遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

城ヶ島マリンパーク号で、城ヶ島・三崎へ

京急線と都営浅草線、京成線が、

相互直通運転を開始して50周年を記念して、

昭和時代に、

京急三崎口駅三浦海岸駅

京成成田駅間を直通運転していた、

成田山号」

城ヶ島マリンパーク号」

が復刻運転することを知った。

 

成田山号は先月に乗車したので、

今月は城ヶ島マリンパーク号に乗車して、

三浦半島に行き、

城ヶ島と三崎を観光して来ることにした。

 

f:id:nozomutoka:20190418123402j:plain

 

今回の旅は、京急川崎駅から始まる。

城ヶ島マリンパーク号は、

京成成田駅始発なので、

今回も全区間乗車したかったが、

諸事情で、京急線内のみ乗車することにした。

 

f:id:nozomutoka:20190418123539j:plain

 

京成車を使用した、

城ヶ島マリンパーク号である。

写真は、金沢文庫駅で撮影。

京成車は、

京急蒲田以南には普段入線しないので、

ある意味、レアな写真となったかも知れない。

 

f:id:nozomutoka:20190418123720j:plain

 

京急川崎駅から1時間ほどで、

終着の三浦海岸駅に到着。

先頭車両は、

終始鉄道ファンで混雑していたようである。

ちなみに、先頭車両以外は、

そうでもなかった。

 

f:id:nozomutoka:20190418123836j:plain

f:id:nozomutoka:20190418123908j:plain

 

三浦海岸駅から、後続の電車に乗り、

1つ先の三崎口駅まで乗車する。

 

f:id:nozomutoka:20190418124029j:plain

 

三崎口駅に到着。

駅名看板が「三崎マグロ駅」になっていた。

 

f:id:nozomutoka:20190418124119j:plain

 

ここからは、2階建てバス

「KEIKYU OPEN TOP BUS」に乗車する。

 

このバスは、京急のお得なきっぷである、

「みさきまぐろきっぷ」を購入した人のみ

乗車できるバスで、

きっぷセットの「三崎・三浦おもひで券」と

交換で乗車出来る。

 

2階席部分は、天井が無い、

オープントップバスになっている。

 

f:id:nozomutoka:20190418124208j:plain

 

バスの写真を撮影していたら、

バスの運転士の方から、

「写真お撮りしましょうか?」

と声をかけて頂いた。

 

せっかくなので、撮って頂いた。

良い記念になった。

 

このバスで、城ヶ島まで乗車する。

 

f:id:nozomutoka:20190418124330j:plain

f:id:nozomutoka:20190418124339j:plain

f:id:nozomutoka:20190418124349j:plain

f:id:nozomutoka:20190418124357j:plain

 

車内には、バスガイドさんも乗車して、

沿線の名所等を案内してくれる。

 

2階席にバスがあるので、

沿線の良い景色が撮影できた。

 

f:id:nozomutoka:20190418124451j:plain

 

1時間ほどで、城ヶ島に到着。

周辺を少し散策する。

 

f:id:nozomutoka:20190418124540j:plain

 

奥に見える橋が、

三浦半島城ヶ島とを結ぶ、

城ヶ島大橋である。

 

この付近では、

釣りを楽しんでいる人が多く、

露店にて「フィッシュアンドチップス」を

販売していた。

食べようか迷ったが、

お金を節約したかったのでやめた。

帰宅してから後悔した。

今度、城ヶ島に来たときには絶対食べよう。

 

f:id:nozomutoka:20190418124642j:plain

 

バス停から少し坂道を登って、

城ヶ島灯台に来てみる。

灯台の周りは遊歩道になっていた。

 

f:id:nozomutoka:20190418124733j:plain

 

しかし、城ヶ島の街の風景は良く見えた。

奥に微妙に見える対岸が、三崎漁港である。

 

f:id:nozomutoka:20190418124841j:plain

 

城ヶ島を後にする。

京急バスに乗って、三崎漁港の方に向かう。

 

三崎では、お目当ての店があった。

 

f:id:nozomutoka:20190418125313j:plain

 

「紀の代」の「とろとろ丼」である。

お店に入る前に15分くらい並んだが、

このお店では、

先ほどのまぐろきっぷが使える。

 

f:id:nozomutoka:20190418124923j:plain

 

「紀の代」の「とろとろ丼」である。

お店に入る前に15分くらい並んだが、

このお店では、

先ほどのまぐろきっぷが使える。

この「とろとろ丼」は、

・まぐろヅケ

ねぎとろ

・ビントロ

・まぐろのホホのユッケ

が載せられている。

 

見れば分かると思うが、

想像通り、すごく美味かった。

ぺろりと食べてしまった。

 

f:id:nozomutoka:20190418125011j:plain

 

これはセットで付いて来た、

まぐろのつみれ汁。

つみれは1個だけだったが、

つみれがジューシーで美味しかった。

 

f:id:nozomutoka:20190418125127j:plain

 

これも、セットに付いて来た、

まぐろの煮こごり。

コリコリとした不思議な食感だった。

 

f:id:nozomutoka:20190418125416j:plain

 

とろとろ丼を食べ終えたら、

三崎漁港へ向かってみる。

先ほどの紀の代から徒歩で10分ほどである。

 

f:id:nozomutoka:20190418125507j:plain

 

三崎漁港で、「とろまん」を購入。

これも前から食べてみたかったもの。

肝心の味は、

普通の肉まんをよりさっぱりした感じで、

これもこれで美味しかった。

 

f:id:nozomutoka:20190418125552j:plain

 

とろまんを食べ終えたら、

バスで三崎口駅へ戻り、

そこから京急線に乗り、都心へ帰った。

 

ちなみに、

みさきまぐろきっぷを利用したのは、

今回で5回目である。

初めて利用したのは8年前で、

そのときは2980円だったが、現在では3500円に値上がりしている。

ただし、

その分オプションも増えたようである。

やっぱり三崎のまぐろは美味いので、

今後も利用しそうである。