遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

地元グルメ

久しぶりに高崎パスタを食べに行き、地元のタピオカ屋さんに寄る

数年前から、YouTubeで初めて知り、 個人的に応援している、 群馬出身のシンガーソングライターの方がいて、 久しぶりに高崎にてライブを行うことになり、 申し込みをした。 せっかく高崎に行くならば、 名物の高崎パスタを、今度は違うメニューで 食べよう…

観光列車「THE ROYAL EXPRESS」で行く豪華な下田への旅

先日、JR東海道線と伊豆急行線の観光列車である、 JR東日本の「伊豆クレイル」に乗車したが、 東海道線と伊豆急行線には、現在、 もう一つの観光列車が運行されている。 それが、伊豆急行の親会社である、 東急が催行する「THE ROYAL EXPRESS」である。 伊豆…

越後湯沢駅ナカ「ぽんしゅ館」でほろ酔い気分

最近、友人達と飲む機会があり、 「皆でパーっと旅行に行きたい」 という話になった。 今ちょうど青春18きっぷのシーズンであり、 都心から手軽に行けて、 更にお酒も楽しめる場所を考えると、 越後湯沢駅ナカのぽんしゅ館が思いついた。 最近、YouTube等で…

高速バス「青葉号」に乗って日帰り秋保温泉へ行く

日本各地には様々な高速バス路線があるが、 昔から、名鉄バスと宮城交通(名鉄グループ) が、名古屋〜仙台間で運行する高速バスである、 「青葉号」が気になっていた。 理由は、私は鉄道ファンなのだが、 鉄道で名古屋と仙台を結ぶ列車は存在せず、 そのた…

『孤独のグルメ』に出てきた下仁田すき焼きを食べに行く

かなり前だが、 有名なテレビ番組『孤独のグルメ』に 群馬県下仁田町の地元グルメである、 「下仁田すき焼き」が登場した回があった。 「下仁田すき焼き」とは、 たくさんの下仁田ねぎと、豚肉が使われている のが特徴である。 前に、乗り鉄で下仁田には行っ…

リゾート21黒船電車に乗って、下田開国史跡を巡る

静岡県伊豆半島の南に位置する、 伊豆急行線の伊豆急下田駅には 今まで行ったことはあるのだが、 そこにある幕末期の開国に関する史跡を じっくり巡ったことは無かった。 下田は、江戸時代の幕末期、 有名なペリーとの日米和親条約によって、 箱館(現在の函…

富士つけナポリタンを食べ、夜景電車に乗りに行く

最近、静岡県富士市を走る地方私鉄である、 岳南電車が走らせている「夜景電車」が 気になっていた。 岳南電車は数年前、「日本夜景遺産」に 鉄道で初めて選ばれた。 沿線にある製紙工場群の工場夜景や、 暗闇に浮かぶローカルな駅の雰囲気などが、 選定理由…

かつて住んでいた東村山の地元グルメ巡りに行ってきた

私は学生時代、東京都の多摩地域である、 東村山市に住んでいたことがあるのだが、 そのときに、よく通っていた地元の店が 結構あった。 今回、久しぶりにそれらを食べたくなったので 東村山市を訪れて、再び巡ってみた。 まずは、西武新宿線の久米川駅で下…

高崎で高崎パスタを食べ、前橋で群馬県庁の見学をする

今回、仲の良い友人から、 「群馬に行こう」と誘われた。 群馬の何処に行くのかは未だ決めてなかったが、 ひとまず、群馬へ向かった。 まずは、高崎線で高崎駅へ。 行きの車内で 「高崎パスタを食べに行こう」 という話になり、 シャンゴという高崎パスタで…

未来クリエイター☆秀吉号と豊国神社の旅

今年の10月から12月まで、 JRと地元の自治体が協力して行われる 観光キャンペーンである、 「愛知デスティネーションキャンペーン」 が開催されている。 その一環として運転される臨時列車、 「未来クリエイター☆秀吉号」に乗車してきた。 この列車は、 旅行…

「埼玉のディズニーランド」と言われることもあるサイボクハムに行ってきた

前々から、 埼玉にある「サイボクハム」の 名前は知っていた。 それまでは、 食のテーマパークみたいなところ だと思っていた。 しかし、最近インスタでサイボクハムには 日帰り温泉施設もあることを知り、 公式ホームページを見てみると、 ・1800円相当の園…

諏訪しなの号で行く上諏訪・下諏訪の旅

昨年の信州DCの際に、 名古屋駅から塩尻駅を介して中央東線に入り、 諏訪を経由して茅野駅まで行く、 臨時列車の「諏訪しなの号」が運行された。 正直、この時点で興味はあったのだが、 結局、乗ることは無かった。 そして今年の信州アフターDCにおいて…

銚子電鉄に乗って銚電グルメを楽しむ旅

最近、スマホのネットニュースを見ていたら、 銚子電鉄が新たな商品の販売を始めた、 という記事を見た。 その名も「まずい棒」。 スナック菓子のうまい棒とほぼ同じもので、 決して味が不味い訳では無く、 銚子電鉄の経営がまずいため、 このような名前にな…