遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

大須商店街で食べ歩き

前回のブログで書いた、

未来クリエイター秀吉号は、

お昼前に解散となった。

 

都心に帰る高速バスの時間が、

名古屋駅17:00発であったので、

それまで何するか少し考えた後、

大須商店街で食べ歩きをすることにした。

 

前に、youtubeにて、

大須商店街で食べ歩きをする動画を観て、

前から少し興味を持っていた。

 

 

 

 

 

名古屋駅から地下鉄東山線に乗り、

伏見駅鶴舞線に乗り換えて、

大須観音駅で下車する。

 

 

 

せっかくなので、大須商店街に隣接する、

大須観音でお参りすることにした。

 

前に別のyoutubeを観て、

詳しい由緒等は分からないが、

この大須観音も有名であることは知っていた。

 

境内では、観光客とみられる人達が、

たくさん写真を撮っていた。

 

 

 

大須観音のすぐ傍から、

大須商店街に入れる。

 

提灯を模した「大須」の文字が目を引いた。

 

 

 

この大須商店街に行った日は、

日曜日の午後であったが、

大混雑と言うほど混んではいなかった。

 

しかし、ざっと見た感じ、

地元の方というよりかは、

海外の人も含めた観光客が多いように感じた。

 

 

食べ歩き第一弾は、唐揚げにした。

李さんの台湾唐揚げ(500円)。

辛さは5段階から選べて、

「少し辛い」を選択した。

そんなに辛くなかったが、

スパイスからシナモン系の香りがして、

とてもジューシーで美味しかった。

これはまた食べたい。

 

 

「ふれあい広場」までやって来た。

広場の中央に、

まねきねこが据えてあったので、撮影。

ふれあい広場では、歌手のような方が、

催し物をやっていた。

ウィキペディアによると、

大須商店街では、

催し物が多いことでも有名らしい。

 

 

第二弾は、トルコケバブ(500円)。

野菜がシャクシャクとしていて、

甘辛いチキンと絡んで、これも美味しかった。

 

 

別の大須商店街の入口を撮影。

気のせいかも知れないが、

この大須商店街の入口のデザインや、

提灯を模した「大須」の看板からは、

東京でも大阪でもない、

名古屋独特の文化を感じた。

 

 

最後は、タピオカミルクティー

初めてタピオカドリンクを飲んでみたが、

タピオカの独特の食感がクセになりそうで、

これも美味しかった。

 

 

 

帰りのバスの時間も近づいてきたので、

再び地下鉄の鶴舞線東山線名古屋駅まで戻る。

 

 

名古屋駅のキオスクで、

お土産として地ビールの、

「金しゃちビールアルトタイプ」を購入。

ジャパンアジアビアカップ

金賞を受賞したらしい。

帰宅後、飲んでみたが、

普段ビールを余り飲まないので、

違いが良く分からなかった。

 

 

という訳で、高速バスの、

新東名スーパーライナーで都心まで帰ってきた。

 

今回の大須商店街の感想としては、

食べ物屋はもちろん、

洋服屋や雑貨屋もあり、

ゼロでは無かったが、

都心で見かけるチェーン店も少ない印象を受けた。

そして食べ物屋だが、

日本の和食や和菓子、洋食はもちろん、

台湾、トルコ、ブラジル、インドなど、

国際色も豊かで、

非常に面白い商店街なのではないか、と思った。

 

こういう商店街は、

今の日本では珍しい気がするので、

また他にこういう商店街を見つけたら、

ブログに記録したいと思う。