ミーハートラベラーなひとりごと

にわかですが、鉄道や交通、地域やまちづくりに興味があります。旅のジャンルは広めで、有名な観光地以外にもよく行きますが、いいなと思って頂けたら嬉しいです。

福島県いわき市の道の駅よつくら港で、ボリュームたっぷり天丼を食べる

年が明けて2020年となり、

新年早々、親戚に会うことになった。

その際、前から行ってみたいと思っていた、

福島県いわき市にある、「道の駅よつくら港」に

寄ることにした。

 

f:id:nozomutoka:20200103105618j:image

 

まずは、品川駅から特急ひたち号に乗る。

年始ということもあり、

列車が上野駅を過ぎた頃には、ほとんど満席だったが、

水戸駅を通り過ぎると、次第に席が空いていた。


f:id:nozomutoka:20200103105629j:image
f:id:nozomutoka:20200103105604j:image

 

品川駅から約2時間半で、終点のいわき駅に到着。

ここから、引き続き常磐線普通列車に乗り換える。

道の駅よつくら港の最寄駅、四ツ倉駅

ここから2駅である。


f:id:nozomutoka:20200103105600j:image
f:id:nozomutoka:20200103105549j:image

 

10分ほどで四ツ倉駅に到着。

ここから、道の駅よつくら港までは

徒歩20分ほどの距離である。


f:id:nozomutoka:20200103105644j:image

 

道の駅よつくら港の目の前には、

新しく建設されたと思われる防潮堤が建ち、

その上から、四倉海岸を臨めるようになっている。

夕暮れの四倉海岸を一枚。

風情のある写真が撮れた。


f:id:nozomutoka:20200103105639j:image

 

道の駅よつくら港は、

1階が地元の名産品売り場、

2階がフードコートになっている。

年始だからか、到着したのは夕刻になっていたが、

多くのお客さんが訪れていた。

お腹も空いていたので、

2階のフードコートに直行する。


f:id:nozomutoka:20200103105636j:image

 

後で知ったのだが、ここの道の駅では

海鮮丼が有名だという。

私もそれを頼もうか迷ったが、

天丼の方が、注文から比較的すぐ出てくる

ようだったので、天丼(950円)を注文した。


f:id:nozomutoka:20200103105607j:image

 

海老2本や多くの野菜が載って出てきた天丼は、

正直すごい迫力だった。

アツアツサクサクに揚げられた天ぷらは、

食べ応え十分であり、とても美味しかった。

ご馳走さまでした。


f:id:nozomutoka:20200103105632j:image

 

道の駅の外にも、アイスクリームなど軽食類などを

販売する売店があり、ブレンドコーヒーを注文した。

実際、どのようなブレンドなのかは

分からなかったが、美味しいコーヒーだった。


f:id:nozomutoka:20200103105648j:image

 

道の駅を後にし、親戚と合流する。

親戚と一緒に、いわき市内にあるお店

「食の蔵」にて、夕食を食べる。

私は、まぐろかま焼定食を注文した。


f:id:nozomutoka:20200103105554j:image

 

前から思っていたことだが、

いわきは海鮮が美味しい。

そして、親戚から教えてもらったことだが、

いわきの飯はボリュームが多いことも特徴で、

このかま焼も、写真では伝わりづらいが、

スケールが大きく、すごいボリュームだった。

そして、脂が乗って美味しかった。

ご馳走さまでした。


f:id:nozomutoka:20200103105612j:image

 

今宵の宿に行き、今日の道の駅で購入した、

「フラムーネ」(税込128円)

という梨味のラムネで一服。

福島県立平商業高校がプロデュースした商品で、

梨の風味がし、爽やかなラムネだった。

 

f:id:nozomutoka:20200103105713j:image

 

そして翌日、午前中のひたち号で帰京した。

Uターンラッシュが始まっていたのか、

列車は、途中の勝田駅から満席になった。

 

今回、久しぶりに首都圏から出た気がしたが、

やっぱり自分にとって、旅は

自分の心の中を整理する時間で、

たまには少し遠方に出かけてみるのもありかな、

と感じた。

 

近年よく訪れている、いわきも良い街なので、

また近々、行きたいと思う。

今話題の「いきなり!ステーキ」へ行ってみる

かなり前から、報道やネットニュースなどで

「いきなりステーキ」が話題になっている

ことは知っていたのだが、

同じ系列の「ペッパーランチ」よりは

値段の割高感がありそうなことから、

今日まで、行かずに敬遠していた。

 

しかし最近になって、

いきなりステーキの大量閉店が報道されるようになり、

今まで食べに行ったことのない、

いきなりステーキに、ようやく興味を持った。

 

そこで早速、都心にある

いきなりステーキ店にて、少し豪華なランチを

堪能してきた。

 

f:id:nozomutoka:20191229201525j:image

 

とある都心にある、いきなりステーキのお店に入る。

このお店に行く前の、私の勝手なイメージだと、

いきなりステーキというお店は、

 

・立ち食い

・ステーキ肉は量り売り

 

というものだと思っていたが、

このお店は、全席に椅子があり、

注文も、メニューから選ぶ形になっていた。

現在でも、希望すれば量り売りは可能のようである。

 

f:id:nozomutoka:20191229201513j:image

 

という訳で、私は

300gのワイルドステーキを注文した。

注文を済ませると、すぐに付け合わせの

サラダとスープが出てくる。

 

f:id:nozomutoka:20191229201522j:image

 

前菜を食べ終わらない内に、

すぐメインのワイルドステーキが出てきた。


f:id:nozomutoka:20191229201517j:image

 

レア加減に焼き上げられた、

300gものワイルドステーキは、

口に含むと、いかにも「肉食ってるぞ!」と

実感できるような、しっかりとした

旨味と食べ応えを兼ね添えていた。

確かに、ペッパーランチで食べるような

ステーキとは格が違った。

 

あっという間にペロリと食べ終え、お会計へ。

このセットで、値段は1500円ほどだった。

確かに値段は少し高い方だが、

プチ贅沢気分を味わうには、ちょうど良いと感じた。

 

いきなりステーキの経営に関しては、

色々な批判があるようだが、

私は、また肉をがっつり食べたくなったら、

また行きたいな、と思った。

 

 

東京湾フェリーとロープウェーに乗り、鋸山に行く

大分前に、あるテレビ番組で

千葉の名山とされる鋸山が紹介されて以来、

私の行きたいところリストには入っていたのが、

なかなか行くことは無かった。

 

そして、今年の台風15号で、千葉の南房総

大きな被害を受けたことを知り、

少し落ち着いた頃に、南房総を訪れてみようと

思い、今回鋸山に足を運んだ。

 

まずは、京急線の品川駅へ。

今回鋸山へは、

 

品川駅

京急線

京急久里浜駅

京急バス

久里浜港フェリーターミナル

東京湾フェリー

金谷港フェリーターミナル

(徒歩)

ロープウェー鋸山山麓

 

と、いうルートで行ってみた。

ちなみに、品川駅からフェリー経由金谷港までの

通し切符は、京急線の自動券売機で

購入することができる。

京急線 品川駅〜京急久里浜駅

京急バス 京急久里浜駅久里浜港ターミナル

東京湾フェリー 久里浜港〜金谷港

までの片道運賃は、込みで1730円であった。

 

f:id:nozomutoka:20191222210927j:image
f:id:nozomutoka:20191222211004j:image

 

という訳で、京急線快特に乗り、

京急久里浜駅へ。品川駅から50分ほどである。


f:id:nozomutoka:20191222210938j:image
f:id:nozomutoka:20191222210900j:image

 

京急久里浜駅から、京急バス

久里浜港フェリーターミナルへ。

普通なら約10分で到着する予定だったが、

この日は道路が渋滞しており、

倍近く時間がかかって到着した。


f:id:nozomutoka:20191222210941j:image
f:id:nozomutoka:20191222210908j:image

 

フェリーターミナルから、

東京湾フェリーに乗船する。

ちなみに普段なら、船2隻体制で

1時間に1本は便があるのだが、

この日は、1隻が検査に入る

「ドックダイヤ」の日であり、

おおよそ2時間に1本という便数であった。


f:id:nozomutoka:20191222210856j:image

 

時間通りに、船は出港する。

千葉県の金谷港までの所要時間は約40分。

船内は、まずまずの乗客数がおり、

中には売店もあり、皆それぞれ船の旅を楽しんでいた。

船は、浦賀水道を進んでゆく。


f:id:nozomutoka:20191222211000j:image

 

大した揺れもなく、快適な船の旅を楽しんでいた頃、

対岸の鋸山が見えてきた。


f:id:nozomutoka:20191222210932j:image

 

無事に金谷港フェリーターミナルに到着。

ここから、鋸山ロープウェー山麓駅までは、

徒歩15分ほどの距離である。

私のツイッターの方でも書いたが、

道中にて、屋根が青いビニールシートで

覆われた住宅が散見され、台風の爪痕は

今も残っていることを実感した。


f:id:nozomutoka:20191222210923j:image
f:id:nozomutoka:20191222210953j:image

 

山麓駅に到着。ロープウェーに乗る。

往復運賃950円であった。


f:id:nozomutoka:20191222210945j:image

 

ロープウェーからは金谷の街が一望でき、

綺麗な景色であった。

山頂駅までは、約4分で到着する。


f:id:nozomutoka:20191222210911j:image

 

山頂駅に到着。

家を出発する時間が遅く、このとき既に

15時半を回っており、

ロープウェーの最終時間が、16時発だったので、

鋸山で有名な、日本寺の地獄のぞきには

行くことは出来なかった

(山頂駅に着いた時点で、周辺に

 「蛍の光」の音楽が流れていたのは内緒)。


f:id:nozomutoka:20191222210915j:image
f:id:nozomutoka:20191222210956j:image

 

しかし、山頂から観た景色は、

とても綺麗であった。

晴れていたら、かつての十州を見渡せるという。


f:id:nozomutoka:20191222211009j:image
f:id:nozomutoka:20191222210919j:image

 

ロープウェーで地上に戻り、

帰路につくことにする。

山麓駅から徒歩5分ほどで、JR内房線

浜金谷駅に着く。

ここから、今度は主に土休日に運行する、

特急列車「新宿さざなみ」号に乗って、

都心へ帰る。


f:id:nozomutoka:20191222210904j:image

 

浜金谷駅ホームの待合室でひとやすみ。

先ほどの山麓売店で購入した、

ご当地コーラの千葉コーラ(150円)を飲む。

味は普通のコーラだが、私は地域限定品に弱い。


f:id:nozomutoka:20191222210949j:image

 

新宿さざなみ号の浜金谷駅秋葉原駅

運賃料金の合計は、3340円であった。

ちなみにこの列車は5両編成中、2両が自由席で

浜金谷駅からは座れたが、

列車が千葉駅に着く頃には全ての座席が埋まっていた。

一方、浜金谷駅の時点で指定席は、ガラガラであった。

 

という訳で、無事に帰宅した。

今回の日帰り鋸山旅行では時間が少なく、

少しバタバタになってしまったが、

それでも、金谷の街を歩いてみて、

街のあちこちに温泉が出ている、といった

新たな発見もあったので、

また来るときには、温泉に入りたいと思う。

つくばみらい市に保存されている満鉄プレ二型機関車を観に行ってきた

私の兄弟も鉄道ファンなのだが、

その兄弟から、

茨城県つくばみらい市に、

    昔の南満州鉄道で使用された機関車が

    保存されている」

という情報を教えてもらった。

 

南満州鉄道とは、

戦前の中国大陸に存在したとされる、

満州国(現在の中国東北部)を走る、

日本の国策鉄道会社である。

 

かつて、大陸を走っていた機関車が、

日本列島に来て、保存されているということに

興味を持ち、茨城県つくばみらい市

行ってきた。

f:id:nozomutoka:20191214111520j:image
f:id:nozomutoka:20191214111532j:image
f:id:nozomutoka:20191214111557j:image

 

まずは、つくばエクスプレスに乗り、

守谷駅の次の駅である、みらい平駅で下車する。


f:id:nozomutoka:20191214111552j:image

 

みらい平駅前からは、

満鉄の機関車が保存されている、

「きらくやまふれあいの丘」というところまで、

つくばみらい市コミュニティバスである

「みらい号」に乗って行く。

運賃は一律200円であるが、

このコミュニティバスは、本数が1日数本しか

ないため、このバスできらくやままで

向かうならば注意が必要である。

 

f:id:nozomutoka:20191214111523j:image
f:id:nozomutoka:20191214111530j:image

 

バスに30分ほど揺られ、

きらくやまふれあいの丘に到着する。

ここは、総合福祉施設を併設した

公園のようなところである。


f:id:nozomutoka:20191214111543j:image

 

降りたバス停から、すぐのところに

その機関車は保存されていた。

正式には、プレ型という機関車で、

ウィキペディアによると、

客車を牽引していた機関車ではなく、

構内の入換用に使われていたもののようである。


f:id:nozomutoka:20191214111536j:image

 

写真では伝わらないが、

日本列島と大陸では、線路の軌間が違うため、

(日本列島のJRなど・・・軌間1067mm

    大陸・・・軌間1435mm)

日本で現役のSLとはスケールが違い、

保存状態が良いとは言えなかったが、

その重厚な造りに、正直迫力を感じた。

 

コミュニティバスの本数が少ないので、

30分ほど、満鉄の機関車の写真を撮った後、

乗ってきたバスに再び乗り、

今度は守谷駅方面へ抜けた。


f:id:nozomutoka:20191214111548j:image

 

守谷駅からは、

同じつくばエクスプレスで都心に帰った。

 

兄弟によると、大陸で走っていた機関車が、

何故、日本列島にやって来たのか、

その経緯はよく分かっていないのだという。

しかし、日本の悪い歴史だったかも知れないが、

そのことを後世に伝える貴重な遺産だと思うので、

末永く保存されていて欲しいな、

と勝手ながら感じた。

新規開業した「相鉄・JR直通線」に乗りに行く

2019年11月30日、

待ちに待った「相鉄・JR直通線」が開業し、

JR埼京線相鉄線が直通運転を開始した。

 

私は、相鉄の都心乗り入れプロジェクトの

構想が具体化し始めた約10年ほど前から、

この路線の開業を楽しみにしていた。

 

路線が神奈川県内で完結する相鉄線

都心乗り入れプロジェクトとは、

相鉄線西谷駅から羽沢横浜国大駅まで

開通させてJR線に乗り入れる第一期と、

羽沢横浜国大駅から更に新横浜駅まで延伸させ、

日吉駅から新横浜駅までも延伸させた東急線

直結し、

東急目黒線東急東横線

(もしかしたら、その先の乗り入れ路線とも)

直通運転を開始する第二期に分けられる、

とても壮大な計画である。

 

そして今回、晴れてその第一期が開通し、

JR埼京線との乗り入れを開始した

(第二期の東急線との乗り入れは2022年度の予定)

ということで、早速乗りに行ってきた。

 

f:id:nozomutoka:20191211161004j:image

 

まずは新宿駅へ。

JR新宿駅からは相鉄の車両に乗ってみたい、

という自分のこだわりがあり、

既にネット上で、JR車と相鉄車の運用を

まとめた方がいらっしゃったので、

参考にさせて頂いた。


f:id:nozomutoka:20191211160915j:image

 

新宿駅に相鉄の車両が入線すると、

私も含め、多くの同業者が集まって、

皆、写真に収めていた。

 

電車は、到着から5分ほどで

すぐに折り返し発車した。

途中の大崎駅までは今まで通りの埼京線で、

大崎駅から武蔵小杉駅までは

湘南新宿ラインを走行する。

武蔵小杉駅から先は、

今回の新規開業区間であるが、

羽沢横浜国大駅まで約15分停まらず走行し、

この15分は長く感じた。

 

f:id:nozomutoka:20191211161014j:image
f:id:nozomutoka:20191211161011j:image

 

新宿駅から約40分で羽沢横浜国大駅に到着。

武蔵小杉駅から当駅までは、

座席がほぼ埋まる程の乗車率であった。

この駅前でも、多くの人が駅舎を写真に収めていた。

 

せっかくこの駅まで来たので、

写真は無いが、横浜国立大学まで歩いてみる

ことにした。

この駅から大学まで、約15分歩くが、

結構アップダウンのある住宅街の中にある道を

歩き、現在のところ周辺には店等は見当たらず、

この駅を利用する学生は、少し大変かもしれないな、

と思った。これからの発展に期待である。

 

羽沢横浜国大駅に戻り、

今度は相鉄線に乗って、海老名駅まで向かう。

羽沢横浜国大駅から海老名駅までは、

JRの車両に乗りたい、

というこだわりがまたあったので、

今度は、JRの車両に乗車した。

相鉄・JR直通線の、車両の割合としては、

JRの車両の方が相鉄の車両よりも

多いみたいである。

 

ちなみに、私はかなり久しぶりに

相鉄線に乗車したが、車両がJRの車両だったので、

相鉄に乗っている実感が全然湧かなく、

いつも通りのJR線に乗っている感覚だった。


f:id:nozomutoka:20191211161008j:image
f:id:nozomutoka:20191211160905j:image

 

JR埼京線の車両に乗って、

神奈川県の海老名までやって来た。

全体を通して、何か不思議な感覚であった。


f:id:nozomutoka:20191211160854j:image

 

お昼が未だだったので、

相鉄海老名駅改札出たところすぐにある、

鮪市場という、小田急系チェーン店で

まぐろ二色丼(550円)を注文。

大量生産感のあるオーソドックスなものだったが、

普通に美味しかった。

 

余談だが、相模鉄道(相鉄)の親会社の

相鉄ホールディングス筆頭株主

小田急電鉄だそうである。


f:id:nozomutoka:20191211161000j:image
f:id:nozomutoka:20191211161121j:image

 

海老名駅から都心までは、

今度は、小田急線に乗り帰宅した。

正直、新宿〜海老名間に限って言えば、

小田急線が、切符510円

相鉄JR直通線が、切符890円と、

小田急線経由の方が圧倒的に安い。

 

しかし、鉄道路線の新規開業といっては

鉄道ファンにとって大きなニュースなので、

今回のお出かけは、とても楽しいものであった。

 

約3年後の、相鉄・東急直通線開業にも

期待したいと思う。

東武ファンフェスタ2019に行き、記念臨時列車ツアーに参加する

今年で、東武日光線は開通90周年になるという。

それに伴い、現在日光線系統で使用されている

東武6050系の1編成が、かつて日光線の快速などで

使用されていた東武6000系の塗色に

リバイバルされる、というニュースを最近知った。

 

そして今年度、東武鉄道南栗橋車両管区で

開かれるイベント、東武ファンフェスタ2019に伴い、

そのリバイバルカラーの車両を使用した

団体臨時列車ツアーが行われることを知り、

これは行きたいと思い、

東武トップツアーズHPにて申し込んだ。

 

f:id:nozomutoka:20191217125726j:image
f:id:nozomutoka:20191217125626j:image

 

そして当日、南栗橋車両管区の最寄り駅である、

東武日光線南栗橋駅に赴く。

その団体列車は、なんと南栗橋車両管区の

車庫内から出発する。


f:id:nozomutoka:20191217125637j:image

 

南栗橋駅から車両管区までは、

東武ファンフェスタが行われる日限定で、

駅前から車両管区までの無料シャトルバスが

出ていた。

駅前はシャトルバスを利用する客で行列が

出来ていたが、回転が早く、比較的すぐ

車両管区に到着した。


f:id:nozomutoka:20191217125658j:image

 

車両管区内に入り、会場を進んでいくと、

東武博物館所有の有名な8111Fが、

休憩用車両として展示されていた。

前から撮影したいと思っていた車両なので、

この機会に撮影できて良かった。


f:id:nozomutoka:20191217125704j:image

 

続いて、このイベントメインの車両展示であるが、

かなり人が多く、確か15分毎の入れ替え制に

なっていたので、遠巻きから撮影して済ませた。

 

f:id:nozomutoka:20191217125617j:image

 

写真のように、ファンフェスタ会場内は、

なかなか上手く歩けないほどのすごい人であった。

鉄道会社のグッズ販売のブースや、

東武グループや沿線のグルメを求める人で

ごった返していた。


f:id:nozomutoka:20191217125651j:image

 

先ほどの車両展示とは別に、

東急8500系伊豆のなつ号と、東武6050系

留置されていた。

これは個人的な感想であるが、

伊豆を宣伝する車両と、

日光方面で運用されている車両が並んでいる光景は

何だか、興味深かった。


f:id:nozomutoka:20191217125654j:image

 

せっかくなので、会場内でお昼を食べる。

写真は、露店で売られていた、

宇都宮東武ホテルグランデのステーキ。

肉柔らかく、旨味がジューシーであったが、

ステーキが少々小ぶりで、これで1000円は

少し高いな、と思ってしまった。


f:id:nozomutoka:20191217125709j:image

 

続いて、じゃがいもが入った、

栃木のB級グルメ「栃木やきそば」。

並盛り500円で、少し弾力のある麺は

食べ応えがあり、これはコスパからしても

美味しかった。

 

昼食後、会場内で

東武トップツアーズのスタッフの方と受付をし、

団体列車に乗り込む。座席は指定で、

私は、最初からリバイバル車両に乗車すること

が出来た。

車内に入って驚いたことだが、

座席のモケットまで、6000系仕様の

ベージュ色のものに交換されていたことである。

写真は無いが、東武の気合いの入れように

少しびっくりした。

 

団体列車は、ゆっくりと南栗橋車両管区を発車し、

一旦、南栗橋駅に入り、スイッチバックして、

鬼怒川方面へと向かう。


f:id:nozomutoka:20191217125623j:image

 

途中の板倉東洋大前駅で停車し、

少々の撮影タイムとなる。

 

f:id:nozomutoka:20191217125619j:image

 

私は、先代の6000系車両を生で見たことは無いが、

こうして見ると、中々かっこ良い。

そして、「たびじ」幕が尚良い。


f:id:nozomutoka:20191217125640j:image
f:id:nozomutoka:20191217125716j:image

 

新鹿沼駅でも停車し、この駅で

リバイバル車両の前に増結されていた

標準色の車両と、車内の乗客を入れ替える。

新鹿沼駅発車後、この標準色車両の車内では

スタッフによる、

景品を目指すじゃんけん大会が開かれ、

乗客が退屈しないよう工夫がされていた。

ちなみに私は、じゃんけん大会全敗であった。


f:id:nozomutoka:20191217125648j:image

 

団体列車は、鬼怒川温泉駅に到着。

しかしツアーはここで終わりではなく、

鬼怒川温泉駅発のSL大樹に乗り、

下今市駅に到着するまで続く。


f:id:nozomutoka:20191217125633j:image

 

SL大樹が発車するまでの間、

鬼怒川温泉駅構内のカフェで少し時間を潰す。

ブラックソフトクリーム(500円)を購入。

味はチョコレート味で、普通に美味しかった。

(ちなみに、このブラックソフトを食べて、

    口の周りにチョコが付きまくって、

    カールおじさんみたいになっていたことに

    ツアーが終了して、帰りのスペーシア

    乗るまで気づかなかったのは内緒。

    恥ずかしい。)


f:id:nozomutoka:20191217125612j:image
f:id:nozomutoka:20191217125713j:image
f:id:nozomutoka:20191217125645j:image

 

時間になり、SL大樹に乗り込む。

私がSL大樹に乗るのは、これで3度目であるが、

やっぱり、SLの旅というのは

何度乗っても良いものである。


f:id:nozomutoka:20191217125701j:image

 

下今市駅に到着し、改札を出て、

今回のツアーは終了となった。


f:id:nozomutoka:20191217125606j:image
f:id:nozomutoka:20191217125719j:image
f:id:nozomutoka:20191217125722j:image

 

下今市駅から、特急スペーシアけごん、

東武スカイツリーラインと乗り換え、

無事に帰路についた。

 

今回のツアーに参加し、

リバイバル車両に乗車してみて、

東武鉄道の本気度に触れることが出来た。

またこのリバイバル車両を使用した、

何らかの臨時列車が運行される際には

また乗車を検討したいと思う。

 

 

家系ラーメン総本山「吉村家」へ初めて行く

今までのブログにも書いてきた通り、

私はラーメンも好きなのだが、

こってりとした味が特徴の家系ラーメンも

少し前まで、チェーン店によく食べに行っていた。

 

今では、比較的どこでも食べられる

家系ラーメンだが、その家系が始まった店ある

総本山「吉村家」には今まで行ったことが

無かった。

 

ところが今回、友人と横浜駅チカで会うことになり、

せっかくだから、横浜駅からほど近い、

吉村家にも行ってみようと思い、足を運んだ。

 

f:id:nozomutoka:20191220215214j:image

 

横浜駅西口。

吉村家は、相鉄の駅ビルなどが建っている、

西口から歩いて近いところにある。


f:id:nozomutoka:20191220215229j:image

 

10分ほど歩いて到着。

このとき、平日の18時頃であったが、

さすが総本山だけあり、既に行列が出来ていた。


f:id:nozomutoka:20191220215208j:image

 

先に食券を買って、列に並んで待機。

購入したのは、

ラーメン(710円)とライス(110円)。

並んだが、客の回転が早く、

10〜15分くらいで店内の席に着けた。


f:id:nozomutoka:20191220215218j:image

 

これが、総本山の家系ラーメンである。

麺は固めで、後は普通にしてもらった。

感想だが、チェーン店の家系ラーメンとは

正直全然違い、こってりなのだが、

そこに洗練されたような、あっさりさを感じた。

魚介系の出汁が効いていたのかもしれない。

ペロリと食べてしまった。

ごちそうさまでした。


f:id:nozomutoka:20191220215224j:image

 

今回、家系ラーメンの総本山に行ってみて、

やっぱり、百聞は一見にしかずだな、と

改めて感じ、この吉村家からのれん分けした、

様々な家系ラーメンにも興味を持った。

またの機会に、別の家系ラーメンを食べに

行きたいと思う。