遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

飯坂電車で行く日帰り飯坂温泉の旅

私の両親の実家は、福島県福島市にあり、

小さい頃から、

ちょくちょく祖父母の家に遊びに行ったりと、

福島には愛着を持っていた。

 

今回、震災があり、

福島市は、

福島県中通りかつ県北に位置するが、

震災の後、

私が慣れ親しんでいた福島が気になり、

少し足を運んでみることにした。

 

f:id:nozomutoka:20190415152710j:plain

 

東京のJR新宿駅から出発する高速バス

「あぶくま号」に乗車して、福島へと向かう。

このバスは途中、郡山駅も経由するので、

新宿から終点の福島駅まで

5時間近くかかるが、

運賃は、新幹線の半額近くで済む。

 

f:id:nozomutoka:20190415153103j:plain

 

途中、東北道の車窓からは、

安達太良山を観ることが出来た。

出かけたのは5月初旬頃だったが、

山の頂上辺りには雪が少し残っていた。

 

f:id:nozomutoka:20190415153243j:plain

 

福島駅に到着。

写真は東口だが、駅前に植えられている、

樹木の新緑が綺麗だったので、一枚撮る。

 

f:id:nozomutoka:20190415153407j:plain

 

これから福島交通飯坂線に乗って、

飯坂温泉に向かうが、

飯坂線の乗り場は、

JR線乗り場とは別の場所にあり、

駅ビルの端の方にある。

 

f:id:nozomutoka:20190415153556j:plain

 

飯坂線に乗ること20分くらい、

終点の飯坂温泉駅に到着。

福島駅からのアクセスは、

比較的良い方だと思う。

 

f:id:nozomutoka:20190415153721j:plain

 

乗ってきた飯坂電車。

この車両は昔、

東京の東急電鉄で使われていたお古で、

東横線や地下鉄日比谷線にも乗り入れていた。

乗ってみると、少しだけ昭和の香りがする。

 

f:id:nozomutoka:20190415153929j:plain

 

飯坂温泉駅の駅舎。

近年、温泉地らしい和風の駅舎に

リニューアルされた。

幼少期に来たときには、

もっと無機質的な普通の駅舎だった。

ただ、このリニューアルした駅舎の内部は、

以前訪れたときと変わっておらず、

建物の外装だけを和風に

リニューアルした感じである。

 

f:id:nozomutoka:20190415154246j:plain

 

駅前には、色々な銅像が建てられている。

一番右は松尾芭蕉の像で、何でも松尾芭蕉が、

飯坂温泉に訪れたことがあるために、

建てられているようである。

中央は、飯坂温泉の名物である

ラジウム玉子」に関する像で、

ラジウム玉子とは、

要するに温泉玉子なのだが、

飯坂温泉ラジウムという物質が

発見されたために、

それを記念して建てられたようである。

 

f:id:nozomutoka:20190415154545j:plain

 

駅前から観た飯坂温泉の風景。

風情がある温泉街、といった感じである。

 

f:id:nozomutoka:20190415154638j:plain

 

飯坂温泉駅から10分ほど歩いて、

温泉に入るために共同浴場に行く。

写真は、実際に入った共同浴場の「鯖湖湯」。

お湯の温度はとても熱く、

長時間は入っていられなかった。

飯坂温泉の源泉はかなり熱いことで

有名のようである。

共同浴場の中は、午後に訪れたが、

主に地元の方達や観光客で混んでいた。

 

f:id:nozomutoka:20190415155043j:plain

 

温泉から上がり、

鯖湖湯の前で、休憩スペースがあったので、

無料のお茶でひとやすみ。

 

f:id:nozomutoka:20190415155230j:plain

 

という訳で、飯坂温泉を後にし、

飯坂線に乗る。

 

f:id:nozomutoka:20190415155322j:plain

 

福島駅から近い途中駅である、

美術館図書館前駅で途中下車する。

それは、行く際に福島駅でもらった

飯坂線沿線の観光案内である、

「いい電沿線探訪」というパンフレットに

載っていたラーメン屋に行くためである。

 

f:id:nozomutoka:20190415155556j:plain

 

駅から5~10分ほど歩いたところにある

「佐川食堂」で支那そばを注文する。

中太麺であっさりとした、オーソドックスな

感じの醤油ラーメンだったが、

どこか懐かしい感じの味がした。

 

f:id:nozomutoka:20190415155829j:plain

 

これは、市内に植えられていたハナミズキ

綺麗に咲いており、記念に一枚。

 

f:id:nozomutoka:20190415155940j:plain

 

その後、また福島駅に戻り、

親戚と合流して、夕食を食べに行く。

店の名前は忘れてしまったが、

福島駅近くのとんかつ屋に入る。

自分は「川俣軍鶏のチキンカツ定食」を注文。

川俣とは、福島駅から少し離れた

ところにある地名である。

こういうその地域に行って、

地産地消のものを食べるのは、楽しい。

味は、カツが柔らかくかつボリューミーで、

ごはんを何回もおかわりしたくなるような

美味しさだった。

 

f:id:nozomutoka:20190415160328j:plain

 

駅で親戚と別れ、帰りは新幹線に乗る。

新幹線だと、

福島~東京が1時間半くらいで着く。

やっぱり、新幹線って速い。

 

f:id:nozomutoka:20190415160453j:plain

 

帰宅後、今回の使用した切符を並べてみた。

飯坂電車に乗る際は、

「がんばろう東北 一日フリー乗車券

(800円)」を利用した。

 

幼少期から感じていたことだが、

毎回、福島に行くと、

都会の喧噪とはかけ離れた、

ゆったりとした雰囲気が流れていた。

今回、震災から約2ヶ月後に福島市を訪れ、

位置関係や原発から離れている、

という事情もあるだろうが、

そこには、幼少期から変わらない、

ゆったりとした雰囲気が流れていた。

この震災で、

色々な被害を福島市も受けたと思うが、

それでも、このゆったりとした雰囲気は、

いつまでも無くならないで欲しい、

と、思った。