辺を少しぶらつく。

写真は、飲み屋街が連なる「浅草ホッピー通り」。

どの店も、とても賑わっていた。

いつか自分も、また来たいと思った。

 

 

 

 

そして、今回の〆は、

神谷バーデンキブランである。

少し飲んでみたが、

アルコール度数が強すぎて、

舐めただけで、舌がビリビリした。

 

ちなみに神谷バーは、

ウィキペディアによると、

日本最初のバーらしい。

 

1階のバーは満席だったので、

2階のレストランでデンキブランを注文した。

 

店員さんがとても忙しそうだったのが印象的だった。

 

今回、スカイツリーから浅草まで歩いてみて、

意外と距離があるなと思い、

日頃の運動不足もあり、少し疲れてしまった。

スカイツリーも浅草もすっかり観光地であり、

その間にあった隅田公園が、

周辺の居住者の憩いの場に

なっていたことが印象的であった。