遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

マサラタウンのモデル地(?)である久里浜に行ってきた

私のyoutubeチャンネルで、

半ば常連となっているサムくんから、

ポケモンの舞台である街で撮影をしよう」

と、提案があった。

 

調べてみると、

ポケモンのゲーム内の舞台である、

カントー地方マサラタウンのモデル地は、

神奈川県横須賀市久里浜

という説が出てきた。

 

立地的にも撮影しやすいということで、

サムくんと2人、久里浜に赴いた。

 

 

 

久里浜には、京急を使って行った。

川崎から大体、40分くらいで到着した。

 

 

 

久里浜の海岸に向かう前に、

お昼を食べる場所を探すために、

商店街「黒船仲通り」を散策。

 

久里浜に行った日は平日だったが、

結構、人がいた。

 

 

商店街内にある、

三崎まぐろ直送のお店で、

昼食を摂ることにした。

 

 

 

まぐろブツ丼(680円)。

ブツ切りまぐろだけあって、

まぐろは食べ応えがあり、美味しかった。

 

三崎港周辺のお店で、

まぐろ料理を食べたこともあったが、

そこで食べるよりはるかに安い気がした。

 

 

駅から30分くらい歩いて、

ペリー公園の近くにある海岸に到着。

撮影を始める前に、

近くのペリー記念館を見学する。

 

 

これは、「ペリー上陸記念碑」。

ペリーが同じ横須賀市である浦賀

来航したのは知っていたが、

上陸したのが久里浜であったことは忘れていた。

昔、日本史の教科書で少しだけやった気がする。

 

 

ちなみに、

この記念碑の周辺はきちんと整備されていて、

まるで、何かの聖地のような感じであった。

 

 

 

ペリー記念館に入ってみる。

入場無料で、

入館時に名前と住所を記帳する。

 

 

 

室内には、ペリーに関する資料や、

ペリー来航時の様子を描いた絵画、

文章などが展示されていた。

黒船の模型も展示されていた。

 

 

館内ではペリーサイダー(150円)が

販売されていたので、購入。

すっきりとした味わいで美味しかったが、

裏面のラベルを見ると、

製造者は静岡県の会社であった。

 

 

という訳で、海外に戻り、

サムくんとの間で寸劇を撮影した。

 

 

撮影が終わり、帰路についた。

サムくんとは横浜で別れ、解散した。

 

今回、マサラタウンのモデル地と

いうことで久里浜に行って来たが、

ゲームの中のマサラタウンは、

本当に何も無い街といった印象であったが、

久里浜は、海岸付近はゲーム内と似ていたかも知れないが、

駅前は結構都会で、少し違うところもあるのかな、と思った。

 

また、ポケモンのモデルになった街を散策するのも、

面白そうだと思った。