遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

日帰りで行く鬼怒川温泉と少しだけ湯西川温泉の旅

このとき、大学受験の浪人生だった自分は、

高校時代の友人の影響で、

日帰りで旅行してみることにした。

 

鉄道が好きだった自分は、

それまで長期休み等に、

何となく関西などに乗り鉄しに行っていた

ことはあったが、友人がmixiなどに旅先での

写真をアップしているのを見て、

自分もやってみたくなった。

 

行先は栃木県の鬼怒川温泉

幼馴染みの友人に付き合ってもらった。

 

f:id:nozomutoka:20190416165722j:plain

 

浅草駅から快速電車に乗り、

鬼怒川温泉を目指す。

写真は、ちょうど鬼怒川を渡っているところ。

鬼怒川温泉が近づいてきた感じがしてきた。

 

f:id:nozomutoka:20190416165842j:plain

 

鬼怒川温泉に到着後、

ちょうどお昼ということで、

駅から15分くらい歩いたところにある

蕎麦屋に入った。

手打ちそばらしく、

コシがあって美味しいそばだった。

 

f:id:nozomutoka:20190416170013j:plain

 

お昼の後、近くを歩いて、

鬼怒川を渡る吊り橋を歩いてみた。

写真は、吊り橋からの様子。

写真には写っていないが、

下の鬼怒川ではライン下りの舟が通り、

お客さんに上から手を振ると、

振り返してくれた。

 

f:id:nozomutoka:20190416170057j:plain

 

吊り橋を渡り、少し歩いたところにある、

「古釜の滝」。

静かに水が流れる様子が、

風情があるなと思った。

 

f:id:nozomutoka:20190416170203j:plain

 

古釜の滝から更に歩き、

階段を上ったところにある展望台。

そこからは、鬼怒川温泉街が一望できた。

天気が良かったのも相まって、

綺麗な景色だと思った。

 

f:id:nozomutoka:20190416170306j:plain

 

下におり、吊り橋をもう一回渡って戻り、

川の近くまでやってきた。

すると、舟を運ぶトラックに遭遇した。

鬼怒川をライン下りした舟は、

こうやって上流に戻すのだと納得した。

 

f:id:nozomutoka:20190416170351j:plain

 

鬼怒川温泉駅前でおやつタイム。

とちおとめソフトミックスを購入。

苺味の部分が甘酸っぱい感じで、

美味しかった。

 

f:id:nozomutoka:20190416170457j:plain

 

駅前には足湯もあったので、入ってみた。

足湯に入っただけでも、

意外と疲れは取れるものであると思う。

 

f:id:nozomutoka:20190416170557j:plain

 

このときは午後3時頃。

まだ都心に帰るには早いと言うことで、

電車でもう少し北に行ってみることにした。

 

f:id:nozomutoka:20190416170639j:plain

 

鬼怒川温泉駅から会津若松駅まで直通する、

名古屋鉄道で使われていた

特急車両を使用した、快速電車の

AIZUマウントエクスプレス号に乗車して、

前面展望を楽しむ。

列車は鬼怒川温泉沿いを走行してゆく。

 

f:id:nozomutoka:20190416170733j:plain

 

フリーパスの終端である、

湯西川温泉駅で下車。

下車したところを撮影。

後で、

列車の正面から撮影すれば良かったと後悔。

 

f:id:nozomutoka:20190416170835j:plain

 

湯西川温泉駅

さすがに温泉街まで行く時間は無かったので、

駅前を散策することにした。

写真は無いが、駅前には足湯もあった。

 

f:id:nozomutoka:20190416170919j:plain

 

駅前の露店で購入した、「ゴンの肉」

骨にミンチ状にした肉を巻いて、焼いたもの。

味は美味しかったが、

友人は栃木のB級グルメである、

「いもフライ」を購入していた。

そっちの方が食べたかったかも。

 

f:id:nozomutoka:20190416171015j:plain

 

駅前から見た五十里湖

こうして見ると、

夕日が水面に反射して綺麗だった。

 

f:id:nozomutoka:20190416171056j:plain

 

という訳で、鬼怒川温泉駅に戻り、

臨時特急列車の

「ゆのさと号」に乗って帰路につく。

こっちの特急の方が、スペーシア号より若干、特急料金が安い。

ただし、座席はリクライニングしない。

 

f:id:nozomutoka:20190416171204j:plain

 

帰りの特急の中で、

お土産に買った

「いちごバームクーヘン」を食べる。

想像以上に甘く、少ししか食べられなかった。

 

f:id:nozomutoka:20190416171242j:plain

 

今回は、

 

・浅草~鬼怒川温泉エリアの往復乗車券

鬼怒川温泉エリアの電車バスフリー乗車券

 

が、セットになって4600円の

「まるごと鬼怒川 東武フリーパス」

を利用した。

純粋に、行き帰りの切符を購入するよりも、

若干割引になるので、おすすめである。

 

そんなこんなで、無事に都心に帰ってきた。

今回の日帰り旅行で、

旅先で色々なものに触れ、

色々なものを食べ、それを写真に記録する、

という楽しさを初めて知った。

 

新入社員半年目で、少しお疲れ気味の中、

鬼怒川まで付き合ってくれた

友人には感謝である。