遠出アルバマーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

観光列車「ろくもん」に乗り、戸倉上山田温泉を観に行く

前回の記事の続きで、

長野県東御市しなの鉄道、田中駅にやってきた。

今回の記事は、田中駅からスタートする。

 

f:id:nozomutoka:20200907151031j:image

 

田中駅からは、しなの鉄道の看板である、

観光列車「ろくもん」に乗車する。

デザインしたのは、JR九州の観光列車などを

手がけたことで有名な、水戸岡鋭治さん。

 

ろくもん号は、豪華な食事付きプランの方が

メジャーのようだが、

今回私は、田中駅から戸倉駅までの約30分間

しか乗車しないので、

座席指定のみを事前に予約した。

 

今回は、車内の写真は撮影しなかったが、

座席指定車の意匠も凝っており、

水戸岡さんらしく、木材をふんだんに使用し、

おしゃれなカフェのような車内だった。


f:id:nozomutoka:20200907151038j:image

 

そして、座席指定車にも車内販売はあり、

期間限定の、アイスのミカドコーヒーを注文

(税込400円)。

ミカドコーヒーは、前に私も行ったことのある、

軽井沢のコーヒー屋さんであり、

アイスコーヒーは初めて飲んだが、

すっきりとしていて、酸味が少し効いていて

美味しかった。


f:id:nozomutoka:20200907151034j:image

 

列車は少し走ると、上田駅に到着する。

到着前には、しなの鉄道の本社前を通過する。

写真には写っていないが、社員の方が、

本社前から、手を振ってくれていた。


f:id:nozomutoka:20200907151205j:image

 

上田駅に到着。

この駅では少々停車し、

ホームにて地産品の物販と

希望者は記念撮影をしてもらえる。

私もクルーの方に撮って頂いた。

良い記念になりました。

 

f:id:nozomutoka:20200907151057j:image

 

上田駅を発車後、10分くらいで、

目的地の戸倉駅に到着する。

到着前には、クルーの方から、

「ご乗車ありがとうございました」と

挨拶して頂いた。とても丁寧な印象を受けた。

いつかは、食事付きプランに乗るのも

良いかも知れない。


f:id:nozomutoka:20200907151009j:image
f:id:nozomutoka:20200907151018j:image

 

戸倉駅を出ると、いかにも温泉街らしい

ゲートが出迎えてくれる。

今回は時間の都合上、温泉街を散策する

ことは出来なかったが、

せっかくなので、徒歩で近くまで行ってみる。

 

f:id:nozomutoka:20200907151026j:image

 

戸倉駅から、15分ほど歩いて

信濃川に面する戸倉上山田温泉が見えてくる。

遠巻きに観ると、立派な温泉街に見える。

時間に余裕があれば、ここの温泉にも

入りたかったかも知れない。


f:id:nozomutoka:20200907151013j:image

 

付近から、信濃川を一枚。

こうして改めて観ると、本当に大きな河川である。


f:id:nozomutoka:20200907151022j:image

 

再び戸倉駅に戻り、上田方面へ戻る。

湘南色リバイバルカラーの列車が来た。

次の目的地は、また次回の記事にて。

しなの鉄道「軽井沢リゾート号」に乗り、ゆうふるtanakaへ行く

少し前から、ネットニュースで、

長野県を走るしなの鉄道にて、

新たな観光快速列車が運行を開始したことを

知った。

 

しなの鉄道の観光列車といえば、

主にJR九州を走る列車をデザインした、

水戸岡鋭治さんプロデュースによる

「ろくもん」が有名である。

 

そして今回、新たに土休日に運転される

ことになったのが、「軽井沢リゾート号」。

なんと新型車両を使用して、

軽井沢〜長野〜妙高高原駅間を突っ走る。

更に、予約時に希望すれば、

軽食付きという、なかなか面白そうな列車である。

 

久しく、しなの鉄道に乗っていなかったので、

思い至ったが吉日で、早速、

ネットにて軽井沢リゾート号の軽食プランを

申し込み、2週間後に現地に赴いた。

 

f:id:nozomutoka:20200901191542j:image
f:id:nozomutoka:20200901191616j:image
f:id:nozomutoka:20200901191554j:image

 

当日、北陸新幹線にて、まず軽井沢へ。

大宮駅から1時間もしないで着いてしまった。

本当に、新幹線は偉大である。


f:id:nozomutoka:20200901191605j:image

 

以前に訪れたときは、

資料館となっていた旧軽井沢駅舎は、

最近になり、しなの鉄道軽井沢駅舎としての

役割を有するようになっていた。

こちらから入り、窓口で乗車券を購入し、

改札を経て、入場する。


f:id:nozomutoka:20200901191609j:image

 

発車の約15分前には、

軽井沢リゾート号はホームに停車していた。

車内に入り、予め指定された座席に座る。

座席の前のテーブルには、

綺麗な柄のランチョンマットが敷かれ、

その上に軽食セットが既に用意されていた。

1つ1つ見ていく。


f:id:nozomutoka:20200901191623j:image

 

まずは、飲み物。

「秋映」という銘柄の林檎を使用した、

100%ジュース。


f:id:nozomutoka:20200901191550j:image
f:id:nozomutoka:20200901191539j:image

 

そして、メインの軽食セットである。

「KT'sBakery&Cafe」という、

しなの鉄道線沿線にあるベーカリー屋さんの

メニューだそうである。

 

詳しいおしながきは失念してしまったが、

サンドウィッチと、

スコーンと、

フルーツを使用した甘いベーカリー、

といったもので、やはり、

その地域で地産地消のものを食べる、

というのが、旅の醍醐味である。

特に、フルーツの甘いベーカリーは美味しかった。


f:id:nozomutoka:20200901191628j:image

 

そして最後に、ドライフルーツの林檎。

これは帰宅後に食べたが、

噛めば噛むほど、林檎の風味が感じられた。

 

これら、軽食を食べながら、

列車は走っていく。

新型車両だったので、乗り心地は快適であった。


f:id:nozomutoka:20200901191620j:image
f:id:nozomutoka:20200901191602j:image

 

軽井沢駅を出発して、およそ30分後、

私は途中の田中駅で下車した。

快適な列車に揺られながら、

終点の妙高高原駅まで行くのも良かったのだが、

この駅で下車したのは、個人的な理由があった。


f:id:nozomutoka:20200901191546j:image

 

田中駅に隣接されている、

温浴施設「ゆうふるtanaka」。

実は、この場所は私が高校生時代に、

一人旅で訪れたところなのである。

およそ10年振りに来た。

 

入浴料510円を支払い、

久しぶりに温泉に浸かった。

千曲川温泉」という、ちゃんとした

温泉のようで、露天風呂もある。

館内は、地元の方と思われる人達に

利用されているようであった。

勿論、良いお湯でした。

 

f:id:nozomutoka:20200901191559j:image

 

入浴後は、

「青りんご+コラーゲンジュース」を

100円で飲んでみる。

どのあたりがコラーゲンなのかは、

正直、分からなかったが、

黒酢?の風味が感じられ、健康に良さそうだった。

 

本当は、田中駅から徒歩約20分のところに

ある、宿場町「海野宿」にも行ってみたかったのだが、

時間の都合で、割愛。

田中駅に戻る。


f:id:nozomutoka:20200901191613j:image

 

田中駅からは、

せっかく、しなの鉄道に乗りに来たので、

前述の観光列車「ろくもん」に乗車する。

その後の記録は、また次回の記事にて。

 

エミオ田無にある魚がし日本一に行き、手軽に握りたてお寿司

前から、私の家族から、

チェーン系列の「魚がし日本一」はお勧めされていた。

何でも、お手軽な値段で、握りたてのお寿司を

味わえるそうである。

 

お勧めされつつ、今までお店に足を運ぶ機会が

無かったのだが、今回所用で西武新宿線田無駅

行くことになり、田無駅駅ナカ施設である

「エミオ田無」内に魚がし日本一があること

が分かり、せっかくなので行ってきた。

 

f:id:nozomutoka:20200407153501j:image
f:id:nozomutoka:20200407153512j:image

 

という訳で、西武新宿線に乗って、田無駅へ。

西武新宿駅から30分近くで、田無駅に到着する。

 

f:id:nozomutoka:20200407153535j:image
f:id:nozomutoka:20200407153524j:image

 

改札を出て、真正面にエミオ田無があり、

その中に、魚がし日本一はある。

さっそく入店する。

 

魚がし日本一の特徴は、立ち食いということで、

そのためか、高コスパを実現でき、

気軽に江戸前寿司を楽しめることにあるようである。

 

店内に入り、私はランチタイムメニューである、

華セットを注文した。

9貫、味噌汁付きで630円(税込)である。

これは、安い。


f:id:nozomutoka:20200407153508j:image
f:id:nozomutoka:20200407153519j:image
f:id:nozomutoka:20200407153505j:image
f:id:nozomutoka:20200407153516j:image

 

注文後、すぐに味噌汁が出て、

程なくして、華セットの寿司が順々に出てくる。

食レポが下手なので、上手く通じないが、

回転寿司屋で食べる寿司と違い、

握りたての江戸前寿司というのは、

本当に美味しかった。

鮮度という表現が正しいのか分からないが、

新鮮さは確かに違った。

ごちそうさまでした。


f:id:nozomutoka:20200407153530j:image

 

再び西武新宿線に乗り、田無駅を後にする。

今回、魚がし日本一に行き、とても満足した。

主に首都圏にチェーン店を展開しているようなので、

機会があれば、また足を運びたいと思う。

葛飾柴又の山本亭で、大正浪漫に浸りながらお茶をする

この前、仲良しの友人達と、

都内の大田区にある、

昭和のくらし博物館」に行き、

昭和戦後すぐの暮らしを学んだ。

その後、友人の中で「次は大正がいいな」と

いう話になり、調べてみると、

都内の葛飾区柴又に、「山本亭」という

大正建築かつ、室内でお茶を楽しめるスポットが

あることを知り、再び友人達を誘い、

葛飾柴又に赴いた。

 

f:id:nozomutoka:20200412123723j:image
f:id:nozomutoka:20200412123714j:image

 

都営浅草線から、京成押上線直通列車に乗り、

まずは京成高砂駅へ。

高砂駅から、別ホームの京成金町線に乗り換える。


f:id:nozomutoka:20200412123745j:image
f:id:nozomutoka:20200412123540j:image
f:id:nozomutoka:20200412123701j:image

 

乗り換えて、高砂駅から1駅で柴又駅に到着。

この駅で友人達と待ち合わせの予定である。

柴又駅の駅舎は、下町らしい雰囲気で良かった。


f:id:nozomutoka:20200412123610j:image
f:id:nozomutoka:20200412123641j:image

 

友人達を待っている間、

駅前に設置されている「フーテンの寅さん」像と、

「見送るさくらさん」像を撮影する。

 

男はつらいよ」シリーズは観たことがないのだが、

各回で、寅さんがマドンナに恋をして、

振られてしまい、柴又を発つ、というような、

ストーリーの流れだけは知っている。

これらの像は、柴又を発つ寅さんを見送る

妹のさくらさんのシーンをイメージして

建てられたもののようである。

 

f:id:nozomutoka:20200412123545j:image
f:id:nozomutoka:20200412123635j:image

 

友人達と合流し、

まずは柴又帝釈天の方に向かって進む。

このご時世にも関わらず、

帝釈天参道は、とても賑わっており、活気があった。


f:id:nozomutoka:20200412123601j:image
f:id:nozomutoka:20200412123554j:image

 

山本亭でお茶をする前に、

せっかく来たので、

柴又帝釈天に皆でお参りをする。

帝釈天の方も、参拝客で賑わっており、

やっぱりここは、観光地なんだな、と少し実感。


f:id:nozomutoka:20200412123550j:image
f:id:nozomutoka:20200412123728j:image

 

柴又帝釈天を後にし、

道に設置されている案内板を頼りに、

10分ほど歩いて、山本亭に到着。

 

山本亭は、大正末期から昭和初期にかけて、

増築を繰り返していた建物で、

当時流行していた、洋風建築を取り入れ、

和洋折衷の建物となっているのが特徴といわれている。


f:id:nozomutoka:20200412123655j:image

 

受付で入館料100円を払い、建物に入る。

建物の敷地内には、立派な日本庭園が広がっていた。


f:id:nozomutoka:20200412123710j:image
f:id:nozomutoka:20200412123706j:image

 

館内をさくっと見学した後は、

本日のハイライトであるお茶の時間である。

私は、ラムネを注文した

(付属のビスケットとセットで600円)。

理由は、なんとなく柴又らしいかな?と

思ったからである。

他にも、抹茶やコーヒーなど、同じ値段くらいで

いくつかメニューがあった。

加えて、ラムネの写真の少し奥に、

友人が頼んだコーヒーが写っているが、

そのカップの意匠が、かなり大正浪漫を

醸し出しており、山本亭の

細部までのこだわりを感じた。


f:id:nozomutoka:20200412123731j:image

 

写真は、別の友人が頼んだ、ぜんざいである。

少し味見させてもらった。

とても甘くて、疲れが取れるような味だった。

ごちそうさまでした。


f:id:nozomutoka:20200412123648j:image

 

山本亭を後にする前に、

唯一の洋室である「鳳凰の間」を見学する。

内部には立ち入れなかったため、外から撮影する。

確かに洋室だが、現代とはまた違うレトロ調で、

どこかタイムスリップしたような空間だった。


f:id:nozomutoka:20200412123628j:image
f:id:nozomutoka:20200412123719j:image

 

という訳で、柴又を後にし、

友人達と別れ、自分は京成押上線経由、

都営浅草線で帰路についた。

帰りに乗車した、浅草線5300形も随分

数が減った気がする。

 

帰宅後、先ほどの友人達と、

「次は何がいいかな。明治?平成?」

と、LINEでトークを楽しんだ。

確かに、時代によって文化も違うので、

そういう楽しみ方も良いな、と感じた一日だった。

四谷三丁目の駐日韓国文化院で味わう旧正月

私の母が韓流ファンなのだが、韓国では、

日本で言うお正月(1月1日〜3日くらい)の時期より、

旧暦の正月

旧正月、1月21日〜2月20日間のいずれか、wikiより)、

の方を盛大にお祝いする、という話を聞いた。

 

それに伴い、駐日韓国大使館の施設である、

四谷三丁目に存在する韓国文化院にて、

旧正月を体験するイベントが開かれるという。

 

私自身、幼少期には新大久保の近くに

住んでいたこともあり、韓国には親しみを

感じていたので、当日、母と一緒に

四谷三丁目へ赴いた。

 

f:id:nozomutoka:20200714180239j:image
f:id:nozomutoka:20200714180210j:image
f:id:nozomutoka:20200714180227j:image

 

地下鉄丸ノ内線四谷三丁目駅から、

徒歩で10分くらいの場所に、韓国文化院はある。

ウィキペディアによると、

2009年に新築されたそうで、

なかなか現代的なデザインの立派な建物であった。

 

10時半開場に合わせて、10時頃到着したのだが、

既にセンターの前には、開場を待つ方々の

行列が出来ていた。

行列の中には、日本人は勿論、

韓国の家族の方々もおり、

様々な人達が並んでいた。

ただ、女性の方が多めだった気がする。

 

f:id:nozomutoka:20200714180224j:image

 

入場後、まず館内の飲み物自動販売機へ直行。

事前リサーチしておいたのだが、

ここでは、韓国の飲み物が

自動販売機で購入できる。

もちろん日本円で買えるのだが、

日本の飲み物よりも値段は安めである

(1本100円前後)。

上の写真は、早速購入した「ミルキス」。

乳酸系の炭酸飲料で美味しかった。


f:id:nozomutoka:20200714180243j:image

 

続いて、1階ホールにて、

韓国伝統様式にて記念撮影。

館内の係の方に撮って頂いたのだが、

少し恥ずかしかった。


f:id:nozomutoka:20200714180303j:image

 

記念撮影の次は、自動販売機2回目。

今度は、缶コーヒーの「Let's be coffee」。

微糖?のコーヒーという感じでこれも美味しかった。


f:id:nozomutoka:20200714180219j:image

 

1階ホールの入口には、

このような幕?が張られていた。

たとえ幕であっても、このように異国情緒を

味わえるのは楽しい。


f:id:nozomutoka:20200714180203j:image

 

ここで一旦、四谷三丁目の韓国文化院を後にする。

韓国文化院前から発着し、

韓国学校や新大久保コリアンタウンを経由し循環する、

「K-shuttle」というバスで移動する。

ちなみに運賃は、なんと無料である。

ただし、このバスの停留所にはバス停が無い。

なので、韓国文化院の係の方に、

どの辺りにバスが停車するか教えてもらい、乗車した。


f:id:nozomutoka:20200714180315j:image

 

韓流ファンの母に連れられ、

新大久保の韓国料理へジャンク屋さんに

やってきた。

へジャンクとは、何でも胃腸の調子を整え、

滋養強壮に効くスープのことらしい。

まずは、韓国料理定番の、

カクテキなど付け合わせから出てくる。


f:id:nozomutoka:20200714180259j:image

 

これがへジャンクである。

食べてみた感想としては、確かに辛いのだが、

チゲなどと違い、単純に辛いでけでなく、

確かに、体の体調を整えるような漢方?に近い

風味を感じられ、滋養強壮には確かに良さそうだった。

もちろん、美味しく頂きました。


f:id:nozomutoka:20200714180307j:image

 

このお店では、チヂミも注文した。

新大久保とは言え、やっぱり本場の方達がつくる、

韓国料理はやっぱり美味しい。


f:id:nozomutoka:20200714180207j:image

 

再び、四谷三丁目の韓国文化院に戻り、

自動販売機3回目。

今度は現地でも定番な「七星サイダー」。

すっきりと、そして甘いサイダーです。


f:id:nozomutoka:20200714180311j:image

 

時間が夕方に近づき、

再び1階ホールにて、韓国式お雑煮が

無料で振る舞われた。

日本の雑煮とは違い、餅が小振りで食べやすく、

味も薄めで、おかゆに近い味だった。

体に優しい味がした。


f:id:nozomutoka:20200714180254j:image
f:id:nozomutoka:20200714180234j:image

 

そして、お土産として、

韓国式の刺繍袋に入った、韓国式のお餅も、

これも雑煮と同じで無料で振る舞われた。

韓国式のお餅も美味しかったが、

何よりこの刺繍がとても綺麗でおしゃれだな、と感じた。


f:id:nozomutoka:20200714180249j:image

 

という訳で、行きと同じ丸ノ内線で、

四谷三丁目を後にした。

 

今、日本と韓国の間には、

難しい問題は色々とあるが、

こういった民間での交流の大切さも実感した。

 

韓国に限らず、

このような日本に居ながら、

異国情緒を味わえるイベントがあれば、

また積極的に参加したいと思う。

千葉県富里の東京湯楽城で、そこの演出に圧倒される

最近、ネットニュースで、

成田空港近くにあった、

デルタ航空機内食工場を改装し、

新たな温浴施設が開業した、というニュースを目にした。

 

デルタ航空の成田発着便撤退に際して、

華僑の方が、お台場にある「大江戸温泉物語」を模した

温浴施設を作ったという。

 

まず、機内食工場を温浴施設に

どう改装したのか興味を惹かれ、

更にそのネットニュースによると、

なかなか凝った演出が施されているようなので、

実際に足を運んでみた。

 

f:id:nozomutoka:20200610192121j:image
f:id:nozomutoka:20200610192129j:image

 

まずは、京成本線経由で空港第2ビル駅へ。

何故、まず成田空港に行ったかというと、

成田空港のバスターミナルから、

目的地の「東京湯楽城」まで

無料のシャトルバスが出ているからである。

 

湯楽城は、成田空港からシャトルバスで

約30分ほどの千葉県富里市に位置しており、

自動車の運転免許を持ってない限り、

公共交通機関でのアクセスは

正直なところ、あまり良くない。

 

成田空港第2ターミナルから、

湯楽城に隣接するホテル「ラディゾン成田」行きの

シャトルバスに乗る。

念のため、運転手さんに

ホテルには宿泊せずに、日帰り湯楽城の利用でも

バスに乗車可能か尋ねてみたが、

快く、大丈夫との回答を頂いた。

ちなみにバスは、成田空港第1ターミナルも

経由するので、どちらのターミナルからも

乗車可能である。

 

f:id:nozomutoka:20200610192149j:image

 

東京湯楽城に到着する。

写真では分かりづらいが、

ここがかつて、機内食工場だったとは

なかなか思えない。

この後、私は更にそのことを実感することになる。

 

f:id:nozomutoka:20200610192034j:image

 

入口の前には、七色に光る噴水が彩る。

正直、この時点ですごい。


f:id:nozomutoka:20200610192331j:image

 

靴をロッカーに預け、館内に入る。

途端に、高級ホテルを思わせる豪華なロビーが。

フロントにて、ロッカーキーを預け、

リストバンドを受け取る。

ちなみに応対して頂いたスタッフの方は、

外国の人であった。

かなり、インバウンドを意識している姿勢が

窺える。

 

受付を済ませた後、

自分のサイズに合った浴衣を受け取り、

更衣室で着替える。

という訳で、湯楽城ワールドへ出発である。


f:id:nozomutoka:20200610192049j:image
f:id:nozomutoka:20200610192054j:image

 

更衣室からは、まず、

温泉?が流れる坂道を歩いていく。

正直、この演出は何のためなのか、

良く分からなかったが、

個人的には、ユニークでなかなか面白いな、

と思った。


f:id:nozomutoka:20200610192042j:image

 

お湯が流れる坂道を登り、

いくつもの鳥居を模したオブジェを過ぎると、


f:id:nozomutoka:20200610192153j:image

 

そこには、いかにも「日本らしさ」を

ありったけに模した、煌びやかな空間が広がっていた。

天井は、なんと桜のプロジェクションマッピングである。

 

f:id:nozomutoka:20200610192057j:image

 

根木名駅、という名の休憩所。

根木名とは、この辺りの地名である。


f:id:nozomutoka:20200610192112j:image

 

甘味処。

その名の通り、主にデザートを販売する。


f:id:nozomutoka:20200610192145j:image

 

葉山商店。

という名の、子ども向けの遊び場。


f:id:nozomutoka:20200610192141j:image

 

「御神酒」とあったので、

おそらくバーのようなもの。


f:id:nozomutoka:20200610192039j:image

 

「江戸町」とあった。

何らかのショーステージなのかもしれない。


f:id:nozomutoka:20200610192200j:image

 

トミサト酒場。

居酒屋のようなお店かな?


f:id:nozomutoka:20200610192157j:image

 

熊野神社

本物かどうか分からないが、

内部には、立派な神棚が再現してあった。


f:id:nozomutoka:20200610192205j:image

 

密庵席。

時間制別料金の個室のようであった。

家族連れなど、少し落ち着いて

ゆっくりしたいときには良いかも知れない。


f:id:nozomutoka:20200610192117j:image

 

富里家。

主に和食を提供するお店。


f:id:nozomutoka:20200610192125j:image

 

七栄屋。

主に中華料理を提供するお店。

今回は入らなかったが、ここの温泉施設を

経営されているのが、華僑の方なので、

本格中華料理を味わえるそうである。

 

このように、メインの館内の演出もすごい。

インバウンドから見た「日本」が華やかに

演出されている感じがした。

インバウンドでない日本人である私が、

館内の写真を撮ることに熱中してしまった。

 

この後、肝心の温泉に入った。

浴場内の写真は撮れないが、

色々な種類の温泉が充実しており、

一般的なスーパー銭湯のレベルは、

満たしているように感じた。

良いお湯でした。


f:id:nozomutoka:20200610192210j:image

 

途中の富里家で、夕食。

一番安めの、ざるそば(500円)を注文。

メニューは豊富にあったが、

いかにも日本らしい、天ぷらや寿司になると、

値段が高くなっていく感じであった。

ざるそばは、正直市販のもの感が否めなかったが、

決して、不味くはなかった。


f:id:nozomutoka:20200610192046j:image

 

続いて、甘味処でデザートを食べてみる。

抹茶ソフト白玉あずき(500円)。

取り分けてクオリティが高い訳では無いが、

湯上がりに合う、ちょうど良いデザートであった。

ごちそうさまでした。


f:id:nozomutoka:20200610192138j:image

 

料金を払い、湯楽城を後にする。

ホテルのラディゾン成田から、再びシャトルバスに乗る。

ちなみに、このホテルラディゾン成田は、

引き続きデルタ航空の経営となっており、

湯楽城は、ラディゾン成田の附属施設、

という扱いのようである。


f:id:nozomutoka:20200610192134j:image

 

シャトルバスで成田空港に戻り、

そこから京成線に乗り、帰路についた。

 

今回、東京湯楽城に行ってみて、

成田空港から、若干離れているのは難点だが、

そこの華やかな演出は確かで、

一度行ってみて、損はなく、

インバウンドにはもちろん、

日本人にも楽しめる施設だと思った。

 

これから成田空港は、

羽田との競争に晒されると思うので、

お互いに切磋琢磨することによって、

このような楽しめる施設が増えることを

純粋に期待したいと思う。

高田馬場で本場インドカレーを食べる

もう数年前になるが、

高田馬場にあるインドカレー屋が美味しく、

また食べに行きたいな、と思うようになった。

 

この度、再び所用で高田馬場へ行くことになり、

せっかくなので、またあのインドカレー

食べに行くことにした。

 

f:id:nozomutoka:20200518174827j:image
f:id:nozomutoka:20200518174831j:image

 

地下鉄東西線に乗り、高田馬場駅で下車。

高田馬場駅前を通る、

しばらく早稲田通りをまっすぐ行く。


f:id:nozomutoka:20200518174849j:image

 

早稲田通りと明治通りが交差する、

馬場口交差点の前に、そのお店はある。

余談だが、付近にはインド大使公邸も存在する。

 

お店に入り、ランチタイムCセットを注文する。

 

ナンとライス

カレー1種類

(数種類から選べる)

タンドリーチキン

サラダ

ドリンク

 

が付いたのが、Cセットである。

ちなみに、ナンとライスは食べ放題で

これで、1000円である。


f:id:nozomutoka:20200518174839j:image

 

まずは、ドリンクから。

今回はラッシーを選択した。

やや濃いめのヨーグルトドリンク、

といった感じである。


f:id:nozomutoka:20200518174846j:image
f:id:nozomutoka:20200518174853j:image
f:id:nozomutoka:20200518174835j:image

 

続いて、ナンとカレー、ライスがやってきた。

ナンは焼きたてでアツアツであった。

やっぱり本場のナンは、ナンだけ食べても美味しい。

カレーはバターチキンカレーを選択。

チキンカレーながら、バターのまろやかさが、

とてもナンに合う。

同時に出てきた、ターメリックの?ライスにも

とても合った。


f:id:nozomutoka:20200518174842j:image

 

最後に、これも焼きたての

タンドリーチキンが出てきた。

カレー風味のチキンなのだが、

やはりスパイスの風味が日本と違うというか、

単純な日本で味わうカレーの風味とは、

一味違ったタンドリーチキンであった。

 

ナン、ライスは食べ放題だったが、

おかわりしなくても充分、満腹になった。

ごちそうさまでした。

 

今回、久しぶりにお店を訪れたが、

変わらない美味しさで良かった。

また食べたくなったら、訪れたいと思う。